ページ

2015年4月23日木曜日

朝日新聞の映画評と毎日新聞のそれとの違い


 毎日新聞の映画評は、毎日新聞の記者が書いている。恐らく経費削減のためなのだろう、まるで中学生の感想文のようなだらけた文章で読むに耐えない。
 朝日新聞の映画評は、ちゃんとした映画評論家が、まともな、読むに値する文章を書いている。
 コリアン毎日新聞では、くだらないコリアン映画や、くだらないコリアン系監督の”日本映画”をヨイショしているうちに、まともな感性で映画を観るということはできなくなってしまったのだろう、と思っている。


2015年4月22日水曜日

日清 マルヨ ファミマのサンド



日清オイリオ すっきりコールスロー
 あまりに美味しくないので(不味いので)、一回、5分の1程度使っただけで、捨てることにした。
 二度とこの製品は買わないこと。

マルヨ食品株式会社(兵庫県美方郡香美町)のカニ釜めし
 カニの量が少ないことは許せるとして、身を崩しているはずのカニが、炊いてもまったくバラバラにならず、塊のまま。これではカニ釜めしとは言えない、ので、二度とこの製品は買わないこと。味もイマイチ。

PS 以下はハム速からの引用写真だけれども、これが本当だとしたら、ファミマのサンドは絶対に買わない。
http://hamusoku.com/archives/8793312.html



タバコで人を殺し続ける日本

つんくは重症喫煙者だったらしい。
http://happierlife.blog.so-net.ne.jp/2015-04-04-1

加瀬邦彦は煙草で咽頭がんで、病気を苦にして自殺。
http://yasuharazakka.seesaa.net/article/417708939.html

同じく坂本龍一もタバコで咽頭がん。
同じく忌野清志郎もタバコで咽頭がんで死亡。
吉田拓郎はタバコで肺がん。
愛川欽也は80歳での肺がん死亡。これは喫煙者としては長生きの部類に入る。喫煙者を襲う肺癌・その他の癌・心筋梗塞・脳梗塞・肺気腫・肺炎、などで喫煙者の平均寿命はかなり短くなっている。喫煙者が多いために、男の平均寿命は女のそれよりかなり短くなっている。

 日本は大蔵省官僚とタバコ農家の利益のために、多くの命を失い、多くの医療費をタバコのために失っている。稀に見る「野蛮な国」である。
 近畿大学の講演で、大学生たちに「タバコは止めようぜ」とメッセージを送っていたとしたら、尊敬したのだが、そんなことはなかったようだ。



東京五輪までに「受動喫煙条例」はできるのか 「舛添構想」、すんなり進まない
2015/4/19 11:30  JCAST
   2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、受動喫煙対策の都条例制定をめぐる議論が高まっている。東京都の舛添要一知事が2014年夏に条例化の構想を打ち出したものの、飲食業界や議会から強い反対の声が上がって見送り論が強まると、禁煙推進派が反論して巻き返し、この問題を協議する都の「受動喫煙防止対策検討会」(座長=安念潤司・中央大教授)では結論が先送りになった。
   受動喫煙防止に関する罰則付きの法令を設けるという近年の五輪開催都市の「国際標準」を実現できるか、別の道を探るのか、岐路に立たされている。

検討会で禁煙vs喫煙バトル
   医師や法律家、日本オリンピック委員会(JOC)役員ら12人で構成する「受動喫煙防止対策検討会」は、「五輪までに飲食店を禁煙化したい」という舛添知事の昨年8月の発言を受けて9月に設置された。具体的に知事は、店舗などに禁煙や分煙設備の設置を義務付ける受動喫煙防止条例の制定への意欲をみせていた。
   ところが知事の考えに対して都議会最大会派の自民党が9月、「一律規制ではなく分煙の推進を」と反旗を翻し、党都議会幹部からは「喫煙の権利もある」「都区市町村で1300億円のたばこ税の収入は不可欠」など牽制する声が相次いだ。飲食業界も、約800社が加盟する「日本フードサービス協会」(東京)が「たばこの扱いは店舗側が客層に応じて決めること」と一律規制に反対した。「小規模店では分煙化のスペースもお金もない」というのが論拠だ。
   こんな「外圧」もあり、検討会の議論は昨年10月の第1回会合から対立が目立った。2015年2月の第4回までに、例えば医師の7委員のうちの5人が「たばこの害は医学的に証明されている」などと規制強化を主張する一方、2人の医師は一律規制に慎重論を展開するなど、議論が収れんする見通しが立たない状況に陥った。
   都は、ズルズル引き伸ばしてもまとまらないと判断して年度内に検討会としての報告とりまとめを要請。これを受け、座長の安念潤司・中央大教授が①都は国に対し、全国に適用される法律による規制を働きかける、②法律ができるまでの過渡的な対策として、都は分煙に力を入れ、事業者の財政支援を進める、③煙にさらされる飲食店従業員らを守る対策も講じる、④全体の工程表を示す、⑤2018年までに条例化を見据えて再検討する――などを盛り込んだ提言案を提示した。「条例化を求める委員と、慎重な委員の隔たりが大きいため、現時点で書きこめるギリギリの線」(都政関係者)という位置づけで、3月30日の第5回会合で了承を得ようとした。
   ところが、案に対して規制強化派から「罰則付き条例を制定するなど実効性のある提言にすべきだ」「この書き方だと工程表を作れないと読める」などと修正を求める意見が噴出。規制強化に慎重な立場からは「さまざまな意見が出たが集約されなかった、と取りまとめれば良い」といった声も出て、改めて会合を開くことになった。

「国際標準」は禁煙の徹底
   都道府県で同種の条例を制定済みなのは神奈川県と兵庫県だけ。全国に先駆けて2010年に制定した神奈川は、学校、病院、官公庁は禁煙、飲食店や宿泊施設は大規模施設に限り分煙か禁煙を課し、兵庫県もほぼ同じ内容。神奈川は違反施設に5万円、個人には2万円を科す。ただ、神奈川の場合でも、飲食店では規制対象(厨房を除き100平方メートル超)に満たない店が全体の約4分の3を占めるなど、実効性を疑問視する声は絶えない。
   また、条例化を検討した山形県は業界団体から「客足が遠のく」との声が上がり条例化を見送り、京都府は影響に配慮して条例化を避け、2012年に「憲章」を策定し、店先に禁煙・分煙ステッカーを張るなど自主的な取り組みにとどめている。さらに、大阪府は飲食店や宿泊施設は対象から外し公共施設などを全面禁煙とする条例案を府議会に提案したが、分煙を認めない点に反発が出て断念した。ある県の担当者は「一足飛びに全面禁煙は難しく、できるところから進めるしかない」と話すが、その程度をめぐって、議論は尽きないのが現状だ。
   東京都の舛添知事は昨年末、自民党や業界などの反対を受け、「条例を完全に捨てているわけではないが、その前に他の施策をもう少しやりながらと思っている」と語り、飲食店の分煙化工事への補助などの施策を優先させる考えを示している。
   検討会の安念座長は「1、2年経てば、国の立法意欲も含め、かなり情勢が変わる」と、条例化の機運が盛り上がる可能性を指摘するが、東京五輪まで5年という限られた時間でどこまで進むか。五輪開催地の禁煙徹底が近年の国際標準になっていることから、国の対応を含め、日本の遅が世界から注目されることも考えられる。

▲:タバコ規制に反対しているという2人の医師って、どうして実名を出さないのだろう?

http://www.metro.tokyo.jp/INET/KONDAN/2014/10/40oar201.htm
3 今村聡 公益社団法人日本医師会 副会長
4 大井田隆 日本大学医学部公衆衛生学分野教授
5 奥村康 順天堂大学大学院医学研究科 アトピー疾患研究センター長
6 垣添忠生 公益財団法人日本対がん協会 会長
7 工藤翔二 公益財団法人結核予防会 理事長
9 名取春彦 獨協医科大学付属病院 放射線科医師
10 野田哲生 公益財団法人がん研究会 代表理事・常務理事 がん研究所所長

▲:上記の中の2人が、喫煙をする権利を持ち出して、受動喫煙規制に反対しているダメ医者らしい。もちろん、ダメ医者、というのは私の個人的意見だけど、その医者はどうして反対しているのか、東京都民その他に対して積極的に説明する義務があると思う。






さすが革マル脳枝野

2015.4.22 16:27 産経新聞
【官邸屋上に「ドローン」】
枝野氏「自衛隊海外派遣にうつつぬかす前に対策を」
 民主党の枝野幸男幹事長は22日の記者会見で、首相官邸の屋上で小型無人飛行機「ドローン」が発見されたことについて「現行制度では首相官邸、国会、皇居などの上空を自由に飛んでも法規制がないと思われる。悪用する人がいれば皇居などがターゲットにされかねない」と述べた。
 枝野氏はその上で「自衛隊の海外派遣などにうつつをぬかしている前に、対策をしっかりとやるべきだ」と語り、安倍晋三政権の対応を批判した。

▲:さすが革マルと覚書を交わした枝野である、まるで常人には思いつかないような発想で生きている。ドローンによる初めての放射能テロが起きても、自衛隊海外派遣にからめて安倍首相を批判するとは。
 何が起きても「革マル脳」の枝野幸男は、こうしたバカな発言を繰り返してゆくのだろう。
 民主党の本領発揮といったところか。

PS 革マル脳枝野の続き。
2015.4.22 20:41 産経新聞
枝野氏「首相の方が、よほどガキの議論」 首相の憲法認識めぐる批判に反論
 民主党の枝野幸男幹事長は22日の記者会見で、憲法改正の議論に関し「『GHQ(連合国軍総司令部)の素人がたった8日間で作り上げた代物』という方が、よほどガキの議論だ」と述べ、安倍晋三首相を批判した。

 首相は20日のBSフジ番組で「私の憲法に対する認識がおかしいから議論は嫌だと言っているが、子供じみた議論だ」「ふまじめな態度と言わざるを得ない」と民主党を批判していた。岡田克也代表は「安倍さんが首相である間に憲法改正の議論はしたくない」と繰り返し強調している。

資料 9条婆さん加藤登紀子暴言

与那国島沖地震に「神の怒りのよう」 基地建設にからんだ加藤登紀子ツイートが炎上、削除
2015/4/22 13:09  JCAST
   沖縄・与那国島沖で起きた地震について、歌手の加藤登紀子さん(71)が「神の怒りのようね」とツイッター上でつぶやき、疑問や批判も相次いでいる。政府が自衛隊配備を進めていることを受けてのことらしいが、現在は、ツイートは削除されている。

   与那国町では2015年4月20日、大きな被害はなかったが、島の近海を震源とする震度4の地震があった。震源地に近い台湾では、大きな揺れがあり、火災で死者が出るなどの被害も出ている。

政府の自衛隊配備を疑問視して発言?

   元NHKアナウンサーの堀潤さん(37)がこの日、地震のニュースを受けて、「与那国での地震、そして晴れた日には与那国島からも眺めることができる台湾でM6を超える地震」とツイートした。すると、加藤登紀子さんは、すぐにそれをリツイートし、次のようにつぶやいた。

「基地建設の始まった与那国。神の怒りのようね」
   「国境の島」として知られる日本最西端の与那国町では、政府が中国などの脅威に備えようと自衛隊の配備を進めており、予定地ではすでに造成が進んでいる。その是非を問う住民投票も2月22日に行われ、配備に賛成が過半数を占める結果になった。自衛隊配備が追認される形になったが、反対派は、建設差し止め訴訟を起こす構えを見せている。

   加藤さんは、反戦・平和を唱え、安倍政権の集団的自衛権についても疑問視する発言をしている。こうしたことから、「基地建設」が神の怒りに触れたと言いたかった可能性もあるが、真相は不明だ。

過去には、石原慎太郎氏が震災を「天罰」として謝罪

   しかし、死者も出た地震を「神の怒り」と表現したことから、ネット上では、不謹慎な発言だといった疑問や批判の声が相次いでいる。

   それを考慮したのかどうかは分からないが、加藤登紀子さんのツイートは現在、削除されている。

   過去には、東日本大震災が11年3月に起きた直後に、東京都知事だった石原慎太郎氏が「天罰」と表現し、その後に謝罪した騒ぎがあった。また、反捕鯨団体「シー・シェパード」の代表は、フェイスブックに「神の怒りを買ったために地震が起きた」とも受け止められる内容の詩を載せて、批判を浴びたことがある。

   加藤さん事務所のトキコ・プランニングでは、取材に対し、ツイートについてはまだ確認していないとし、本人に聞いたうえで回答すると話した。

▲:与那国島沖地震が「神の怒り」なら、東日本地震も「神の怒り」であり被災者は神からの天罰を受けたという考えを頭の中に持っているのだろう、ツィートしていないだけで。
 この9条婆さんはそれでいながら「東日本地震の被災者に寄り添おう・復興支援だ」と毎日新聞で再三言っているのだから、煮ても焼いても喰えないゲスな婆である。


大股香里奈 森永乳業 宮原道夫



http://www.cyzo.com/2015/04/post_21587.html
2015.04.21 火
大股開き写真流出の香里奈、ヨーグルトCM降板で“テレビ完全撤退”
「有料サイトの日記も更新されず……」
 かつて連続ドラマや映画で主演を務めるなど、目覚ましい活躍をみせていた香里奈が、ついにテレビから姿を消した。
 香里奈といえば、昨年3月にあられもない姿の“ニャンニャン写真”を「フライデー」(講談社)に報じられてからというもの、露出が激減。年に2~3回開催されるファッションイベント「東京ガールズコレクション」くらいでしか、公の場に姿を現さなくなってしまった。
 また、昨年からイメージキャラクターを務めてきた森永乳業のヨーグルト『パルテノ』のCM出演が、この4月より香里奈からハーフモデルの黒田エイミに交代。2009年から出演してきたニッセンのCMでも、昨年10月を最後に姿を見ることはない。
「香里奈は、創刊号から看板モデルを務めるファッション誌『GINGER』(幻冬舎)で、かろうじてモデル活動を続けているが、以前のように表紙や誌面に積極的に登場することはなくなり、最近は割のいいタイアップ記事ばかり」(芸能記者)
 さらに、所属事務所の有料サイトの「日記」コーナーも、今年は3月11日に東日本大震災についてお悔みが投稿されたのみ。頻繁に更新されていた「マネージャー日記」も、スキャンダル後は2回しか投稿されていない。
「2月にオリコンが発表した『好きな女子モデル TOP10』で、昨年の3位から圏外へと転落したことからも、世間の印象から香里奈が消えつつあることがわかる。現在、香里奈の近況をファンが知る術は、『GINGER』の連載ページ『KARINA’S GARDEN』のみ。この連載が最終回を迎えた時が、芸能界引退といえるかもしれない」(同)
 ファンに説明もないまま、芸能界からフェードアウトしてしまった香里奈。このモヤモヤとした状態は、一体いつまで続くのだろうか?
(引用終わり)

▲: こういうニュースを見て不思議に思うのは、ああした「大股写真」が世間の目にさらされてから1年以上もの長きにわたって、森永乳業が大股香里奈をコマーシャルに使っていたという事実である。
 いったいこの会社、宣伝というものをどう考えているのだろうか?
 森永のヨーグルトで大股開き、というイメージを消費者が持つように願っていたとでも?
 CEOの宮原道夫という人物に企業のイメージ戦略について訊いてみたいものだけれども、恐らくは、何も考えてはいないのだろう。






2015年4月21日火曜日

資料 水谷豊 木梨憲武 愛川欽也

以下は水谷豊のウィキより引用
 とんねるずの2人とは友人であり、石橋貴明は番組内では「礼節をきっちりしないと怒る人」と語っていた。1980年代に共通の友人であるフジテレビの社員を通じての旧友であり、ちなみにはじめての出会いは焼肉屋だったという。赤坂のキャピトル東急の「ORIGAMI」という店の排骨拉麺は二人の思い出の料理らしくうたばん出演の際にお土産に持ってきた。石橋にはじめて東京競馬場に連れて行かれた際、「売り場のおねえさんはテレビのイメージでいるから礼節をきちんとしなければダメですよ」と言われ馬券売り場にて「今日は馬券買わしていただきます」と馬券売り場に挨拶をしてまわったという。大の伊藤蘭好きの木梨憲武にはじめて出会ったときのことを「憲武の目を見て、こいつはキケンだと思った」と語っている。また、木梨とは、水谷のセルフカバーアルバム『TIME CAPSULE』のプロモやコンサートにシークレットゲストとして参加したり(また、その際に「カリフォルニア・コネクション」を水谷と共に熱唱)、プライベートでもよく会う間柄である。
(引用終わり)

 日曜の夜、だったと思うけれども、テレビをチャンネルサーフィンさせていたら、水谷豊と木梨憲武が対談している番組があった。水谷主演でフランスを舞台にした、前宣伝のプロモーションビデオを映画館で見せられた映画、の宣伝を兼ねた番組のようだった。番組の中で、水谷が、木梨との友情が30年続いている、ようなことを喋っていた。
 バックに川村龍夫が付き、酒井法子@覚醒剤、やその他の曰くつきの人物とも繋がる木梨憲武。絵のほうは、細川元首相と同じ低レベルのひどいものだけれども、有名人絵画でそこそこ売れるのかもしれない。木梨の妻の安田成美についてその出生の秘密(?)をテレビでうっかり漏らした有名評論家はテレビから消え(消され)、連続ドラマの主演を勝手に途中降板してもコリアンNHKは安田成美に頭を下げるという不自然さ。
 安田成美と水谷豊が主演した、いとしの座敷童、とかいう映画のくだらなさが、日本の芸能界・映画界の悲惨さを物語っているし、今度の、日中友好協会(?)の大物・浅田次郎原作の駄作の映画化も、ゴミ映画で間違いはないのだろう。

 最近死亡した愛川欽也。笑ってしまうのは、先年(2005年)、うつみ宮土里と一緒に「いい夫婦賞」を受賞したこと。愛川は前妻と離婚した翌日にうつみとの婚姻届を出している。今でいう不倫略奪婚。それが時が流れてしまえば、いい夫婦、と褒め称えられるのだから、日本社会は不思議。
 韓流大フアン(コリアンフアン)で、コリアンにも「語学留学」し(里帰りかどうかは知らない)、大沢あかねと同じように日本テレビのワイドショーに出て、コリアン賛美(?)を繰り返していたかはどうかは知らないが、軽薄な発言を繰り返していたうつみ宮土里。コリアン留学中に、若い女性劇団員のアパートに入り込んでいた愛川欽也を「かっこいい」と言っていたバカ夫婦が、日本では、いい夫婦賞受賞というのだから、狂っている。(劇団立ち上げはハーレム立ち上げだったのかもしれない。)
 愛川欽也は、安倍首相がもう一度病気になって政権が倒れることを願っていた。こんなクズ(愛川欽也)が、コリアンに支配された日本のテレビマスコミ世界では善人偉人らしい。

http://hamusoku.com/archives/8790675.html
【キンキン】愛川欽也「自民党の安倍、もう一度病気にならねーかな」→自分が肺癌で死ぬ・・・ネットでは愛川欽也のクズっぷりに呆れの声 

 水谷豊、木梨憲武、安田成美、愛川欽也、うつみ宮土里、大沢あかね、酒井法子。
 このうちの何人がコリアン系の芸人なのだろうか、と、ふと思った。
 たとえ全員がコリアン系だったとしても、別に驚きはしないけれども。

PS
http://www.cyzo.com/2015/04/post_21575.html
2015.04.22 水 サイゾー

水谷豊を無言にさせた、木梨憲武の痛すぎる“新『相棒』”立候補宣言
 18日、とんねるずの木梨憲武(53)と俳優の水谷豊(62)が、テレビ朝日の特番『豊さんと憲武ちゃん! 旅する“相棒” 伊豆ドライブ編』でタッグを組んだ。
 番組は『相棒season13』の放送が3月に終わった水谷をねぎらおうと、木梨が、母の実家があった静岡・伊豆をナビゲートするという内容。仕事のフィールドは違うが、2人は20年以上の親交があり、家族ぐるみの付き合い。最近は、週に4回もお茶をするほどの仲だとか。
「道中では、水谷が極度の方向音痴と明かされたり、木梨が水谷をコンビニに買い物に行かせ“パシリ”として使うなど、『相棒』で水谷が演じる杉下右京とはまったく違う素顔を引き出し、水谷ファンを喜ばせました。ですが、実際はドラマについてのすべての権限を持ち、“テレ朝の天皇”と揶揄されている水谷のイメージアップを図ろうとするためのヨイショ番組でしたね」(テレビ誌ライター)
 さらに、『相棒13』で3代目相棒役だった成宮寛貴(32)の卒業の話題になると、木梨が“新相棒”に猛アピール。
木梨「『相棒』の次の撮影は、いつからですか?」
水谷「あるとしたら、7月か8月かな」
木梨「じゃあ、夏頃スケージュール空けておけばいいですか?」
水谷「(ポカンとした顔で)……」
木梨「ネットで『次の相棒は木梨憲武』って出てて、マネジャーから『木梨さん、次の相棒やるんですか?』って本気で聞かれましたから。『お前にはまだ言えない』って言っておきましたよ」
水谷「……」
「番組が仕掛けた放送前の宣伝記事では、“新相棒”が誰になるのかが強調されていたので注目していたのですが、完全に肩透かしでした。空回りだっただけでなく、水谷からなんの情報も引き出せていませんでしたね」(同)
 最近は「トークがつまらない」とネット上で“引退勧告”の声も上がっていた木梨だが、この痛々しいゴリ押しトークには、『相棒』ファンたちも、「そもそも木梨が候補に挙がっていたなんて話は聞いたことがない」「ナビゲーターなのにゲストを無言にさせるとは」「(成宮が犯人だった)あの最終回見たら、もう次は憲武でもなんでもいいや」とシラケまくり。
 新相棒には、反町隆史や水嶋ヒロなどの名前が取り沙汰されているが、水谷の反応を見る限り、木梨が「4代目相棒」になることだけはなさそうだ。


2015年4月20日月曜日

暴力団関連企業社長もコリアン毎日新聞では英雄


 テレビをたまにチャンネルサーフィンすると、くだらない話を(たとえばセックスさせてくれない女性に冷凍鶏肉を投げつけるとか)薄汚い日本語で喋っているアホ芸人が集まっているだけの番組だらけである。恐らくコリアン系の芸人が殆どで、コリアン系(在日とか帰化を問わず)芸人のつまらないパーティを見せられているような気分になる。夜のゴールデンタイムに、どの局を見ても、そんなような番組。そしてその多くに出ているのが、というか多くを占めているのが、暴力団関連企業(最高裁認定)吉本の芸人たちである。
 そのトップである大崎洋は、コリアン毎日新聞では英雄のように思われているのかもしれない。

参照
http://restfultime.blogspot.jp/2013/10/blog-post_9303.html

http://restfultime.blogspot.jp/2014/08/blog-post_75.html

資料 磯江毅 その2 滝川ふれ愛の里



 昨日、旭川美術館にエジプト展を見に行ってきた。
そこで、みかけたパンフレットで、礒江毅展が広島で開かれていることを知る。
さてさて……広島まで、どうやって出かけたものだろうか。関空からは遠いし、福岡までLCCの直行便はないし……。この展覧会を見逃したら、今度はいつあるのか、あることの保証すらないし。


 旭川からの帰り、数年ぶりで(10年くらい?)、滝川の「ふれ愛の里」という風呂に寄る。昔は風呂の入口に、湧いて出る温泉(温度は高くない)を飲ませる水飲み場があったのだけれども、今はその水が止められていた。きっと飲めなくなった理由があるのだろう。
 風呂から出て、レストランに入り、蕎麦(合鴨そばと小さな天丼セット・1200円)を注文する。呆れた。まるで粘土のような腰の全くない、小麦蕎麦だった。昔は少しはマトモな蕎麦を出していたのに、数年のあいだにすっかりダメになってしまったようだった。
 もう二度と来ないだろうな、と思いながら駐車場から車を出した。
参照:
http://tabelog.com/rvwr/000577415/

http://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010705/1035065/dtlrvwlst/7225299/?lid=unpickup_review

2015年4月14日火曜日

ホキ美術館



『マネーの闇』 一橋文哉

『マネーの闇』

P140~

 関西の暴力団関係者の間では事件直後の早い段階から、韓国軍隊経験者のヒットマンや香港マフィアの殺し屋など、さまざまな実行犯の名前が囁かれ、入国経路から下見こ現場待機場所、国外逃亡ルートまで具体的な情報が流れていたのは確かである。
 ところで、副頭取はなぜ、射殺されなければならなかったのか。
 前述したように銀行内のトラブルが高じたという内約説のほか、バブル再燃論者として闇社会に対して情実融資の約束が果たせなかったことへの「見せしめ」説、強気の債権回収が融資先の反発を買って、逆襲を受けたとする「闇討ち」説など、犯行動機についてはさまざまな説が乱れ飛んでいた。その中で最も有力なのが、小山と交流があった和歌山市内の不動産・デベロッパー会社・S土地開発(S社)とのトラブル説である。
 S社は山ロ組系暴力団の直系組長の妻が役員に名を連ね、本社はその暴力団事務所と同じ場所にあり、地元ではフロント企業と見なされていた会社だ。
 このS社に対し、阪和銀行は92(平成4)年11月、S社が所有する休業中のホテルや、組長の妻が所有するテナントビルを担保に約4億円の融資を行ったほか、「S社本体や、S社と繋がりのある暴力団関係者が経営する不動産会社に貸し付けた数十債円が不良債権化し、その回収をめぐって副頭取と揉めていたらしい」(ベテラン捜査員)という。
 この不明瞭な融資の背景には、実は、後に「金融無法地帯」とまで呼ばれた和歌山特有の複雑な事情が隠されていたのである。
●関西新空港をめぐる利権争奪と重大疑惑
 和歌山市の中堅デベロッパー会社・和興開発は、前出のS社社長の父親が経営し、S社の元請け業者に当たる。関西新空港開港に伴い、県は空港近隣に大規模ベッドタウンを建設しようと、総工費約4000億円という宅地開発事業「フオレストシティ計画」をぶち上げたが、その主要工事部分を受注したのが和興開発であった。
 ただ、工事の規模や技術水準などから言っても、単なる地方の土建業者に過ぎない和興開発が請け負うには無理があり、この受注をめぐっては当初から、地元政財界や闇社会が絡み合った”黒い噂”が流れていた。
 実際、県内トップの金融機関・紀陽銀行が和興開発に800億円近い過剰融資を行い、そのうち約200億円が使途不明になっていることが、後になって発覚。紀陽銀行のオーナー頭取・山口寿一の個人口座に和興開発から2億円の入金があったことが表面化し、山口が引責辞任に追い込まれるなど一大疑惑に発展した。

 疑惑は93年11月、大阪地検特技部が和興開発社長を脱税容疑で逮捕して事件となった。事業は凍結され、用地買収や開発に乗り出した不動産・土建業者には、借金と荒地の山が残された。阪和銀行は紀陽銀行を隠れ蓑に和興開発に融資するなど深く関与しており、小山の存在が疑惑解明に繋がることを恐れた闇社会が暗殺に及んだ、というのである。

 「副頭取が聞社会の面々と幅広く繋がりを持ち、フロント企業に融資し、銀行の醜聞揉み消しなど裏の仕事を一手に引き受けていたことは、業界で有名だった。何か銀行の醜聞揉み消しを和興開発社長に依頼した見返りに、和興のダミー・S社に過剰融資したと見られるし、副頭取がフオレスト疑惑に関知していないとは思えない。いずれにせよ、射殺事件とフオレスト疑惑は裏で繋がっている可能性が高いと見ている」(捜査関係者)
 阪和銀行にはこのほか、小山の出身地で、同行発祥の地でもある和歌山県田辺市の天神崎リゾート開発計画なる疑惑もあった。
 県自然公園の天神崎はもともと、開発が認められていない土地である。が、89年に県議や地元選出の国会議員が公園指定区域解除のため動いているとの情報が流れると、関西各地の不動産業者らが大挙して押し寄せ、上地の買い占めに走った。関西新空港開港による観光客増大を見込んでの投資だったが、地価の急騰で資金不足に陥った業者たちは政治家らを通じて、阪和銀行など地元金融機関に追加融資を求めたとされている。
 ところが、リゾートマンション群が着工する直前、環境保護運勘案や周辺住民らが猛烈な開発反対運動を始め、世論の後押しもあって、指定区域解除ができなくなった。
 そのため既に用地買収済みの業者は多額の借金を抱え、軒並み倒産寸前となった。見かねた県と市が坪10万円で買い戻す”救いの手”を差し伸べたが、最高買収価格が坪500万円と言われただけに、その差額分の損失は不良債権として金融機関に残された。こうした業者の中には山口組系暴力団のフロント企業が多数含まれていたのだ。
 これら不良債権回収をめぐるトラブル以外に、巨額の不良債権を抱えた系列ノンバンクの経営破綻問題を射殺事件の遠因に挙げる金融関係者も少なくない。
 預金高5000億円前後の阪和銀行には、阪和ギャランティ・ファイナンスと阪和リースの系列ノンバンク2社があるが、約840億円に上る貸出残高の5割以上が利払いさえ6か月以上滞っている状態であり、93年3月から借入先の48金融機関に対して、金利減免を要請するなど、経営は事実上破綻していた。
 さらに大阪ファイナンス、神戸ファイナンスという孫会社のノンバンク2社はより深刻な経営破綻問題に陥っており、阪和銀行にとって”炸裂寸前の爆弾”だった。


P147~

 1994(平成6)年秋、―発の銃弾が日本の金融業界を震え上がらせた。日本経済を復興させる夢を吹き飛ばし、間社会を蘇らせた瞬間でもあった。
 名古屋市千種区のマンション10階に住む住友銀行名古屋支店長の畑中和文が9月14日早朝、パジャマ姿で自室前のエレベーターホールの壁に右府をもたれ、右足を折り、左足は投げ出して座るような格好で、血まみれになって死んでいるのが見つかった。
 死因は《右頭部貫通銃創による出血を伴う広範な脳挫傷》(解剖所見)。遺体の状況から、愛知県警は何者かが約2メートルの距離から拳銃をI発発射し、銃弾が畑中の右目上から左後頭部を貫通し、《10秒以内に死亡》(同)させたことが分かった。
 畑中にほかの外傷はなく、自宅ドアが開き、新聞が放り出されていたが、室内に接客したり、荒らされたような様子はなかった。
 マンションの全扉は内側からしか関かず、正面玄関は完全オートロック方式を採用するなど防犯態勢は厳重だった。犯行当日も朝6時半頃に新聞が配達されて以降、誰も出入りした形跡はなかった。このため、捜査に当たったベテラン刑事は、こう語る。
 「犯人は新聞配達員の後をつけて建物内に入り、10階の非常階段で中に入れるように扉を少し開けた状態で隠れた。そして、朝刊を取りに来た畑中さんを引きずり出し、左手で襟を掴んで体ごと壁に押しつけ、頭に弾丸を撃ち込んだと見て間違いないだろう。冷静に水平に撃って1発で仕留めており、軍隊などで射撃訓練を積んだ凄腕のプロの犯行だ」
 畑中は1965(昭和40)年、大阪大学法学部を卒業後、住友銀行に入行。東大阪支店(当時はヤ虻支店)を振り出しに、主に本店の総務畑を歩み、すぐに総務部次長に就任した。87年4月から大阪市の梅田北口支店、大阪駅前支店、船場支店などの支店長を歴任、91年6月に取締役に昇格すると、‥‥11月からは名古屋支店長として単身赴任し、近く常務に昇進すると見られていた。
「エリートながら明るい人柄で、部下にも人望があった。彼を悪く言う人はいない」
 と行内の評判は上々で、個人的な怨恨の線は全く浮かんで来ない。
 ただ、畑中が事件直前、知人に「不良債権の処理には疲れ果てた。まだ、しんどいのがあるんや」と漏らしていたとの情報があることや、彼が総務畑が長く、総会屋対策を任されてきたことから、深刻な仕事上のトラブルがなかったかを重点的に捜査した。
 ところで、住友銀行名古屋支店と言えば、住銀・イトマン事件の主役・伊藤寿永光が出入りするなど、さまざまなトラブルを抱えていたとされる。
 伊藤は87年、畑中の前任支店長の紹介で住銀出身のイトマン名古屋支店長・加藤吉邦に食い込み、加藤を通じてイトマン社長の河村良彦に「2000億円プロジェクト」を持ちかけた。それが後にイトマンを食いつぶす大問題に至ったのである。
 そして、住銀名古屋支店長が伊藤に対して次々と多額の融資を行い、彼の犯罪スレスレの怪しげなビジネスを手助けし、支店の業績を飛躍的に仲ばしたことは事実である。
 だが、そうした業績の大半が焦げついてしまった。事件で闇の勢力を住銀に取り込んだ張本人の元会長・磯田一郎一派を追放した住銀が、一斉に強硬姿勢で臨んだイトマン関連の不良債権回収後でも、まだ名古屋支店には合計400億円余分も残っていたという。それらトラブル案件の後始末役として乗り込んだのが、ほかならぬ畑中だったのだ。



P168~
●エリート起業家の陰にいる仕掛け人
 東京・内幸町の帝国ホテルで2000(平成12)年1月31日、ベンチャーー企業のリキッドオーディオ・ジャパン(リキッド社、現・ニューディール)の東証マザーズ上場第1号を記念したパーティーが、各界から約1200人のゲストを招いて大々的に開かれた。
 二つの宴会用大部屋をぶち抜いた会場に設けられたステージでは、小室哲哉とつんくという日本の音楽界を代表する2人のヒットメーーカーがスピーチに立ち、「インターネットはレコード、CDに続く第三の音楽革命です。僕らも応援します」と高らかに宣言した。続いて、来賓として招待された幹事証券会社の日興誼券副社長・竹田啓をはじめ、大手レコード会社の東芝EMI社長・斉藤正明、エイベックス社長・依田巽といった大物経済人が登壇。次々と上場会社誕生を大絶賛する祝辞を述べた後、浜崎あゆみやSPEED、モーニング娘。ら当代の人気歌手が勢揃いして、歌やダンスでご黙いステームダを繰り広げ、総額3000万円余をかけた式典に華を添えた。
 主催者の同社会長・黒木正博と社長:大神田正文は、美人タレントの藤直紀香から花束を贈られ、小室とつんくによって両手を高々と掲げられて、満面の笑みを浮かべていた。この豪華絢爛なパーティーを演出したのは、「芸能界のドン」と呼ばれている大手芸能プロダクションの社長だった。彼の面子とショービジネスマン魂を賭けたパフォーマンスは大当たりし、その凄まじいパワーと人脈の広さを世に見せつけるものとなった。
 だが、本当は、この芸能プロダクション社長の陰にもう1人の”仕掛け人”がいた。その人物とは何と、住銀・イトマン事件で暗躍し、「闇社会のエース」との異名を持つ伊藤寿永光であった。伊藤と芸能プロダクション社長の2人はパーティー開催の数日前、東京・銀座の高級和食店で打ち合わせした際、こんな会話を交わしたという。
「小室は自分のコンサートの開演を30分遅らせて、顔を出してくれるらしい。これだけのメンバーを揃えて盛り上げるのですから、世間が注目して、株価も上がるでしょう」
「そうなってもらわんと、困るわな……」
 伊藤は珍しくあまり多くを語らなかったが、終始、上機嫌だったようである。
 こうした会話は、パーティーを開く本当の目的が、リキッド社の株価をつり上げるための一大デモンストレーションにあることをはっきりと示している。
 狙いは見事に的中し、新進のベンチャー企業ながらド派手なパフォーマンスや芸能界とのパイプの太さに関心を示した投資家たちは、一斉にリキッド社株を買いに走った。同社の株価は4日後には何と、1221万円の超高値を記録した。
 ところで、リキッド社とはいったい、どんな業務を行う企業なのか。社名から言えば、インターネットによる音楽配信システムの草分けとされる米国カリフォルニア州の企業、リキッドオーディオ・インクの日本法人を連想させるが、実は、全く違う。
 1998(平成10)年7月に設立、米国のリキッド社とライセンス契約を結び、一応、同社の音楽配信システムを日本で販売する業務を主たる設立目的としている。だが、設立から1年余経った99年12月段階での売上高(6か月分)はわずか約33万円にしか過ぎず、とても株式を公開するレベルに達しているとは思えなかった。
 ところが、会社のイメージからIT(情報技術)バブルの波に乗り、300万円という強気の公募価格も驚きだったが、その2倍以上の610万円という初値が付いたのだ。
 東京大学出身で学生時代から起業していたとはいえ、大神田は31歳3か月と上場企業で最年少社長だ。会社設立から1年5か月と実績がない赤字企業であっても、IT関連事業なら確実に儲かるというムードが株式市場に広まるのに、さほど時間は掛からなかった。ただ、こうした現象に関心を抱いたのは、一般投資家だけではなかった。
 前章で述べたように、バブル崩壊で大事な金づるを失うなどかなりのダメージを受けた闇の紳士たちが、新たな儲け話の匂いを嗅ぎつけ、挙って参入してきたのである。
 闇社会の面々はこの時、既に投資事業組合という組織の出資者となって、株式市場で荒稼ぎを始めていた。詳細な手口については、後述するライブドア事件の項に譲るが、彼らは第三者を間に挟んで投資事業組合を設立したり、別の組織が運営する投資事業組合に正体を隠して出資。それを受け皿にして、標的とする企業の転換社債を引き受け、素早く株式に転換する。その後で、株価上昇に繋がるような情報や企画を意図的にマスコミに流すなどして株価をつり上げたうえで、高値で売り抜けるIという手法を駆使していた。
 バブル崩壊で多額の負債を抱え、さらに捜査当局にマークされた彼らは、表立って資金稼ぎをするわけにはいかなくなった。そのため、匿名で出資できる投資事業組合に目をつけ、一般投資家になり済ます「変身の術」に打って出たのだ。


P189~
●錬金術3点セットの秘密
 投資事業組合に株式交換、株式分割の3点セットを駆使したライブドア流錬金術は、前述したように、野口が編み出したものであった。それにしてもなぜ、この方法を採れば、株価が急騰して、大金を得ることができるのか。
 まず、投資事業組合の匿名性を活用した点が、錬金術を成功させた最大の理由だろう。この事業組合は民法上、地域や職場のサークル活動の集まりや学校の同窓会と同じ「任意団体」に当たり、登録や届け出の義務はなく、出資者名や資産運用の実態を情報公開する必要もない。
 そんな曖昧な団体が株式市場に登場したのは、1996(平成8)年の金融ビッグバン宣言による影響と見られている。日本の企業はそれまで経営の安定化や乗っ取り防止策のため、同じ系列の企業同士やメインバンクと呼ばれる金融機関との間で株式を相互に持ち合ってきた。ところが、日本の企業がバブル崩壊後の不況から脱せられない原因が、この株式相互持ち合いの慣習に安住した独特の経営体質にあるとの批判が高まってきた。
 当時の政官界が盛んに「規制緩和だ」「構造改革だ」と声を上げ、旗を振っていたことも後押しし、株式持ち合いは一気に解消に向かったが、その際、金融機関が放出した大量の株式の受け皿となったのが、機関投資家らが結成した投資事業組合なのである。
 翌97年の独占禁止法改正で持株会社が解禁され、さらに米国の圧力を受けて、M&Aを円滑に行えるようにするための制度整備が進んだ。株主の利益や権利を最優先する米国流マネーゲーム型経済路線を選択することが、日本経済の復活に繋がるという考え方が蔓延し、事業組合がM&Aに利用されるようになった。修羅への道の第一歩である。
 その先兵となったのがIT起業家を中心とするベンチャー企業であり、ITバブル崩壊で彼らの大半が表舞台から姿を消すと、機関投資家らはM&Aを専門とする投資ファンドなどに資金を提供するようになった。その際、資金提供者の正体がバレないように投資事業組合を利用したのである。何より、出資者を集めやすい利点がある。
 そうは言っても当初、事業組合をM&Aに利用したのは、ほとんどが外資系金融機関であり、「ハゲタカファンド」などと呼ばれて、すっかり有名になった海外に活動拠点を置く投資ファンドであった。彼らは英領のバージン諸島やケイマン諸島などタックスヘイブンに複数の投資事業組合を設立、ご肘させることで出資者を隠すように工夫した。
 野口はおそらく香港の外資系金融機関との交流を通じて、そうした手法を学び、活用したと見られるが、今や、闇の紳士たちの常套手段と化していると言えよう。
 次に株式交換によるM&Aだが、巨額な買収資金を必要としないことから欧米では主流となっており、これもライブドアがいち早く採用した方式と言っていいだろう。
 現金がなくても株式交換するだけで次々と買収できるし、投資事業組合を噛ませて株式交換で買収すると、同時に自社株を売り抜ける好機を得られ、二重の利得がある。
 3番目の株式分割とは、1株を細分化して株式発行数を増加させることを指す。
 本来なら高額紙幣の両替と一緒で、株式をいくら分割しても、企業価値に何ら変わりはないはずだ。それが株式を分割するだけで株価が高騰するのは、新たに発行される株券を印刷するのに約50日かかり、その間は新株を売買できないため、空売りが行われる。その際、100分の1の資金で買えるから株を大量に買い占めることで、株価は一気に上昇。分割率が大きいほど、需給のバランスが崩れ、株価は高騰するわけだ。大半のIT企業が活用したが、大型分割を錬金術として確立したのはライブドアである。
 堀江は1972(昭和47)年10月、福岡県八女市で生まれた。共働き夫婦の一人息子だが、家庭不和で孤独な少年時代を送り、約20キロ離れた進学校まで自転車通学していた。現役で東京大文学部に入学し、在学中の96年4月にホームページ制作会社オン・ザ・エッヂ(ライブドアの前身)を設立、2000年4月には東証マザーズに上場した。
 高校時代の先輩にソフトバンク社長の孫正義がいて、彼の若い頃からの活躍ぶりを目の当たりにしていた。また、孫の弟でガンホー・オンライン・エンターテイメント会長の孫泰蔵が同級生だったこともあって、常に孫正義を目標に生きてきたという。
 ITバブル崩壊などで再三にわたり経営危機を迎えながら、ほかのIT起業家のように破綻したり追放されずに済んだのは、優秀な役員に囲まれていたからであった。
 中でも商業高校卒で税理士の資格を取った苦労人の宮内亮治と、彼が国際証券(現・三菱UFJモルガン・スタンレー証券)からスカウトした敏腕証券マンの野口という2人がいなければ、前述した巧妙な資金調達システムは完成しなかったし、ライブドアの素早い上場もなければ、後の繁栄もあり得なかっただろう。
 野口は明治大学政経学部を卒業後、国際証券でベンチャー企業の上場支援を担当。宮内に誘われ移籍したオン・ザ・エッヂの上場を果たすと、その資金で投資会社キャピタリスタ(社名変更の末、現在は消滅)を設立し、代表取締役としてM&Aにのめり込んだ。
 彼は堀江と折り合いが悪く、02年にエイチ・エス証券に転じるが、その後もライブドアと繋がりを持ち、投資事業組合の設立や資金還流システムの構築を主導したのは、M&Aへの執着と、宮内との良好な関係が続いていたからに他ならない。
 その野口がライブドアに強制捜査が入った2日後の06年1月18日、六本木ヒルズから約1550キロも離れた沖縄の地で変死体として発見されたのである。
●沖縄のホテルで突然。切腹やした男
 その日午後2時半頃、那覇市の繁華街・国際通りに面したカプセルホテル3階の1室で野口は首や腹を切り裂かれて内臓がはみ出した状態でベッド上で発見された。救急車で近くの病院に搬送されたが、間もなく出血多量で死亡した。
 凶器の刃渡り11センチの包丁は血まみれのまま、野口の足元に放り出してあった。
 野口は当時、堀江の「懐刀」として数々の錬金術を編み出してきた頭脳と経験、ライブドアが集めた巨額なカネの行方を知る「金庫番」としての情報と人脈が注目され、ライブドア事件を解明する最大のキーマンと見られていた。
 しかし、沖縄県警は早々に自殺と断定し、遺体の司法解剖さえ行わずに、翌19日には現場にあった遺留品を遺族に返還するなど事実上、捜査を打ち切っている。










2015年4月13日月曜日

週末は函館で登山仲間と温泉

 土曜日、函館に行く。この日から函館美術館で始まった、<スサノヲの到来>を見るのが目的。
 この展覧会、昨年度の美術館連絡協議会大賞を受賞している。2月に東京に行ったとき、DIC川村記念美術館でやっていて、見に行こうかとも思ったのだけれども、函館に来ることがわかっていたのでこの日まで待っていたのである。





 猥褻レントゲン技師がまだ勤務している市立函館病院の立派な建物を遠望し、猥褻社員が処分されることもなく(セクハラ被害者の女性が怪死したというおぞましい事件)まだ勤務している北海道新聞函館支局の前を通り、猥褻教育大の北海道教育大函館分校とかニセパンを売っていたデパートとか、異常で狂った組織が跋扈する古い街・函館の、その美術館の駐車場に車を入れた。
 途中、バタ犬変態爺の日高晤郎と一緒になって自党の議員を中傷していた愚かな前田一男・自民党衆議院議員のポスターを至るところで見かけて、気分が悪くなった。
http://restfultime.blogspot.jp/2014/12/blog-post_28.html参照


 夜は登山仲間のNと、南茅部町(今は函館と合併している)にある温泉旅館に泊まる。

 翌日、北海道で唯一の国宝である中空土偶を展示している博物館を見学し、鹿部町でタラコを買い、森町でイカ飯を買い、アワビ詐欺の町八雲町では何も買わず(食材詐欺には遭いたくないので)、黒松内町道の駅でハムを買い、ニセコ町にある有島記念館を20数年ぶりに見学してから札幌に戻ってきた。



2015年4月10日金曜日

だってサイタマ

ソウルで県内高校生が集団万引き 副校長が謝罪「全員、自宅謹慎に」
埼玉新聞 4月10日(金)23時12分配信

ソウルで県内高校生が集団万引き 副校長が謝罪「全員、自宅謹慎に」

 県内の私立高校サッカー部員22人が遠征先のソウルで集団万引を起こした問題で、同校の男性副校長が10日、報道陣を前に謝罪し、6日から万引をした22人全員を自宅謹慎処分にしたと明らかにした。

 学校側によると、遠征は3月23~27日、韓国の高校生らと強化試合を行うため、4泊5日の日程で行われた。参加費は1人約9万5千円。遠征には生徒37人と監督、コーチら計41人が参加した。強化試合を終え、帰国当日午前の自由時間中に、参加した生徒のうち、当時2年生だった3年生22人が万引をした。

 生徒らは学校の聴き取りに対して「店の人がいない。他の生徒がやった。自分もできるだろうと思った」という趣旨の話をしているという。

 生徒らは4月、再びソウルに行った際、万引した商品42点を店側に返却して謝罪。商品代金として15万5千円を支払い、示談を進めているという。万引した物品数などが韓国の警察発表と食い違っていることについて、学校側は「分からない」としている。

 副校長は「これまでも厳しく指導してきたつもりだったが残念。世間をお騒がせし店の人にも大変申し訳ないことをした。今後、生徒の心に訴えていく指導をする」と話した。

▲:どうして副校長が会見なのだろう? この程度の事件では校長は出て来なくても良いと考えているのだろうか。このH高校、ウィキによるとこんなこともしているという。

<学園理念として響生ということばを制定している。この理念を前提に週に一度「響生の時間」という集会を催し、決められたテーマに沿って校長が話をするほか、外部から講師を招き講演会を開く。>

 校長が話をするという<響生>という理念は、生徒が外国で(しかもコリアで!)集団万引きしても校長はトンズラして事態が収まるまで消えているということを意味しているのだろうか。

日本の文化遺産の前で火で遊ぶコリアン 日本を憎む吉本興業芸人

2015.4.8 19:59 産経新聞

誰の仕業だ!? 世界遺産の金峯山寺もなぞの油被害

 世界遺産の二条城(京都市)や国宝の長谷寺本堂(奈良県桜井市)などで油のような液体がまかれた事件で、奈良県警は4月8日、世界遺産の金峯山寺(きんぶせんじ)の本堂(吉野町、国宝)など、3寺院で新たに同様の被害を確認したと発表した。県警は同一犯の可能性もあるとみて、文化財保護法違反などの容疑で調べている。
 県警によると、被害が見つかったのは金峯山寺と近くの東南院、橿原市の久米寺。金峯山寺は本堂外側の柱や堂内の木造蔵王権現立像(重文)など4カ所、東南院は多宝塔と護摩堂の縁側計2カ所、久米寺では本堂や金剛力士像など計10カ所に痕跡があった。
 金峯山寺は3日午前10時~8日午前9時半の間、久米寺は8日午前8時10分~午後4時までの犯行とみられる。東南院は6日正午ごろに発見したが、最後に確認した時期は不明という。
 県文化財保存課によると、金峯山寺は飛鳥時代に修験道の開祖、役小角(えんのおづぬ)が創建したとされる修験本宗の総本山。天正19(1591)年に建立の本堂は、高さ約28mの威容を誇る吉野山のシンボル的な大建築。木造蔵王権現立像は高さ約4.4mのヒノキ造りで、明治期の廃仏毀釈で吉野山にあった安禅寺から移されたとみられている。
 東南院は金峯山寺と同じ修験本宗の別格本山で、役行者の開基とされる。奈良県内ではこれまで、ほか5社寺で同様の被害が確認されており、県警で調べている。


http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4854867.htmlから

吉本興業のタレント。こんな連中の「芸」で、日本人は笑えるのだろうか・楽しいと思うのだろうか?




2015年4月9日木曜日

東スポのほうがコリアン毎日新聞よりマシ


 毎日新聞を整理していて、大笑いしてしまった。
 あの、パスポート返納事件の新潟のフリーカメラマン・杉本祐一が、コリアン毎日新聞では、真面目に(冗談ではなく)英雄として扱われているのである。
 どこまで狂った新聞紙面づくりをやっているのか、中の連中は自分たちの感覚異常に気付かないのだろう。
 あの、東スポ、の方が、まったくもってマトモである、毎日新聞よりは。

●パスポート返納売名?杉本祐一のキナ臭い素性


 中東の過激派「イスラム国」が北東部を支配するシリアでの取材を計画し、外務省から旅券の返納命令を受けて渡航断念を強いられた、 新潟市のフリーカメラマン・杉本祐一氏(58)が何やらキナ臭い。移動・報道の自由が制限されることは、民主主義ではあってはならないが、 渦中の人となった杉本氏には「単なる売名」と厳しい声も飛んでいる。いったいなぜ? 


杉本氏の旅券返納問題をめぐっては、元フジテレビのフリーアナウンサー長谷川豊氏(39)がネット上で「すでにネットでも多く言われている通り、この男性のした行為は…ただの売名行為であることが分かってきています」との見解を示している。 


「イスラム国」が湯川遥菜さん(42)と後藤健二さん(47)を殺害したこの時期、シリア行きを明らかにした杉本氏。 現地取材の意向が報じられた地元紙の記事を見た外務省関係者から、渡航自粛を求められた。 外務省は旅券法の邦人保護規定に基づき、同氏のパスポートを“押収”にかかり、これを拒むも、最後は返納を受け入れた。 


納得のいかない杉本氏は12日に日本外国特派員協会で記者会見を行う。令は渡航や言論の自由の侵害だ」として、取り消しを求める訴訟も検討しているという。近く行政不服審査法に基づき外相宛てに異議を申し立て、覆らなければ提訴に踏み切る方針のようだ。 


しかし、あるジャーナリストは「プロの戦場カメラマンなら、情報の漏えいを気にして、出国するまで目的地は口外しません。 

なぜ彼が事前にシリア行きをマスコミに明かしたのか、理解できません」と苦笑いを浮かべる。 

長谷川氏もネットで、自分なら「秘密裏にシリアに潜入を試みるでしょう」と疑問を呈した。 

旅券法の規定も「フリージャーナリストで知らないはずはありません」と断じる。 

この点について杉本氏は10日付本紙で、最初は全国紙の地方版の取材を受けたことを明かしている。 

「本当は静かに行って帰ってきたかったのですが、あくまで地方版だからと言われて話しました」。その後、地元紙にも登場した。 

一方で杉本氏の経歴にも「?」な部分がある。 2003年のイラク戦争中に首都バグダッドで「人間の盾」に参加するなど、数々の戦地を訪れてはいるものの、 複数の出版関係者いわく「戦場カメラマンとしては彼の名前は聞いたことがないですね」という。 


杉本氏は12年4月まで地元で民宿を経営。ネット上ではオーナー時代に掲載していたブログの内容が「ヤバすぎる」と話題になっている。 

07年5月にはブログで恋人を募集。「年齢は50歳(見た目は42~3歳に見られます)、最近の趣味はブログです(初心者です)」と自己紹介。 女性のタイプは「美人系で30歳~40歳位、中肉中背か少し痩せている方。明るい人」と書いている。 

07年8月には突如「ビンタ道場」をオープンしたと発表。悩める人に闘魂注入のビンタをするというシステムで、料金は出張ビンタが1回2000円、ご来店ビンタは1500円。対象は「子供を虐待しそうな親」から「職場でイラつくOL」「Tバックを露出して街を歩いてるタコ娘」「夫との性生活に満足してない妻」まで多岐にわたる。 


同年10月には赤い羽根共同募金への怒りがつづられている。「とりあえず300円寄付したが、納得がいかない。 僕のように年収60万(良い年でも、せいぜい90万)の人にも、300円だ!! 金権腐敗の政治屋も、税金を不正受領している経営者も、一律300円。 

30万から300億にしていいんじゃないか!!」 

渡航の是非は現在も議論が続いている。お笑い芸人のガリガリガリクソン(28)は自身のツイッターで、「台風の時に増水した川の様子見に行くなって親に習わんかったんかいな。自由と勝手は違うって先生に習わんかったんかいな」とコメント。案外これが的確だったりして…。 


2015年02月12日 07時00分 

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/365991/


 どうしてこんな人物をコリアン毎日新聞が紙面を大きく割いて英雄視しているのかというと、こんなことも関係しているのかもしれない、小沢済州島一郎支持者(関係者?)のようである。





メモ:記事に出てくる、毎日新聞の意に沿った連中
 梓沢和幸・弁護士 岩波書店から『報道被害』という新書を出している
 青井美帆・学習院大法科大学(憲法学) 常連
 綿井健陽・フリージャーナリスト
 野中章弘・アジアプレス代表

所ゆきよし 小西洋之





 新聞を整理していたら、先週金曜の毎日新聞が出てきた。
 政治風刺漫画と、片山さつきの記事が気になったので、毎日新聞のサイトから引用しておく。
 所ゆきよし、という毎日新聞の「お抱え漫画家(?)」。コリアン毎日新聞の意に沿った・注文に応じて漫画を描くのだろう。笑ってしまうのは、習近平@多数のウィグル族を虐殺した責任者といわれる残虐な男 が、まるで善人のように描写され、オバマ大統領と安倍首相が単純な阿呆として描かれていることである。こうして、コリアン毎日新聞は読者を洗脳しようとしているのだろう、漫画家も総動員で。
 漫画家なら解りやすいけれども、この新聞に出てくるクズ文化人たち(なんともやりきれないのは、倉本總@反日キリスト教徒 や加藤登紀子@9条婆さん が繰り返し繰り返し醜悪な顔を晒していることである)も、コリアン毎日新聞の意に沿った「意見」を述べる人間に限られているということ。
 共産党機関紙なら共産党賛美を最初のページから最後のページまでやっていても理解できるけれど、毎日新聞に載るのは最初から最後までコリアンの賛美と(倉本總や加藤登紀子のやっているような)日本の社会を貶し混乱に陥らせることを目的にした記事と漫画、だけである。だから、新聞の名称は内容にふさわしいように「コリアン毎日新聞」とすべきなのだが……。

日米が習政権に揺さぶり 中国が抱えるAIIB「低格付け」懸念
2015.04.08 zakzak
 中国が主導して設立するアジアインフラ投資銀行(AIIB)をめぐり、日本側が習近平政権に揺さぶりをかけている。将来的な加盟に含みを持たせつつも、米国と連携して不透明な運営方法の疑問点を徹底追及する方針だ。
 日中両政府は、経済・財政の課題や今後の協力関係を議論する日中財務対話を6月に再開することで合意。6月末までにAIIBの設立協定の合意を目指す中国だが、日米が不参加のままでは「低格付け」になる懸念を抱えており、一転して厳しい立場に追い込まれている。
 日本政府のAIIBへの対処方針では、日本が設立協定交渉に参加した場合、日本に不利な条件のまま交渉離脱が困難になるなどの懸念を指摘。その上で、具体的な対応として「米国との緊密な意思疎通」を前提に、中国に対しては、将来的な参加の可能性を完全には排除しないことを示唆しながら、日本側が求める国際基準の確保を求めていく方針だ。
 日本が参加した場合の出資金負担は最大約15億ドル(約1800億円)を想定する。中国に次ぐ出資額となるが、融資に理事会が関与できるかどうかも分からないなど運営が不透明な現状では「相応の負担といえない」と慎重な見方を崩していない。
 AIIBの設立協定交渉には、英国やドイツなど50超の国・地域が参加の見通し。「中国の外交的勝利」との短絡的な見方もあるが、実際には「日米の参加なしでは、(資金調達のために発行する債券の格付けが)トリプルAを取得するのは難しく、資金調達コストが高くなる」(嘉悦大教授の高橋洋一氏)という欠陥を抱える。
 政府は今後、先進7カ国(G7)とも協調しながら情報収集に努め、「参加条件を話し合う最後のタイミング」とされる6月の日中財務対話での結果も踏まえ、安倍晋三首相が参加の是非を慎重に判断する。

▲:腐敗官僚による海外への不正資金の流れが数百兆円ぶんにもなるような中国が主導して国際的投資銀行を運営する、なんて、悪い冗談以外のものではないというのに。


涙まじりに謝罪 遅刻問題、誠意問われ
毎日新聞東京朝刊 2015年04月03日
 2日の参院外交防衛委員会で、片山さつき委員長(自民)が自らの遅刻についてメモを見ながら謝罪したが、野党議員から誠意をただされ、一転して涙ぐみ反省の言葉を繰り返す場面があった。
 片山氏は先月30日の同委理事懇談会に遅刻し、野党の抗議で開催が見送られた。片山氏は委員会で「2月12日に引き続き遅刻し、審議を滞らせた」などと早口で陳謝。小西洋之氏(民主)が「書いてあるものを読み上げている」と指摘した。

 これを受けた片山氏は、昨年夏、誤った情報に基づき民主党をネット上で批判したことを念頭に「この半年、二度とこういうことがないように注意したが、(理事懇に)間に合わず、本当に申し訳ない」などと涙まじりに謝罪した。【佐藤慶】

▲:片山さつき、バカじゃないのか。委員長が再三遅刻するなんて、とっくに委員長を辞任すべきだろう。こんなことで、小西洋之のような、コリアン暴力団労組政党のクズに突っ込まれるとは、情けないとしかいいようがない。小西はコリアンNHKの内部腐敗分子と密接に協力して、これからも日本社会を混乱させようと努力してゆくのだろう。

ウィキより小西洋之の項目から引用
政策・主張[編集]
日本放送協会[編集]
NHK会長及び経営委員人事
2014年2月1日、自身のツイッターアカウントで「私の知り合いのNHK職員の方々(記者、番組制作)から、NHK籾井(勝人)会長を何とかして欲しいとの声が寄せられています。昨年の安倍総理の放送法違反の経営委員会委員の任命からこの異常な事態が生じていますが、NHKの経営の自律を守りつつ、国会議員として全力を尽くします」と記した[3]。
NHK経営委員の交代を要求
2014年3月12日、参議院予算委員会の質疑において、日本国憲法を批判していたNHK経営委員の長谷川三千子について「こういう方がこの世にいるのかと驚いた」「NHK経営委員として適格ではない」と批判した。それに対し、安倍晋三首相は「居丈高にならず落ち着いて聞いてほしい」「自分と考え方の違う人の存在を許さないという狭量な考え方は、極めて危険と言わざるを得ない」と答弁した[4]。
また上記の質疑において、安倍政権下で任命された経営委員の顔ぶれについて、戦後初めて経営委員会に東北地方の代表者がおらず、全国各地方の公平性の考慮を規定している放送法に違反するとして長谷川三千子、百田尚樹両経営委員の罷免を要求した[5]。これに対し、百田は自身のツイッターアカウントで「まあ、いろいろ理屈を付けるものだと感心する。ちなみに私が辞めたら関西代表の委員はいなくなる」「わざわざ指摘するほどのことでもないが、現在のNHK経営委員には、四国、中国、北陸、中部、東海の代表もいない」と反論した。
日本国憲法[編集]
参議院予算委員会における安倍首相への質疑
2013年3月29日、参議院予算委員会において安倍晋三首相に対し、日本国憲法の中で最も大切な条文を挙げるよう切り出し、「包括的な人権保障、包括的な人権規定と言われる条文は何条ですか」と質問した。答弁に立った安倍から「クイズのような質問は生産的ではない」「そういう子供っぽいことはやめて」とたしなめられたが[6][7]、小西は「私は知っています。今総理が答えられなかったことは、大学で憲法学を学ぶ学生が1学期でみんな知っていることですよ」「憲法13条が分からないというのは、これは驚愕の事実ですよ、総理。あきれます」と反論した[6]。
また自由民主党が発表している憲法改正草案について「目的、内容で憲法十三条を公益及び公の秩序と変えるのか」と質問し、参考人質疑における参考人の説明の中で名前の出た芦部信喜に関し、安倍に「今述べられました芦部信喜さんという憲法学者、ご存知ですか」と尋ねた。安倍の「私は存じ上げておりません」という答弁に対し、「では、タカハシカズヒロ(会議録では高橋和之)さん、あるいは佐藤幸治さんという憲法学者はご存知ですか」と重ねて質問したが、安倍は「申し訳ありません、私は余り、憲法学の権威ではございませんので、学生であったこともございませんので、存じ上げておりません」と答弁した[6][8]。安倍の答弁に対し、「憲法学を勉強もされない方が憲法改正を唱えるというのは私には信じられないことなんですけれども。今私が聞いた3人は、憲法を学ぶ学生だったら誰でも知っている日本の戦後の憲法の通説的な学者です」と述べ、安倍の認識不足を批判した[6]。
同日の質疑において、参考人に対し「大日本帝国憲法で信教の自由を制限した条文、憲法28条ですけれども、それを読み上げていただけますでしょうか」と発言した際、委員会内で発言する者があり、石井一予算委員長は一旦速記を止めさせ、再開後に小西に対し「ただ、あなたの発言は自由でありますから、できるだけ簡潔に今日の委員会の趣旨に合わせて質問をしていただきたいと存じます」と要請した[6]。
2015年3月20日の参議院予算委員会において、集団的自衛権の行使を容認する2014年7月の憲法解釈変更の閣議決定について、「安倍晋三首相が行ったことは法令解釈ではない。日本の法秩序を根底から覆すクーデターだ」「憲法を何も分からない首相とそれを支える外務官僚を中心とした狂信的な官僚集団」と発言した。直後に岸宏一予算委員長から「発言中に不適切な言質があるとの指摘があった。十分気をつけて発言をお願いしたい」と注意を受け、「日本の法の支配を思うあまり不適切な発言があったらおわびしたい」と述べた[9]が、「不適切な発言があったらおわびしたい」と謝罪したと報じた産経新聞の21日付の記事について「謝罪はしていない」「『後日の議事録の調査で不適切発言が確認されたのならおわびする』と述べただけ」と釈明した[10]。
集団的自衛権行使容認を巡るオバマ大統領への書簡
集団的自衛権の行使容認は憲法違反であるとして反対しており、2014年のアメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領の来日を前に、大統領宛に行使容認を支持しないよう要請する書簡を有志議員らとともに提出した[11]。
憲法9条にノーベル平和賞を
2014年5月22日、与野党7党及び無所属の国会議員計60名によって提出された、駐日ノルウェー大使館を通じてノーベル賞委員会に対し、日本国憲法第9条にノーベル平和賞を授与するよう求める文書に名前を連ねた[12]。
人物[編集]
Twitterにおける自身のツイート削除
2010年11月2日、自身のツイッターアカウントで「千葉市で民主党支援団体の幹部の方々との有り難い会食の後、明日の早朝会議(党の成長戦略・規制改革PTで主査・事務局長を務めることになりました)に備え会館に終電で戻りました。昨日の発熱から一転、日本酒を飲み倒せる身体に生んでくれた両親に感謝しつつ(^^;自転車漕いで帰ります♪(原文ママ)」[13]と書き込んだ。このツイートに対し、他ユーザーから疑問の声が寄せられ、そのツイートを2014年3月19日に削除した。これに関し、同日の参議院予算委員会で小西から批判を受けていたNHK経営委員の百田尚樹は、「『削除して証拠を消そう』という精神が貧しいし、悲しいね。男じゃない」「民主党の議員たちは、国会で、NHKの籾井会長に対して、『一度口にした言葉は取り消せない』などと厳しく責め立てていたが、小西ひろゆき議員の『飲酒運転(自白)ツイート』に対しては、どう対処するのだろうか。削除したら、なかったことになるのかな」「気に入らない質問をしてきた一般人を『法的手段に訴える』と執拗に恫喝したり、自らの犯罪行為のツイートを削除して、なかったことにしてしまう国会議員は、『人間のクズ』だ」と批判した[14]。
百田の批判に対し、小西は、百田のツイートは放送法第36条の総理による経営委員の罷免要件「経営委員たるに適さない非行」、放送法第62条にもとづきNHKが定めている服務の準則(内規)の信用失墜行為等、放送法第36条の罷免要件「職務上の義務違反」に該当すると反論した[15]。小西の反論に対し、百田は「民主党の小西議員が、私に「人間のクズ」と言われたと怒っているらしいが、私は個人名を挙げていない」と説明[15]。夕刊フジの自身のコラム(3月25日付)に、「某国会議員 一般人からのツイート閉鎖騒動」を寄稿した。

▲:コリアンNHKにとっては、今の会長は目の上のタンコブ。これまでの労組・コリアンの言いなりになっていた会長とは違うので、なんとかして一刻も早く追い出したい。それに協力しているのが、この小西洋之という千葉のクズ。





日展の死臭老人画家の群れ

 そういえば大阪市立美術館で日展を見たときのこと。
 ロビーで、<新生日展>の、ちゃんとした<選考風景>というのをビデオで流していた。金まみれの<書>の選考とは異なり、油絵はこうして委員が見て選んでいるという証拠のつもりらしかったのだが……。

 確か、3段の雛壇。それぞれ3人か4人の老人が腰かけている。前列の一人は杖を床について手を置いているようだった。
 もう、棺桶に片足を突っ込んでいるような疲れた老人たち。どれも渋茶を飲んだような、「もう人生に疲れ果てた」という夢も希望もない顔をしている。来年にはその半数が両足を棺桶に突っ込んでいても不思議ではないような、既に死臭を放っているような「老人画家」ばかり。そんなのが、10人前後、雛壇に坐っている。
 そこに、若い男が、応募作を2人がかりで持ってくる。100号の大作だから、重いので、2人がかりでやっと、死臭老人画家たちの前まで持ってくる。
 すると老醜画家たちの何人かが、さっと手を挙げる。中には1、2秒しか見ないで手を挙げるもの、あるいは視線をあらぬ方に向けながら手だけ挙げるものもいる。これも若い男が老人画家の前に立っていて、挙がった手の本数を数える。選考はその数秒。数秒後には、別の若い2人の男が別の作品を抱えて持ってくる。そんなことが次々に繰り返される。
 当然だろう、1000点以上の作品の応募があり、700点以上の入選作を決めるというのだから、ほんの数秒、死臭老人画家たちが目にしただけで手を挙げたり挙げなかったりを即座に点数化して入選を決めでもしなければ、「消化できない」。
 この、夢も希望も、恐らく絵画への情熱も全く失せた死臭老人画家たちが、日展という「権威だけのアホ展覧会」の入選作を決めている。
 道理で、国際的にも恥ずかしい暇潰しのゴミ絵ばかりが、日展に展示されているわけである。
 座って腕を上げる、それさえも大儀そうに見える。総入れ歯の具合が悪いのか渋面をつくり、前立腺肥大で座っていると尻が痛いのか不満げに口を歪めている。絵に対する愛情もへったくれもないという強い意志がそれらの老人たちの様子からは確かに伝わってきていた。

 福田千惠とか藤森兼明とか中山忠彦とかがいなくならない限り、日展は世界に恥を晒す日本の年中行事ということになるのだろう。
 上の3人が消えたとしても、また同じような連中が同じ愚行を続け、それは世の終わりまで続くのかもしれない。


ホキ美術館 と 日展 に贈るヒトコト
< どんなに立派なギャラリーに飾ってみても ゴミはゴミ >



AKB 加藤陽子


 北一輝は、素晴らしい一軒家に住み、黒塗りの車を乗り回していた。
 その金を出していたのは三井だと言われている。
 もっとも、先鋭化した北一輝に「付き合いきれなくなった」三井は、その後、「脅されていたから金を出した」と弁明している。
 現代の、財界官界学界複合体にあれこれ間接的に支援されている「御雇(おやとい)学者」が加藤陽子。
 この女が著した「それでも日本人は戦争を選んだ」を読むと、このクズ学者の「歴史観」には唖然とさせられる。日本人は財界の手下である、右翼・暴力団・官憲・官僚・大日本帝国という社会システムに「脅かされて」戦争に仕向けられた。被害者である日本人を断罪し、財界に擦り寄る、このクズ女学者がマトモな学者だと思われている狂った社会、それが日本という国である。
 そして大事なことは、戦前のその「国民を恫喝して・バカな御用学者をマスコミに溢れさせて」財界の思い通りに国民を踊らせるというシステムが、今の日本でも続いているということ。
 そのシステムのために働く醜悪な「歴史家」が、AKB加藤陽子である。

AKB : academic kuso baba-a (アカデミック・糞・婆)



2015年4月8日水曜日

伊藤園の添加物野菜ジュース セクハラサッポロ


 ストックしていた野菜ジュースがそろそろなくなってきたので、いつものように東光ストア豊平店に行く。ところが、いつも買っていた伊藤園の充実野菜(写真右端)が、ない。カルシウム充実野菜という、カルシウムや発酵乳を「添加した」、得体の知れない「野菜ジュース」を伊藤園は売り出すようになってしまった。
 以前、フランスで分子生物学をやっている日本人(慶応医学部卒・奥さんはフランス人)と話をしたことがある。彼は研究のために一時期アメリカに住んでいたことがあったのだけれども、牛乳にいろんな添加物を加えているのを知り、「あんなのは牛乳じゃない」と思ったと話していたのを思い出した。あんな「牛乳」を飲むアメリカ人は異常だとも話していたと記憶する。もうすっかり、考え方は「フランス人」になっているようだった。医学部を卒業したあと、一度も医者をやらずにフランスに渡り、ずっと研究者を・癌の分子生物学をやっている人物だった。
 アメリカに行ったとき、私もあの1ガロン入りの牛乳の表示を見たけれども、ビタミンとか何かゴチャゴチャと、いろいろな化学物質を「添加」していたのを思い出す。伊藤園のこの「野菜ジュース」は、まるで「アメリカの牛乳」。どうして絞った野菜ジュースと最低限の保存料だけで販売しないのか……カルシウムやヨーグルトを入れたほうが日本人に好まれているのだろうか?
 新しい、添加物入りの伊藤園の野菜ジュースは、東光ストア豊平店では税込221円。昔の、妙な添加物を加えないジュースがあるかもしれないと思い、ここでは買わなかった。
 デルモンテ(キッコーマン)の野菜ジュースが167円と、とても安かったので初めて、何本か買ってみた。
 カゴメは……もともとこの会社の野菜ジュースは中国産野菜を使っているので買わないけれども、930グラムボトルを捨てて、殆ど全ての製品で720グラムのスリムボトル、という名の、内容量を2割以上減らした「利益追求ボトル」を使っている。グラスに2杯でなくなってしまうような「ボトル資源の無駄使い」をやっているカゴメは、本当にダメな会社だと思う。

 ダイエー東札幌店に行く。
 やはりここでも、昔の伊藤園のジュースはなく、カルシウム・発酵乳などを添加した「新製品」しか置いてなかったのだけれども、その価格は税込みで、203円だった。
 やれやれ、同じ伊藤園の新製品が、
東光ストア豊平店では、221円
ダイエー東札幌店では、203円
 1本20円近くの差がある。

 小岩井(キリン)の野菜ジュースも、ダイエーで1本203円だった。

 先日、コンビニで見つけたビール、だと思っていた飲み物。サッポロビールが販売しているホワイトベルグ、という製品。ベルギー産麦芽云々と表示しているので、てっきりビールだと思い飲んでみたのだけれども、なんとも表現のしようのない甘ったるい気味の悪い飲み物。飲んでしまってから、胸が悪くなった。「本商品はビールではありません」と、小さく印刷されていた。しかし、缶の見た目はまるで「ベルギービール」。
 何か騙されたような気分。ともかく、この「発泡酒」は胸が悪くなるので二度と買わないこと。
 尾賀真城社長、セクハラタレントを使ったりビールもどき商品を売ったりと、やっていることがおかしいと思います、と一人呟く。


PS 伊藤園のカルシウム・ヨーグルト添加野菜ジュースの味。
 カルシウムを溶かしたヨーグルトを飲んでいるような、そのものの味。バナナの後味も消え、むろん野菜の味も殆どない。これまで充実野菜を2日に1本ほどの割で飲んできたけれども、もちろん、このカルシウム・ヨーグルト添加伊藤園野菜ジュースは、二度と買いはしない。
 きっと緻密なマーケティング調査の末に生まれた新商品なのだろうけれども、私とは縁が無かったということなのだろう。
 これから、いろいろな野菜ジュースを試してみて、「後継野菜ジュース」を決めることにした。
 とはいえ、中国産野菜を使って・小さな容器を使っているカゴメジュース(カマトト反日小百合がコマーシャルもしていたけれど)は、買わない。





コリアンのためにウソを書いていれば安泰


 コリアンのためにウソを書いていれば、毎日新聞では安泰。定年後はどこかの教授に「天下り」できるんだろうな、布施広。革マル岩見隆夫が死んで少しはマトモになるかと思ってみても、岩見礼賛の布施が相も変わらずコリアンマンセーを叫んでいるのだから、毎日新聞の反日姿勢には変わりなく、コリアンサッカー選手が顔面踏みつけにした事件も(同じく今日の紙面)小さな小さなベタ記事。このダデンも関わったNHK人民法廷天皇裁判番組がどういったものだったか・どれほど北朝鮮の工作員が関係していたのかも、布施広は今後も触れるつもりはないのだろう。

布施広の地球議:脅される米国教授
毎日新聞 2015年04月08日 東京朝刊
 本欄に何度か登場いただいた米コネティカット大のアレクシス・ダデン教授のもとには最近、脅しのメールが舞い込むという。辛口の批評をする「反日」「日本たたき」の論客とのイメージが広がったのか。最近は週刊誌なども彼女の発言を物珍しげに取り上げるようになった。
 だが、女性研究者への脅しなんて特に卑劣だ。異論があれば正々堂々と反論すればいい。安倍晋三首相の訪米を前に、歴史問題をめぐるテンションが上がっているのか。韓国人によるリッパート駐韓米大使襲撃事件も、国際的に殺伐たる空気をかもしているのかもしれない。
 2月28日の本欄で紹介したように、ダデンさんら19人の米学者は「日本の歴史学者たちと連帯する」との声明を出した。米国の高校教科書の慰安婦関連の記述がひどいとして、外務省は版元の米マグロウヒル社や執筆者らに働きかけた。ダデンさんらはこれを問題視したのだ。
 だが、日本は連帯より対立ムードだ。現代史家の秦郁彦さんと大沼保昭・明治大特任教授(元アジア女性基金理事)は3月17日、日本外国特派員協会で記者会見を開き、慰安婦をめぐる誤解や報道の問題点などを指摘、19人の識者の連名で教科書修正を求める勧告文を発表した。
 会見で秦さんは、慰安婦は歴史的に特別な存在ではないと説明した上で、同教科書の「慰安婦は天皇から部隊への贈り物」という記述は「あまりに非礼」だと述べ、日本軍が慰安所を隠そうと「多数の慰安婦を虐殺した」との記述には「そんな事実があれば東京裁判などで裁かれていたはずだ」と、根拠のない主張であることを強調した。
 確かに、天皇の「贈り物」を大量に「虐殺」するとは考えにくい。
 ダデンさんにメールで意見を求めると、概略次のように反論してきた。秦氏はこちらに接触することなく記者会見を開き、米国の歴史学者は無知だといいたげな文書を公開して物事を政治的にした。外務省は秦氏が慰安婦問題で信頼すべき情報源の一人と外国人記者に紹介しているが、秦氏に同調しない学者たちの名前も発表すべきだ。国家の支援によるシステムの中で、恐るべき人権侵害(慰安婦問題)が起きたことは否定できず矮小(わいしょう)化もできない−−。
 ダデンさんは、「反日」と言われるのを恐れて歴史研究が萎縮する可能性にも言及した。同感である。が、日本の研究の自由も尊重すべきだし、慰安婦問題をめぐる政治性を言うなら韓国の方が格段に政治的だろう。
 最近の学生は「特ア」という言葉を使う。特定アジア諸国の略で、韓国、中国、北朝鮮のことだ。この3国は歴史問題などをテコに日本をおとしめる戦略だから何を言ってもムダ。そう考える学生が増えているなら、残念だし、痛ましいことだ。
 歴史を語るのに、大声も脅しも暴力も、政治工作もいらない。若者が自由に議論に参加できる国際環境が必要だと思う。(専門編集委員)

▲:コリアンに脅されたり・拉致されたり・殺されたり・文化財に小便を掛けられたり仏像を盗まれたり・猿だオラウータンだと言われたりしているのは、日本人の方である、ことには一切布施広は注意が行かないらしい。それこそ、コリアンのための毎日新聞の記者の誇るべき魂なのだろう。





2015年4月7日火曜日

チョッパリ相手に適当にやっていれば豪勢な暮らし


 さっきテレビを付けてチャンネルサーフィンをしていたら、日本テレビの番組で、内田裕也と樹木希林の豪邸を紹介するという番組をやっていた。石塚英彦らがリポーター。
 要するに、チョッパリ相手に下手な演技をやっていれば、こうした豪邸に住めるほど稼げる、ということを日本人に伝えたかった番組なのだろう。
 暴力団密接交際者にして卑劣なストーカーの内田裕也でも、のうのうと何のお咎めもなしに生きてゆける素敵な日本人社会。……というか、サルたちの(@岩城滉一)日本人社会の住み心地の良さを、宣伝する番組。
 提供は、コリアン花王、と、ジャックスとソフトバンクとイオン、というのだから……。


病院関連 コリアン製ルーター ビュッフェ



 年休を取ろうとして、医局の机の上にあるパソコンから年休申請サイトにアクセスしようとしたら、
「認証期間が過ぎているため使用不可能」
という表示が出ている。
 新たに認証期間の延長をしようとしたら、途中でパソコンがフリーズ。
 仕方なく、事務の女性職員のところに行き、事務の方に年休を申請した。何のために年休申請サイトがあるのか、これでは大昔と変わりない、ネット時代前の状態。

 今こうしてブログを打っている間にも、ここまでで、数回、ルーターの電源が落ちた。
 ドコモで渡されたこのコリアン製ルーター、以前から電源が落ちることがよくあったけれども、たった数分の間に数回も落ちてしまうとは、使い物にならない。

 病院からの帰り、ホテルニューオータニ札幌に行く。そこのレストランで夕食を取り、久しぶりにビュッフェの大作でも鑑賞しようかと思ったのだ。時々、この絵が見たくなる、5メーター×2・5メーターほどの、鶴5羽を描いた油彩。俗な私がときどき考えることは、この絵は何千万くらいの価値になるのだろうか、軽く1億は超えるのだろうか、などということだけど、残念ながら、レストランは改装中で中には入ることができなかった。しかし、入口から中の様子を窺うことはできて、絵も少し斜めからではあるけれども十分に見ることができた。
 2階へ続く踊り場にある、2メーター×1・5メーターほどの、2羽の鶴を描いた作品はゆっくり鑑賞。今回初めて、2階から3階に続く階段の踊り場にシャガールのリトグラフを飾っていることを知る。結婚式の情景だけれども、「華がない」。シャガールは結婚式を描いた作品を数多く生んでいるけれども、ここにあるものは傑作とはいいがたい。
 そういえば、先日、神戸でチューリヒ美術館展を見てきたけれども、そこに出されていたシャガールの戦争を描いた3メートル四方ほどの大作は素晴らしかった。あの稚拙ともいえる描写方法が、却って戦争の残虐さや悲惨さを人にじっくりと伝えることに成功していた。「写実的に描かれていたとしたら」、人は目をそむけたくなるかもしれないけれども、子供の絵のように・子供の視点で描かれたようなあの戦争の絵は、人の目を引き付けて釘付けにする。
 でも、一般に好まれているシャガールのおめでたい空中を抱き合って飛ぶカップルの構図は、半分溶けた砂糖菓子のようで、私の趣味ではない。

 ビュッフェは年老いてから、病気を苦にして自殺した。パーキンソン病、71歳で死亡。
 彼は多くのピエロの絵を描いた。それを見ると、彼が鬱病であったことが、なんとなく推測できる。彼の絵は、哀しい、のである。いわば「短調の絵」、とでも呼ぶべきか。
 短調の音楽を聴いて、人が慰められるように、ビュッフェの絵を見ていると、「生きることは哀しいことだ」という旋律が聞こえてくる。しかし、それで逆に生きる力を与えられる、という不思議な結果を得ることがある。
 それが、絵画によるTherapyというものなのだろう。
 で、ときどき、無性にビュッフェの絵を見たくなるけれども、静岡まで簡単に行くことはできないので、ニューオータニのレストランに、年に一度か、二年に一度行くのである。





バター難民 同じ商品が148円と125円

 昨日の夜、バターがなくなっていることに気付いて、南郷13丁目の東光ストアに行く。すると、普通に買う200グラムのバター(昔は225グラムの半ポンドだった)は一つもなく、そのまた半分の100グラムくらいの棒状のものしかない。割高である。ともかくバターが無いのである。
 仕方なく、そこから何キロか離れたスーパーアークス月寒東店に車を走らせる。
 ここには豊富にバターがあった。雪印200グラムバター、税込448円。昔はずっと安かったと思うけど、値段は思い出せない。
 それよりも、東光ストアもスーパーアークスも同じ系列のスーパーなのだけれども(ポイントカードは共通)、東光ストアではまるちゃんの例のカップ麺シリーズが(赤いきつねとか緑のたぬきとか)、
<お買い得・148円(税抜)>
 で山積みされていて、同じその商品がスーパーアークスでは125円(税抜)で山積みされていた。
 全く同じ商品、そして同じ系列のスーパーでも、ここまで値段が違うことに驚かされた。


日本テレビワイドショーのコリアン支配 三木正浩

http://kawagushishimin.blog.so-net.ne.jp/2015-04-02-1
ABCマート創業者の三木正浩の国籍について

靴販売会社ABCマート創業者の三木正浩氏の経歴などを調べてみた。

というのも三木正浩氏が日本テレビの上重アナのマンションの購入代金を支払ったとして、やや遵法に欠けることをしたからである。

三木正浩氏(本名:姜正浩)は1955年生まれの60歳。
出身は三重県の伊勢市だ。
小学校・中学校:三重県四日市市の朝鮮初級中級学校
高校:愛知朝鮮高校(のちに名古屋市立淳栄高等学校に転校)
大学:東邦学園短期大学

つまり三木正浩氏は在日韓国人だという。

ちなみにABCマートの社長を務めていた金城氏も在日韓国人だ。
(以下略)

▲:ワイドショーのコメンテーターを決めるのは……、コメンテーターだけではなく、1億7千万のマンションを貰っていた(? 返済しているという話はないようだが?)アナウンサーとか、そこの出演者を決めているのは、実はスポンサーだということ。
 なるほど、コリアン系かもしれない大沢あかね(無意味なことしか喋らない)や、コリアンラブの香山リカ@中塚尚子 や、パチンコ営業で稼いでいるテリー伊藤といった、コリアンマンセーコメンテーターばかりが画面に登場してくる理由はここにあったわけである。で、今度はアナウンサーも、在日コリアンに1億7千万とか、2000万するベントレーとか……それでも日本テレビは居直っているのだから、いかにスポンサーのカネの力がテレビ局を支配しているか推して知るべし。
 コメンテーターやアナウンサーといった登場人物だけではなく、ワイドショーの内容にも、当然スポンサーが口を挟む。道理で、ワイドショーが「コリアンマンセー」になっているわけである。

 パチンコや焼き肉や靴を売って巨万の富を得たコリアンたちが(芸能界というのもコリアンにとっては資金源だけれども)、カネの力でテレビや新聞を支配し、日本人の意見などどこにもみられず、日本人のふりをしたコリアンたちが「日本の世論を形成」している。





2015年4月6日月曜日

コリアンテロ(拉致) 顔面踏みつけサッカー

サザンが歌った「拉致問題」 有田議員が絶賛した理由
2015/4/ 6 18:16 JCAST
 人気バンド「サザンオールスターズ」の新アルバムに、北朝鮮による日本人拉致問題を取り上げた曲が盛り込まれた。

   歌詞には、拉致被害者の横田めぐみさんを思わせる名が登場。一部内容の解釈を巡って、インターネット上はでちょっとした議論にもなっている。
有田芳生氏「いまの外交の問題点まで表現している」

   サザンオールスターズが2015年3月31日にリリースしたアルバム「葡萄」は、前作から10年ぶりの新作となる。この期間に、東日本大震災や2020年の東京五輪招致決定といった歴史的にも大きな出来事が起き、リーダーの桑田佳祐さん自身は食道がんで闘病生活を余儀なくされた。アルバム中の楽曲の中には、従来とは違った「味付け」がみられるようだ。

   そのひとつが、「Missing Persons」というタイトルの曲。北朝鮮による拉致問題を歌っている。4月3日付読売新聞電子版に掲載されたインタビュー記事で、桑田さんは、その意図について「僕の中に問題意識として潜んでいたものが、音楽に導かれて歌詞になった。僕一人じゃなくて、みんなで共有するべき問題だと思った」と語っていた。

   歌詞は、拉致被害者の帰国に関する日朝間の外交交渉が題材として扱われている。日本側は焦ってもなめられてもいけない、必ず大切な人を取り戻すんだ――こうしたメッセージ内容が見て取れる。最後は英語のフレーズの中に「めぐみ」という人名が入っている。この問題に関心がある人なら誰しも、いまだに帰国がかなわない横田めぐみさんを想起するだろう。

   参院議員の有田芳生氏が、ツイッターでこの曲に言及した。4月3日に「桑田佳祐さんが新アルバム『葡萄』で横田めぐみさんを歌っている。『Missing Persons』」と紹介し歌詞を一部引用したうえで、「いま横田夫妻に知らせた」と投稿した。さらに翌4日にツイートでは、「その歌詞がすごいのは、拉致被害者の思いに寄り添っているだけでなく、北朝鮮側の担当者が命がけであることへも想像力が届いていることだ。いまの外交の問題点まで表現している」と絶賛した。

   確かに、「北朝鮮の担当者」と明確には書かれていないものの、交渉相手の方が厳しい状況に置かれており必死だと意味する内容がある。北朝鮮に関するこうした解釈には、「誘拐犯一味を、ほめてるの?」という批判がツイッター上では見られる。一方で、「批判を覚悟でこの歌詞かいた桑田さん、かっこいい」と評価する声もあった。

最近は歌詞、パフォーマンスで批判受けることも

   長年にわたって日本の音楽シーンをリードしてきたサザン、そして桑田さんだが最近は、歌詞の内容やパフォーマンスで話題になることが増えている。2014年12月31日放送のNHK紅白歌合戦では、ちょびヒゲ姿で登場し「ピースとハイライト」を歌った。ちょびヒゲについては、アドルフ・ヒトラーをまねて安倍政権をやゆしているのではないか、さらに「ピースとハイライト」の一部歌詞が日本政府を批判しているといった指摘が、インターネット上で出た。

   桑田さんはラジオ番組で、ちょびヒゲは「笑いを取りたい」という動機に過ぎずヒトラーのつもりは全くないと説明。「ピースとハイライト」がネットで騒がれている点は「それこそが都合のいい解釈」と断言し、二度と戦争が起きないようにと平和を願う曲だと強調した。

   その安倍首相、実は昭恵夫人と昨年末にサザンのコンサートに足を運んでいる。この時桑田さんは演奏中、「衆院解散なんてむちゃを言う」という実際の歌詞にはない一説を歌う場面があったそうだ。ただ首相はコンサートを楽しんだと語ったと、2014年12月28日付産経ニュースが報じている。

   先述の読売新聞のインタビューで桑田さんは、「一部だけ切り取られて、まったく別の意味に受け取られるのは残念だなと。希望とか友好とか、前向きな思いが聴き手に残ってほしい」と語っている。「Missing Person」に桑田さんが込めたメッセージは、曲を耳にした人たちにうまく伝わるだろうか。

▲:コリアンラブの桑田がコリアンテロを矮小化。北朝鮮も命がけ? 命がけで日本人を拉致して殺しているということなのか?



「人として許される行為ではない」 キム選手「顔面踏みつけ」に非難殺到
2015/4/ 6 18:40  JCAST
   サッカー・Jリーグで、サガン鳥栖のDFキム・ミンヒョク選手(23)が試合中に相手選手の顔を踏むラフプレーをして、ネット上で非難の声が相次いでいる。鳥栖では、キム選手に事情を聴いており、一両日中にも調査結果を明らかにするとしている。

   鹿島アントラーズのMF金崎夢生(むう)選手(26)が、サイドをドリブル突破しようとしたときだ。

なでしこ大儀見もツイッターで参戦

   キム・ミンヒョク選手は、執拗に幅寄せし、金崎選手が倒れると、左足でその顔を踏んだ。キム選手はさらにプレーを続けようとして...。

   このシーンは、6秒動画サイト「Vine」に投稿され、ツイッターなどで広まっている。

   ラフプレーが出たのは、2015年4月3日に茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで行われた鹿島対鳥栖戦で、キム選手はこのプレーでイエローカードを切られた。金崎選手に、大きなケガはなかったようだ。試合では、金崎選手が同点ゴールを決めており、鹿島が3対1の逆転で鳥栖を下した。

   動画のシーンが出回ると、ネット上では、キム選手に対して、厳しい批判の声が上がった。

「相手選手の顔をわざと踏みに行っている」「これはレッドだろ、審判どこに目つけてんだ」「Jリーグは処分しないの?」
   もっとも、キム選手は金崎選手を避けようとして足が当たったり、軸足を置いて踏ん張ろうとしたときにたまたま顔になったりしただけでは、といった指摘も出ていた。

   一方、なでしこジャパンのFW大儀見優季選手(27)は5日、この動画をツイッターにアップして、「衝撃的な映像...ムウムウの怪我が心配。。。」と漏らした。そして、「この選手の行為は社会的立場を考えても、人としてもサッカー選手としても許されるべき行為でない」と断罪した。

サガン鳥栖「ラフプレーは過去にはないと認識」

   さらに、大儀見優季選手は、「起きたことに対してどう改善していくか、の方が重要だ」として、Jリーグに対し、このようなラフプレーに対処することを求めた。

   鹿島アントラーズFCの広報担当者は、取材に対し、「審判の指示には従っていますが、ファウルのシーンをビデオで現在見返しています」と明らかにした。サガン鳥栖に抗議はしていないというが、Jリーグに意見書を出す動きもある模様だ。

   Jリーグの広報部では、「ああいう行為はよくないのでは」と意見が来たと取材に答えた。ただ、「まだ現状でお話しできることは何もないです。何か発表があれば、そのときにお話しします」と言っている。

   鳥栖を運営するサガン・ドリームスの広報担当者は、キム・ミンヒョク選手のラフプレーについて調査していることを明らかにした。プレーについて、電話などで意見も来ているという。キム選手については、「ラフプレーは過去にはないと認識しています」と説明した。

   なお、キム選手は、14年にサガン鳥栖に加わり、センターバックとして、この年はリーグ戦27試合に出場した。韓国代表選手でもあり、この年のアジア大会では、中心メンバーとして韓国の金メダル獲得に貢献している。