ページ

2013年12月31日火曜日

人名辞典を更新した

人名辞典を2013年11月末の分まで更新した。
大晦日だというのに、長い、辛気臭い作業をずっとしていた。
https://skydrive.live.com/#cid=3FE84321A4574541&id=3FE84321A4574541%211285





劇団ひとり 本名・川島省吾 川島育子

劇団ひとり・のウィキより引用
親族[編集]
両親は日本航空勤務(父は現役国際線パイロット、母は元客室乗務員)で職場結婚。二男で兄と妹がいる。母はミス札幌選出歴があり、現在はコミュニケーションズ・アソシエイトにおいてマナー教室を主宰。川島の母と長年交流があるという土田晃之の母が語るには「(川島の母は)本当に品格のある方」。
SF作家の川島ゆぞ[8]はおじにあたる。それとは別の叔父は発明家でカセットテープ再生機のオートリターンの機能を発明したという[9]。
(引用終わり)

マナー教室を主宰している「品格のある方」の息子が、こんなことをしているのか。
母親とよく話し合って、芸風を改めた方がいいだろうに。






2013年12月30日月曜日

南京虐殺宣伝歌舞伎役者・市川中車(香川照之)

NHKが香川照之を「厚遇する」のは、香川が根っからの反日主義者で、NHKの中国拝跪・コリアン拝跪の精神に合致するからなのだろう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%99_(%E6%98%A0%E7%94%BB)


 中国の手先となって、捏造された南京大虐殺を世界に宣伝し、日本を貶める香川照之の記事。
 日本の伝統芸の歌舞伎の世界になどは入らずに、このまま反日俳優として世界で活躍していれば良かったのに。反日歌舞伎、というものの創始者になるつもりなのかもしれないが。





 昨日のNHK(旧教育テレビ)で放映された歌舞伎




ウィキの市川猿之助(当代・4代目)の項目より
著名人との交友も多い。高校生の頃から歌手・俳優である福山雅治のラジオ番組ニッポン放送『福山雅治のオールナイトニッポン』を愛聴するファンであることは有名。2008年2月、『俺たちのオールナイトニッポン40時間スペシャル』内の『福山雅治の魂のラジオ』で福山に寄せたメッセージが紹介された。2010年、NHK大河ドラマ『龍馬伝』で龍馬に扮する福山を斬る今井信郎役を勤め、念願だった共演を果たす。2011年12月、福山がシアタートラム『その妹』を観劇に訪れた際、襲名の祝幕やポスターのデザインを依頼。襲名披露公演で福山がデザインした曽祖父初代市川猿翁と祖父三代目市川段四郎の隈取に、4代目猿之助の隈取を融合させた斬新な祝幕が掲げられた。2013年2月、オールナイトニッポン45周年スペシャルで「福山雅治の魂のラジオ」にゲストとして招かれ、20年以上のリスナー歴を経、初出演を遂げる。


福山雅治 韓国
https://www.google.co.jp/#q=%E7%A6%8F%E5%B1%B1%E9%9B%85%E6%B2%BB+%E9%9F%93%E5%9B%BD
サザンオールスターズ 韓国
https://www.google.co.jp/#q=%E3%82%B5%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA+%E9%9F%93%E5%9B%BD
Perfume 韓国
https://www.google.co.jp/#q=perfume+%E9%9F%93%E5%9B%BD

2013年12月28日土曜日

谷口元一 バーニング 終わっている日本の芸能界

http://ja.yourpedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97

グループ企業一覧

[編集]芸能事務所

カッコ内は主な所属タレント。

 独占暴力恐喝主義経済体制の日本の芸能界が、ゴミ歌ゴミドラマばかり量産して恥じない理由は、上のリストを見れば理解できる。


● サイゾーウーマン サイゾーウーマン 2013年12月26日13時00分

押切もえ、「整形崩壊?」で話題に! 後ろ盾・谷口元一氏も失脚で大ピンチ!?
 モデル・押切もえの顔が「崩れ始めている?」と話題になっている。先日出席したスマートフォンのPR会見に登場した押切について、ネット上で「老けたな」「押切を普段意識しない人でも違和感を覚えるレベル」といった声が上がっている。かつては蛯原友里、山田優とともに「CanCam」(小学館)の誌面モデルとして絶大な人気を誇っていた押切だったが、露出が減った現在の“立ち位置”とは?
 ブレーク時には、清楚系OLのお手本とまで評されていた押切だったが、ネット上では「egg」(大洋図書)でモデルを務めていたガングロギャル時代の写真が大量にアップされ、たびたび「整形疑惑」が浮上していた。今回も、その整形が崩壊してきているのではといわれており、「そろそろメンテナンスが必要じゃ?」などと揶揄されている。
「プライベートでは、読売ジャイアンツの野間口貴彦と結婚秒読みでしたが、交際約4年で破局を報告。以降は熱愛だけでなく、芸能活動も先細り状態となってしまい、ここで結婚を決めなかったことが落ち目のきっかけだと言われています。今夏には、小説家デビューするなど、“迷走気味”と言われても仕方ありません」(芸能プロ関係者)
 さらに押切の所属事務所は、ケイダッシュ系列のパールダッシュであることから、今後のポジションを危惧する声も。
「パールの代表は、芸能界の重鎮といわれる谷口元一氏です。近年の押切の露出が控えめになっているのも、谷口氏の『お気に入り』から降格してしまったからと見られています」(週刊誌記者)
谷口氏といえば、現在2012年『ミス・インターナショナル世界大会』のグランプリ・吉松育美への“ストーカー事件”の渦中にいる人物だ。
「今回のストーカー事件は、谷口氏の進退にも影響するでしょう。現在、谷口氏の圧力で、各メディアが一連の騒動の報道を控えていますが、ネット上では大騒動になっている。今後の裁判の進み方次第では、谷口氏が失脚する可能性もありますね。とすると、押切の活動にも影響は出てくるはずです」(同)

 かつては一時代を築いた人気モデルだった押切だが、蛯原や山田優ら同僚モデルもみな結婚してしまった現在、久々に盛り上がった話題が「外見が崩れ始めた」ことでは、少々もの悲しい。さらに芸能生活での“後ろ盾”の立場も危うい現在、誰よりも結婚願望を全面に押し出していた押切だけに、急転直下の“電撃婚”に期待したいものだが……。



NHKコリアン歌合戦の総合司会・綾瀬はるかの顔は和田アキ子 内藤慎介



 NHKは文春の記事が事実無根と言っているくせに、名誉棄損なりの法的手段に訴えていない。訴えられないのだろう、事実なのだろうから。
 綾瀬はるかの顔って、和田アキ子だけではなく、金平茂紀の顔にもそっくりなことに驚く。
 綾瀬はるかは「本名非公表」。広島出身。祖母は原爆にあう(?)。TBSの暴力団密接交際者・在日コリアン・張本勲も広島出身で原爆被災者であることを語っているが……。






2013年12月27日金曜日

また北大教授の醜聞

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E5%AD%9D%E5%8F%B8
西村孝司
西村 孝司(にしむら たかし、1953年(昭和28年)8月9日 - )は日本の免疫学者。北海道大学教授。免疫学で著名な研究者である。
略歴[編集]
函館ラ・サール高等学校卒業。
1977年(昭和52年) - 東北大学薬学部卒業。
1979年(昭和54年) - 東北大学大学院薬学研究科修士課程修了。
東北大学薬学部衛生化学講座助手
1985年(昭和60年) - 博士号取得
1986年米国ハーバード大学医学部ダナファーバ癌研究所留学後、東北大学医学部第三解剖学講座助手
1988年同医学部第三解剖学講座助教授
1989年東海大学医学部生体防御機構系免疫学助教授、遺伝子工学・細胞移植研究センター次長を歴任。
1992年(平成4年) - 日本癌学会奨励賞受賞
1993年(平成5年) - 東海大学松前賞学術部門受賞
1999年(平成11年) - 北海道大学遺伝子病制御研究所・免疫制御分野・教授となる。
イムノリゾート構想策定にも関わるほか、食・環境・医療と観光を結びつけた事業を展開する「NPO法人イムノサポートセンター」設立に参画、理事長に就任。文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター・専門調査員。日本免疫学会評議員、日本癌学会評議員、基盤的癌免疫研究会幹事、日本臨床分子医学 会評議員を務める。



高級腕時計などに1600万以上…北大不正経理

 北海道大の教員が「預け金」などの不正経理に関与していた問題で、北大は27日午前、記者会見を開き、北海道警に刑事告訴した遺伝子病制御研究所の西村孝司元教授(60)らが研究費1600万円以上を車検代などに私的流用した疑いがあると発表した。
 発表によると、西村元教授は2004年度から07年度の4年間で、公的研究費や民間との共同研究費など計約4915万円で不正経理を行い、うち1600万円以上を車検代や高級腕時計などの購入費に私的流用した疑いがあるとしている。
 北大は西村元教授と、共謀して不正経理を行った疑いがある実験用試薬や器具の販売会社「関販テクノ」(札幌市)の社長ら計3人を6月に詐欺の疑いで道警に刑事告訴し、西村元教授を「懲戒解雇相当」とする処分を決定した。西村元教授はその後、北大を辞職し、退職金の受け取りも辞退した。北大によると私的流用について西村元教授は否定し、「関販テクノ」は認めているという。
(2013年12月27日13時20分  読売新聞)
▲:「北大を辞職し、退職金の受け取りも辞退」した、ということは、懲戒解雇ではなく、依願退職をしたということを意味している。大学当局のあまりの御粗末な対応に、唖然とする。普通は罪が明らかになるまで退職届は受理しないものだろうに。これでは懲戒解雇処分される前に依願退職さえすればいい、と考えてしまうだろう。
 そういえば、同じようなことが過去にあった。
 セクハラで解雇しようとした北大教授の「脳科学者」も、依願退職で退職金を持っていったと記憶する。(この元教授は、今では時々全国放送バラエティー番組でテレビに登場している。)
 横領教授、セクハラ教授、などなどに対して、為すすべもなく繰り返して愚かさを露見する北大当局には、ただただ呆れるのみ。



北大「預け金」4億8000万円…教員43人処分

 北海道大は13日、教員が「預け金」などの不正経理に関与していた問題で、2004年度以降に教員44人が計約4億8000万円の不正経理に関わったと発表した。
 うち元教員1人については、預け金をだまし取り私的流用した疑いがあるとして、今年6月に北海道警に詐欺容疑で刑事告訴したことも明らかにした。
 北大は実名を公表しなかったが、告訴されたのは、北大遺伝子病制御研究所の西村孝司元教授(60)。西村元教授の弁護士は「適切でない経理はあったが、私的流用の有無はわからない」とコメントした。
 発表によると、私的流用の疑いは北大の内部調査で昨年11月頃に浮上した。北大は今年6月、「懲戒解雇相当」と決定し、西村教授(当時)に通知した。しかし、西村教授はその後辞職し、退職金の受け取りも辞退した。西村元教授が関与した不正経理の額について、北大の山口佳三学長は13日の記者会見で「現時点で詳細はいえない。捜査の状況をみて、今後公表したい」と話した。
 北大はこのほか43人の教員を処分し、うち教授ら15人は停職2か月の懲戒処分となった。
 北大は昨年12月の中間発表で、不正経理額として2007年度以降の判明分を約2億2000万円とし、教員35人が関与していたと公表。今回は04~06年度まで遡って調査した結果、新たに約2億6000万円の不正経理が判明した。新たに9人の不正経理が分かったという。北大は13年度内に調査結果をまとめる方針。
(2013年11月14日  読売新聞)


▲:パワハラ、セクハラ教授についても、今年北大で事件になったが、「被害者が特定される虞がある」ということで、犯罪教授の名を出さず。北大もJR北海道と同じような組織の腐敗病に侵されていると思われる。
 参照 http://restfultime.blogspot.jp/2013/07/blog-post_15.html

PS 以下はウィキより
澤口 俊之(さわぐち としゆき、1959年2月23日 - )は日本の生物学者、脳科学評論家。専門は認知神経科学、霊長類学、武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部教授。

PS2 以下は人名辞典より
沢口(澤口)俊之 元北大医学研究科教授 セクハラ問題 6・3・31 11・1・29


日本テレビ・ホリプロの反日 宮根誠司(前妻・現妻・婚外子愛人3人コリアン系)による陰湿な反政府活動

http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51478368.html
2013年12月26日
【ミヤネ屋】「アベシンゾーの靖国神社参拝はドイツ首相がヒトラーの墓参りと同じ!」 良心的政治系タレントの春香クリスティーンさん 生放送で激高!
(以下略)

 前の奥さんも、現在の奥さんも、婚外子を産ませた愛人も、全てコリアン系という記述のツィッターが放置されている宮根誠司、による、陰湿な日本政府批判、ついでにコリアン万歳(河本準一生活保護問題は全力擁護)番組で、軽薄ハーフが安倍首相を批判。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E9%A6%99%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3

春香 クリスティーン(はるか クリスティーン、本名 日本:佐藤春香 スイス:ハルカ・クリスティーン・サトウ[1]、1992年1月26日 - )は、スイス・チューリッヒ出身のタレントである。株式会社ホリプロ、Girl〈s〉ACTRY所属。上智大学文学部新聞学科3年生在学中。父は日本人で母はスイス人(ドイツ系)のハーフ。


 ホリプロ

 もちろん、和田アキ子が有名だけれども、
 最近では、岩波書店やTBS(金平茂紀)とつるんで、日本攻撃をしている綾瀬はるか(ヌルヌル)も、このホリプロ
(PS コリアン語ペラペラで、反日映画でも主演をつとめた、妻夫木聡もホリプロだった。韓国の産院であれこれ事件を起こしてきた松山ケンイチもホリプロだった。こうしてみると、コリアンに近いタレントがホリプロには多いことが理解できる。)

 ホリプロの反日姿勢が明らかになってきていると個人的には思ってしまう小さな事件だった。


 宮根誠司(コリアン系か否かは不明だが、顔はモロッコ)(もろリアン的)の番組は、コリアン擁護の連中のオンパレードである。


 日本テレビに巣食っているこの二人を思い出す。香山と鎌田。





 宮根誠司の番組は、河本準一問題のときがひどかったけれども、「ある一定の方向に」視聴者を洗脳しようとする意図しか見えない。コメンテーターのその手の連中ばかり。で、その方向とは、常に、コリアンを擁護するものである。だからこそ、彼は出自を明らかにして、視聴者が「宮根は偏った報道をしている理由は何なのか」を注意しながら番組を見ることができるように気を配るべきである。
 なんとかクリスティーンの発言も、「番組前の打ち合わせ」で了承を取られていたのは当たり前の話。宮根誠司だって知っていただろう。彼らは、最初からこうした方向に視聴者を洗脳しようとして、準備し練られた芝居をしていたのだと思う。なんとかクリスティーンに「ヒットラー」と叫ばせて、宮根は心の中でしてやったりとほくそ笑んで、次の話題に無言で移ったのだろう。

以下の話がウソなら、とっくに宮根誠司は警告なり提訴なりしているはずだと思うのだが。


PS

「靖国神社はヒトラーの墓と同じ」春香クリスティーン、炎上発言の真相
2013.12.27
 スイス出身のハーフタレント・春香クリスティーン(21)が、26日に放映された『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)にコメンテーターとして出演し、ある発言が原因で大批判を浴びている。Twitterでは一時この話題で持ちきりとなり、ブログに批判コメントが殺到するなど炎上状態となった。
 事の発端は、同日に安倍晋三首相が靖国神社に参拝し、このニュースが同番組で取り上げられたことだった。司会の宮根誠司からコメントを求められた彼女が「もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合、他の国はどう思うのか」などとコメントしたとして、その発言が物議を醸しているのだ。
 ネット上では以下のような賛否両論が巻き起こっている。
「あまりにも不勉強。どう考えてもヒトラーの墓とは違うだろ」
「ウチの爺さんの兄弟が祀られてるけどバカにされた気分。謝罪してほしい」
「国のために命を捧げた英霊をヒトラーと一緒にするな」
「外国から見れば同じようなもんじゃないの」
「こんな女の子を批判するより他に怒ることあるでしょ」
 靖国神社は政治問題となっているA級戦犯だけでなく、他の戦没者、幕末の志士らも合祀されている。その点だけとってみても「ヒトラーの墓」と同列に扱うのは、かなり無理があるように思える。この発言がクリスティーンの意見であれば、勉強不足を指摘されても仕方のないところだ。特に彼女は、おバカ系が多いハーフタレントの中で現役の上智大生というインテリ派。だからこそ、ワイドショーのコメンテーターとしても活躍しているのだが、化けの皮がはがれてしまったのだろうか。
 だが実際の放送を確認すると、彼女の発言は正確には以下のようなものだった。
「海外でこの問題、やっぱりよく比べられるは、もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合、ほかの国はどう思うのかという論点で議論されるわけですけど…まあ、難しい問題ですよね」
 ネットや一部メディアでは「靖国神社=ヒトラーの墓」という発言はクリスティーンの意見のように書きたてられているが、実際は「海外ではこう例えられている」と発言したに過ぎないようだ。
 実際、05年に小泉純一郎首相(当時)の靖国参拝問題が持ち上がった際には、中国の外相が「ドイツの指導者がヒトラーやナチスの追悼施設を参拝したら欧州の人々はどう思うだろうか」と非難した。また、自民党と連立政権を組んでいた公明党の議員も「ヨーロッパでヒトラーの墓に参るようなものではないか」との批判を小泉氏に直接ぶつけている。クリスティーンが番組で発言する以前から、そのような言説があったのは間違いない。
 ただし、そういった言説は靖国参拝を問題視する中国や韓国が中心であり、彼女が発した「海外でよく比べられる」という表現については適切か微妙なところだが、一つの事例として紹介する程度であれば特に問題はないだろう。
 にもかかわらず、なぜクリスティーンの発言は炎上してしまったのだろうか。
「司会の宮根が彼女のコメントをスルーしたことからも分かるように、あの発言は唐突過ぎた印象がありました。ちゃんと順序立てて話せば印象が違ったのかもしれませんが、彼女はコメンテーターとしてのキャリアも浅く、それができなかった。それ以前に、ヒトラーやナチスを話題にすると批判が生まれやすいため、ほとんどのテレビ出演者は敬遠するところ。彼女のワキが甘かったといえばそれまでの話です。また、バラエティーで汚部屋を公開するなどした影響もあり、世間は彼女をインテリとして認識していない。それなのにあんなキワドイ発言をしたら『無知なタレントの暴言』と世間に見られてしまいますよ」(テレビ局関係者)
 経験不足が招いた炎上ともいえそうだが、この失敗を糧にして視聴者をうならせるようなコメンテーターに成長してほしいものだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)
▲:それより、
<公明党の議員も「ヨーロッパでヒトラーの墓に参るようなものではないか」との批判を小泉氏に直接ぶつけ>たという、公明党の議員とは誰のことなのだろう?
 海外の意見を紹介するように装ってそれに対して批判することもなかったホリプロ反日女は、結局炎上しても仕方ないだろうし、その発言を「スルーした」(つまりは否定もしなかった)宮根誠司の陰湿な遣り口は、金平茂紀にも通じるいやらしいものである。

PS
 この「事件」の本質は、なんとかクリスティーンとかいう軽薄な女性にあるのではなく、この阿呆をうまいように使っている「宮根誠司と日本テレビ(のコリアン勢力)」にある、と思う。




鼻毛男には何も話さないほうが良いだけのこと 大沢あかね コリアン語

劇団ひとり、松丸アナ結婚に不満吐露「7年も一緒に番組やってるのに」
オリコン 12月27日(金)13時57分配信
 劇団ひとり、松丸アナ結婚に不満吐露「7年も一緒に番組やってるのに」
 ピン芸人の劇団ひとりが27日、同日に結婚を発表したテレビ東京の松丸友紀アナウンサー(32)の報道を受け、自身のツイッターで「7年も一緒に番組やってるのにさ」と事前に結婚を知らされていなかったことに対し不満を吐露している。
 松丸アナとひとりは同局の深夜バラエティー番組『ゴッドタン』で共演。ツイッターでひとりは「松丸さん結婚か。昨日、結婚まだか?って聞いたら『うーん。まぁ。どうですかね』なんて言ってたのに」と教えてもらえなかったことに対し不満を吐露。それでも「まぁ、めでたい話だから良いけどさ。7年も一緒に番組やってるのにさ。まぁ、めでたい話だから良いけどさ」と歯切れ悪く祝福している。
 気持ちがおさまらないのかその後もツイートしたひとりは「あとヤフーニュースに松丸が『美人で有名な女子アナ』ってあるけど、世間的にはそうなのかしら。我々、ゴッドタンチームでは『小学生の金玉みたいな顔した女子アナ』っていうのが共通認識であります」と意地悪っぽく綴った。
 松丸アナは同日、競輪の新田康仁選手(39)と結婚することを発表した。
▲:長い鼻毛でも集めて、大沢あかねとコリアン語の勉強に精進していればいい。

http://restfultime.blogspot.jp/2013/05/blog-post_17.html


美砂子 TNH(This's-not-happening)教

TNH(This's-not-happening)教

 先日、市内で開かれていた絵画の展覧会に行ってきた。
 そこで目にした絵に驚いてしまった――解剖台に載せられた遺体、献体が、鉛筆で実物大に、いや実物大以上に大きな作品として展示されていたからである。
 遺体の特徴を――人間の死体の特徴を、丹念に描きこんだ作品。完全に無力で為すすべもない絶望に打ちのめされた死体を、無慈悲なまでに残忍に描いていた。
 献体者は、あるいは献体に同意した遺族は、こうした絵になって世間に晒されるということにも同意していたのだろうか? 医学の進歩のため、他の同病の患者の役に立つためなら、と、献体で解剖され研究材料にされることには同意していたとしても、このような死体として世間に絵を晒されることに同意していたとは考えられない……。
 しかし、現にそうやって展覧会に出ているということは、「死体となった本人も生きているうちに」、そして死んでからは遺族も、同意したということなのだろう。
 それとも……顔だけは想像で描いた、誰の顔でもない、ということなのだろうか。遺体の顔から下にはモデルがいるけれども、顔は多数の遺体の顔から共通するものを抽出した


下顎骨腫瘍の男性


頭から毛布を被っていた肺癌の男性

2013年12月26日木曜日

舛添要一を持ち上げる産経新聞



首都に直撃、少子高齢化の波 東京都の“危機”を舛添要一氏が読み解く
2013.12.26 16:51 [社会保障] 産経新聞
 団塊の世代が現役を退きはじめ、日本の高齢化が進んでいる。また、少子化にも歯止めがかかっていない。社会保障費が、政府予算全体の約三分の一を占めるような状態であり、経済対策と並んで、この分野が国民の最大関心事である。
 少子高齢化の波は、東京も直撃している。しかも、地方に比べて、東京が不利な点もある。たとえば、特養が不足しており、多くの高齢者が入所待ちをしているが、土地の値段が高く、容易には施設が作れない。そこで、杉並区が伊豆半島に特養を建設するというような苦肉の策が生まれてくる。広大な土地が安価に入手できる地方では、特養であれ、保育園であれ、建設は容易である。
 しかし、大都市の利便性は、大きな魅力でもある。高度医療施設も充実しているし、公私の教育機関も数多い。年を取ったら田舎に引っ込んで、豊かな自然の中でのんびりと過ごす、これが夢だという人も多い。しかし、人間である以上、社会との関わりを保つことは必要であるし、それが心身ともに若さを保つことにもつながる。大都市は、その刺激を与える。
 東京は広大である。都民が、自分の生活圏で、地域コミュニティをどう再生させるかが重要である。たとえば高齢者の介護については、特養の数を増やすことのみならず、グループホームなど様々な形の施設を充実させ、地域包括ケアシステムを構築することである。要介護者もその家族も、その状態は多様であり、杓子定規な行政対応ではなく、利用者の視点にたった柔軟な対応が不可欠だ。
 それはまた、待機児童対策としての、保育所の充実についても同様である。両親が共稼ぎでも、祖父母の世代が、皆で地域コミュニティの子供たちの面倒をみるような姿が理想である。子育てに高齢者を動員することによって、高齢者には雇用の機会と生きがいを与え、子供たちには安全な環境を提供する。東京の社会保障には、単なる箱物行政を超える智恵が要る。
                   ◇
■舛添要一(ますぞえ・よういち) 北九州市出身。東京大卒。同大助教授を経て、平成13年参院選比例代表に自民党から出馬、トップで初当選。連続2期。参議院外交防衛委員長、党参院政審会長、厚生労働相を歴任。22年4月、新党改革を結成、代表に就任。25年7月の参院選に不出馬、代表を辞任。


自民も舛添氏待望論 1月上旬までに候補
2013.12.20 23:57 産経新聞
 自民党東京都連は20日の幹部会で、東京都の猪瀬直樹知事の後継候補を来年1月上旬までに決める方針を確認した。今月下旬に出馬が取り沙汰されている面々の支持率を調べた上で、選定作業を進める構え。党内では舛添要一元厚生労働相の擁立論が強まっているが、民主党内でも舛添氏の擁立を求める声があり、与野党間で争奪戦が展開される可能性もある。

 ■行政能力ある人

 幹部会では、下村博文文部科学相(衆院東京11区)が「出馬の意思はない」と明言。五輪メダリストで知名度の高い橋本聖子参院議員(比例代表)についても、来年2月のソチ冬季五輪の日本選手団団長に専念するため立候補しない意向を確認した。公明党のほか、日本維新の会やみんなの党、結いの党との連携も申し合わせた。
 都議会側は石原伸晃都連会長に「政治の素人やタレントではなく、行政能力がある堅実な人を選んでほしい」と強く要望した。ただ、過去を振り返ると、自公主導で擁立した候補が、知名度に勝る候補に敗北したケースが目立つ。
 こうしたことを踏まえ、自民党幹部間で急浮上したのが舛添氏だ。自民党を除名されているだけに、党内に反発はあるが、党幹部は「舛添氏は以前、復党を望んでいた。党が推薦も支持もせず、裏で応援することはできる」と語る。
 自民党は今後、舛添氏を含めた有力な候補者約10人をリストアップする。27日前後にまとまる世論調査結果を参考に、年明けまでに人選を行う方針だ。
 ■民主と争奪戦?
 一方、民主党内でも舛添氏擁立論はくすぶったままだ。20日の都連選対会議では、野党各党と連携して候補者の選定作業を進める方針を確認した。だが、人材難で党内に候補者を見いだせないのが現状だ。菅直人元首相が19日に出馬を否定したのに続き、蓮舫元行政刷新担当相も20日、産経新聞の取材に「(コメント)していない」と“逃げ”に回っている感が強い。
 民主党は昨年12月の都知事選で舛添氏に出馬を打診し断られた経緯があるため、都連幹部は「今回は側面支援にとどめるだけでもいい」と遠慮気味だ。ただ、指をくわえて舛添氏の動向を見守るわけにはいかないのも事実。民主党は19日、与党と相乗りしない方針を決めている。与党側が先に舛添氏に触手を伸ばした場合、舛添氏を推すことはできなくなる。民主党にはそんな焦りもにじむ。
(比護義則、村上智博)

▲:金融機関はコリアンに特別の配慮をしろ、と喚いていたこのネズミ男(舛添要一)を、産経新聞が持ち上げているのは何か理由があるのだろうけれども、今のところ理解不能である。
 まさか、フジテレビと同じように、産経新聞も完全にコリアンに支配されている、とは思いたくはないけれども。


バーニングケイダッシュエイベックスジャニーズは永遠に批判しません


ミスインターナショナル恫喝事件は絶対に報じない日本のゴミジャーナリストたち



安倍昭恵夫人、ストーカー被害「ミス世界一」を全面支援! 「特定秘密保護法の批判するなら彼女のことを報じて」

2013/12/26 14:48 JCAST
  2012年「ミス・インターナショナル」世界大会で日本人初優勝した吉松育美さん(26)に、思わぬ援軍が現れた。安倍晋三首相の妻・昭恵さん(51)だ。
   吉松さんは芸能事務所役員からのストーカー被害を訴え、2度にわたって会見を開いたが、背景に吉松さんにストーカー行為を行ったとされる芸能事務所役員と吉松さんをマネジメントしている米国人男性との間の金銭トラブルがあるせいか、大手メディアではほとんど報じられなかった。
   吉松さんは2013年12月25日、昭恵さんとの面会をブログで報告した。やり取りの中で昭恵さんの「全面支援」をとりつけたといい、「今日は特別なクリスマスでした」と語っている。
「すべての女性のために力を合わせる」
   吉松さんは12月13日に東京地裁の司法記者クラブで、16日に東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見を行ったが、そのどちらも大手メディアではほとんど報じられなかった。吉松さんは17日の世界大会で、今年のミスへ王冠を手渡すことになっていたが、姿を見せなかった。会見では主催者から出席自粛を求められたためだと話していた。
   この吉松さん不在の世界大会で、審査員を務めたのが昭恵さんだった。昭恵さんが大会の報告をフェイスブックに載せたところ、周囲から吉松さんの現状について情報が集まった。すぐさま、
「昨年の吉松さんの件は知りませんでした。何があったのか真実を確認したいと思います」
と関心を示し、19日には、
「様々な情報をありがとうございます。然るべき対応をしたいと思っています。もう少しお待ち下さい」
と話していた。この「然るべき対応」が今回の面会につながったと思われる。
   面会で吉松さんは昭恵さんに一連の経緯を説明し、ブログで「今回のことを受けて、昭恵夫人もおかしいと思う点は多くあるようで、全面協力すると言って頂けました」と報告している。昭恵さんが女性問題に積極的に取り組んでいることもあり、「様々な視点からこの問題を見て頂けると思います」と語っている。
   また昭恵さんはフェイスブックで、
「マスコミの皆さん、特定秘密保護法の批判をするのなら、彼女のことをきちんと報道して下さい。全ての女性のために吉松さんと力を合わせていきたいと思います」
と語り、安倍政権が推し進めていた特定秘密保護法を批判するなら、吉松さんの窮状を報じてほしいと訴えている。



http://www.cyzo.com/2013/12/post_15585.html
2013.12.25 水
「会見には絶対に行くな」国内マスコミ異常反応で、ミスインタのストーカー被害告白は“なかったこと”に!?
 日本人初のミス・インターナショナルグランプリ、吉松育美が大手芸能プロ「ケイダッシュ」幹部の谷口元一氏から脅迫被害を受けたと訴えている件は、刑事と民事の両方で提訴されているにもかかわらず、多くのメディアが無視。一部スポーツ紙がネット上に掲載した記事も、突然削除される事態となっている。
 別のスポーツ紙の若い記者からは「夏に彼女について取り上げようとしたら、ストップがかかった」という話も聞かれた。吉松を紙面で特集しようとしたところ、上司のデスクから「それは絶対にダメだ」と、理由も告げずに止められたという。後に分かったのは、今月13日に吉松が東京・霞ヶ関の司法記者クラブで記者会見した脅迫被害だったが、「この会見も、デスクから“絶対に行くな”って言われたんですよ」と記者。
 吉松が会見で話したのは谷口氏から受けたさまざまな被害で、大半の媒体がスポーツ紙同様、この芸能プロに気を使い、報じなかった。そのため吉松はさらに16日、外国特派員協会で会見、海外メディアに向かって訴えた。結果、米ワシントンポストやABCニュースなどで取り上げられているにもかかわらず、日本では「なかったこと」になっている異常事態だ。
 吉松は本来、昨年の覇者として今年のミス・インターナショナルのイベントに出演する立場だったが、これも主催者の国際文化協会から「体調不良を理由に欠席してほしい」とストップがかかった。関係者によると「ほかにも仕事のオファーが急激に途絶え、決まりかけた仕事でさえ“諸事情でキャンセルに”と連絡があった」という。
 吉松が被害を受けた谷口氏は、芸能界では有名な人物だ。「所属のタレントを何かと番組に押し込んでくるし、こっちが必要なタレントをお願いすると、必ずバーターで別のタレントを使わされる」(同)という。
「感情の起伏が激しく、怒ると暴力団かと思うほど怖いが、トラブルがあると涙ながらに謝ってくることもあるので面倒な人物」(同)
 吉松は、谷口氏が吉松の海外エージェントとの間に金銭トラブルを抱え、その矛先を吉松に向け、仕事現場に現れたり、実家に脅迫的な電話をかけたりしてきたというが、実のところテレビ関係者は「その手口はおなじみ」という。
「谷口氏は表向き、金の問題を理由に女性タレントにコンタクトを取っているように見えますが、取りたいのは金ではなく女性のほう。弱みを握って意のままに操るのが得意で、タレントとして使いながら私生活でも絡んでくるというウワサ。代表例が自殺した川田亜子さんでしょう。谷口氏とは恋人関係だったなんて話になっていますが、川田さんには内密にしていた恋人が別にいましたし、谷口氏とは恋人というより、仕事と私生活で縛られていた奴隷状態にしか見えなかった」(同)
 実際のところはどうか分からないが、確かに吉松も昨年、元K-1プロデューサーの石井和義氏がやってきて、谷口氏の事務所へ入るよう求められた話を明かしている。金銭トラブルの解決を求めるだけなら、そんな要求は出てこないはずだ。
「石井さんはK-1時代、谷口氏の息のかかった女性タレントをイベントに使っていた関係で、谷口氏同様に女性タレントとの関係がいろいろウワサされていた人物。だいたい吉松さんをスカウトする使い走りのようなことだけだったら、喜んでやるわけがなく、なんらかの形で恩恵を受けているはず」(同)
 外国特派員協会の会見に訪れたイタリア人記者は「日本のテレビ局や新聞24社に“この話を取り上げないのか”と聞いてまわったが、首を縦に振ったのは週刊誌1社のみだった」と話す。
 犯罪が起きても、親しい関係者なら無視する日本のマスコミ。実は筆者もこの取材の渦中で、その幹部の関係者をあたったところ「そんなことやっていると、どこにも出入りできなくなるぞ」と脅かされた。とても健全な世界とは思えない芸能界、吉松の提訴で、その実態が明らかになるのだろうか?
(文=鈴木雅久)



2013年12月25日水曜日

谷内正太郎の闇 コリアン暴力団はヤクザではない 岩波右翼 

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3498
谷内正太郎初代NSC局長と“元KCIAエージェント”との親密交際が発覚!
2013.12.24 18:00
 2014年1月に、日本版NSC(国家安全保障会議)の国家安全保障局初代局長に就任する谷内(やち)正太郎・内閣官房参与が、元KCIAのエージェントとされる在日韓国人実業家と、きわめて近い関係にあることがわかった。
 この実業家・K氏は、谷内氏が中心となって発足した勉強会「寛総会」の事務局長を務める人物。谷内氏は、自らの会社をK氏の関係する会社が複数入っているビルに設立。2013年5月にはK氏や申珏秀駐日韓国大使(当時)らと高麗神社を訪問、8月にはK氏と青森に旅行するなど、公私にわたって親交がある。
 大阪でK氏が営んでいた不動産会社は、1990年代後半、住宅金融専門会社の不良債権が問題化した際、大口融資先として報じられた。K氏は韓国に太いパイプを持ち、公安関係者によれば、韓国の情報機関KCIA(現・国家情報院)の元エージェントで、日本国内では韓国大使館の一等書記官の指揮下にあったという。
 谷内氏は、週刊文春の取材に事務所を通じて「個人情報に関わることですので回答は控えさせていただきます」と回答。K氏は弁護士を通じて「事実無根」と回答した。
 一方、谷内氏は、韓国でカジノリゾートを建設し、日本国内でのカジノ進出を目指すパチンコ・パチスロメーカー・セガサミー(里見治会長)の顧問も務めている。
 アメリカなどの情報機関と機密情報を共有する日本版NSCの司令塔である谷内氏の“人脈”は、今後も注目を集めそうだ。



http://blog.shadowcity.jp/my/2013/12/post-4222.html
ヤクザは北朝鮮の下請け
野次馬 (2013年12月24日 22:22) | コメント(0)
山口組幹部のうち、新たに四名がアメリカ政府のブラックリスト入りというんだが、そのうち三人が在日で、ネットの嫌韓筋が盛りあがっているんだが、ところでヤクザばかりじゃない、どこの組織にも朝鮮人が入り込んで乗っ取られるというのがパターンで、新興宗教団体もそうだし、極左組織もそうだし、右翼団体ですらそうだし、政治家もそう。自民党だけでも、どれだけ怪しいニンゲンがいるやらw 帰化人が、ちゃんと外国人出身であることが判るような名前で選挙に出ているのは民主党だけですw そうした在日の全部が全部、北朝鮮のスパイだとは言わないが、中でもヤクザ組織は、覚醒剤の売買で利益をあげるという構造上、覚醒剤の製造元である北朝鮮との結びつきが強い。覚醒剤は密造も出来るが、北朝鮮では旧大日本帝国の製薬会社で作っているので、質が良いw 日本のヤクザは、北朝鮮覚醒剤製造会社の下請け販売会社ですw また、朝鮮系の金貸し、朝鮮系の地上げ屋もヤクザと結びついて、日本を荒らしまわってますね。日本人を喰い物にして稼いだカネを、スポーツ系議員に持たせて北朝鮮に運んだりしている。張成沢の「処刑」で、そうした闇の勢力も粛清されるのか、まぁ、注目だ。
▲:「ヤクザ」というのは、「任侠(道)」というものを持っている。コリアン暴力団にそのようなものはない。だから、言葉というものを・日本語というものを正確に使うなら、コリアン暴力団(員)をヤクザとは呼べない。彼らは、単に、「暴力団(員)」である。
 同じように右翼の概念も異なってきている。竹島をコリアンのものだ、とか、北朝鮮に拉致された日本人を北朝鮮に返せ、とか、コリアンの主張を取る「右翼」が今ではたくさんいる。「コリアン右翼」とでも呼ぶべきだろうし、あるいは、北朝鮮やコリアンの利益を代弁している岩波書店が「嘉して」いるようなので、
「岩波右翼」
 と呼んでいいかもしれない。