ページ

2015年11月30日月曜日

自分の本を320万円分買って印税を稼いだ小西洋之

2015.11.30 17:22 産経新聞
「クイズ質問」の民主・小西氏、政治資金で自著“爆買い
 民主党の小西洋之参院議員の関連政治団体が、小西氏の自著の購入代として政治資金から約319万を支出していたことが30日、平成26年分の政治資金収支報告書で分かった。
 小西氏は同日、自身のツイッターで「自著『いじめ防止対策推進法の解説と具体策』を政治団体で買い取りをしている」と認めた。 その上で「いじめから子供の命と尊厳を守るために、事務所経営上も膨大な財政負担を覚悟の上で、政治活動としてあえて自費出版をした」と経緯を説明。「自費出版においては著者が一定部数の買い取りを行い、出版物を世に送り出すことになる」と記した。
 発行元の出版社のホームページによると、小西氏の著書は26年3月に刊行、定価1900円(税別)。収支報告書では、この出版社に対し「書籍購入代」として同月31日、319万2千円を支出したと記載している。

▲:少なくとも、おそらく、印税として1割の32万円ほどが「ロンダリングされて」この、コリアン飲みで有名な男の収入になったことになる。その収入は、何に使っても自由。2000円くらいの本を2割引くらいで買って(著者にはそれくらいの割引があったと思う)、2000冊近くの本を自分で買ったということなのだろう。
 ライザップ、ガールズバー、そして自著爆買。政治資金をこんなことに使っているのが、コリアン暴力団労組の民主党である。



2015年の掉尾を飾るダメ翻訳者 竹内薫




 東大を卒業して、カナダの一流大学で学位を取得した竹内薫に英語の能力が無い、などとは全く思ってはいない。

 ただ、力を抜いて・いい加減な気持ちで・適当なやっつけ仕事で、この翻訳をやっただけのことなのだろう。あるいは、「下訳」に学生バイトでも雇って、それをチェックせずにそのまま出版社(新潮社)に渡してしまったのだろう。
 追記 父親が下訳をしていることを文庫本の解説に書いてあった。父親の訳した誤訳だらけの原稿を、それでも竹内薫はチェックしたはずである。チェックしてそれを見抜けなかったということは、父子揃ってダメダメである、ということなのだろう。
 ちなみに、竹内薫は父親の転勤のために、小学校時代のある時期をアメリカで過ごしている。父親も竹内も、おそらく、英会話などには何の不自由もないのだろう。しかしそれは、英語で書かれている本を正確な日本語に訳すことができる能力を保証しはしない。


誤訳は無数にあるのである


 以下は、脳出血を起こして病院に収容され、容態が一時的に落ち着いて、開頭手術の前に2週間ほどアパートに戻っているあいだについての文章である。

P146
 過去の人生を掘り起こし、GG(母親の名前Gladys Gillmanより)と一緒に頭の中のファイルを正常な状態に戻すのは、信じられないほど面白い作業でした。母は、わたしが考えていることを知りたいときには、イエス=ノー式の質問は意味がないことにいち早く気づいていました。どうでもいいようなことだと、わたしはついつい目配せで意思を伝えてしまいます。わたしが母に注目しているか、そして実際に頭を働かせてそうしているのかどうかを確認するために、ママは複数の選択肢がある質問をしました。

P96

 Exploring life and recovering files with G.G. was fabulous fun. She learned quickly that there was no point in asking me Yes/No quwstions if she really wanted to know what I was thinking. It was way too easy for me to zone out about something that I didn't really care about and just B.S. her. To make sure she had my attention and I was actually working my mind, she asked me multiple-choice questions.

竹内薫の呆れた訳。
It was way too easy for me to zone out about something that I didn't really care about and just B.S. her.
どうでもいいようなことだと、わたしはついつい目配せで意思を伝えてしまいます。
▲:こんなバカでテキトーな翻訳でもやっていける日本の翻訳業界には今更ながら唖然とさせられる。


作成途中






私の持っている唯一のマリアン・ウィリアムソンの本。

和倉温泉多田屋の若女将は元気にしているのだろうか

 来年、登山仲間と一緒に北アルプスの登山を考えていて、そのついでに能登半島に行き、できたら和倉温泉の多田屋に泊まりたいと思っている。
 で、本当に久しぶりに多田屋のブログをチェックしてみると、なんということでしょう、若女将(多田弥生)は全く文章をアップしていないではないですか。風呂に入るためには一度外に出なくては......じゃなくて、なんということか、文章は全て若旦那がアップしている。
 失礼な言葉かもしれないけれども、別れたのか?

 こんなことを考えるのも、あの、山形県銀山温泉のジェニーさんのことを思い出すからである。銀山温泉は、ジェニーさんの旅館の前にある昭和館に泊まったことがあるのだけれども、家から出勤してくる和服姿のジェニーさんを見たし、7、8歳くらいだった彼女の子供2人が家の外で山形弁を話している姿を見もした。しかし、いろいろとあって、彼女のはアメリカに帰国してしまった。
 旅館の女将というのは、まったく大変な仕事なのである。
 だから、東京から嫁にきた彼女が、大きな旅館の女将をずっとやっていけるのだろうか、と思っていた。
 で、ブログには登場していないし、ネットで調べてみても、何も情報は得られない。

 登山は来年の夏だけれども、それまでには何か情報が得られるかもしれない。
 少なくとも、昨年の12月の段階では、何も問題はなかったようである。



いまだに日本のメディアは新潟日報事件の真相に触れず

https://twitter.com/yoniumuhibi
世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi  11月27日
神原元、何度でも言うが、暴力は正当化できない。無差別に市民を脅迫したり嫌がらせしたりできる権利は誰にもない。「ネット私刑」がしばき隊だけに許されるなどあり得ない。暴力を政治の手段にするな。私的制裁を正当化するな。しばき隊に市民の支持が続くわけがない。野間易通と手を切れ。

 世に倦む日日 ‏@yoniumuhibi  11月27日
この神原元の発言 http://exci.to/1OjoH4J  マインドコントロールされた教団エリートそのものに見える。青山吉伸とか、林郁夫とか。弁護士の言葉じゃない。この男はもともととても有能な法曹家だった。夫婦ともども大いに日本に貢献する俊秀だ。何とか洗脳を解けないものか。


ニコニコ百科・しばき隊

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%B0%E3%81%8D%E9%9A%8A

ここも参照:
http://www.asyura2.com/15/senkyo180/msg/355.html野間易道


野間易道関連
古賀茂や香山リカ@中塚尚子 とつるむ
http://restfultime.blogspot.jp/2015/03/blog-post_30.html
コリアン毎日新聞ではマトモな人物として登場
http://restfultime.blogspot.jp/2014/06/blog-post_7709.html





 相手を暴力や恫喝で恐怖に追い込み言論を封じるしばき隊。
 その醜悪な連中の仮面が剥がされ、パヨチン久保田とか、新潟日報報道部長(シールズブロックリスト)とか、共産党市議の息子でコリアン社長の下で働いていた男とか(このコリアン系社長が長年の直接の部下であるこのしばき隊ナンバーツーと言われている男がやってきたことを知らなかった?)、大学生協の現職員とかが明らかになっている。この恫喝組織の弁護士が神原元で、この弁護士は北星学園の植村隆の弁護士でもある。野間易道(名前が........)とつるむのが、香山リカや古賀茂といった「マスコミの寵児」というか、「コリアンに支配された日本のマスコミの寵児」。何より驚いたのは、共産党がこの公然恫喝組織と手を組んでいるかのような印象を受けることである。ここまでこの党が堕落したのは、この湿ったムーミンのような顔をしたパヨチン志位和夫のだらしなさのせいなのだろう。








コリアン暴力団労組の民主党 幹事長代理・福山官報哲郎

ライザップの次はガールズバーである。この腐敗政党の醜聞は切れ目がない。

グーグル 〈福山哲郎 ガールズバー〉
https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=%E7%A6%8F%E5%B1%B1%E5%93%B2%E9%83%8E%E3%80%80%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%90%E3%83%BC

2015.11.28 14:30 産経新聞
【収支報告書公表】
民主党・福山幹事長代理の団体が六本木のガールズバーに「会合費」支出
 民主党の福山哲郎幹事長代理の資金管理団体が、東京・六本木のガールズバーの飲食代を政治活動費の「会合費」名目で支出していたことが分かった。専門家は「ガールズバーでの会合が政治目的とは考えにくく、不適切だ」と指摘している。
 収支報告書によると、同団体は平成26年2月6日、ガールズバーに2万1千円を支出していた。店内にはL字型のカウンターがあり、女性従業員と会話しながら酒を飲んだり、カラオケを歌うことができる。
 福山氏の事務所は産経新聞の取材に「マスコミ関係者数名との懇談で使用した。待ち合わせ場所として先方より指定があり、そこに出向き、当方で支払った」と釈明。「内容は当時の政治状況についての意見交換であり、会合費としての支出は適切であると考える」としている。
 神戸学院大の上脇博之教授(憲法学)は「実質は政治活動でないのは明らか。不適切であることは間違いない」と話している。

▲:コリアン毎日新聞には、この福山哲郎のガールズバー政治活動については報道されていない。ガールズバーを指定して、しかもそこの料金を政治資金で払わせたマスコミの名前を是非とも明らかにして「身の潔白」を福山官報(愛称)は証明すべきだろう。
 毎日新聞にも読売、朝日にもこの報道がないようである。
 つまりは、コリアン支配メディアが、日本国民に都合の悪い真実を伝えることはないということ。「しばき 隊」について報道しない自由を謳歌しているのが、かくのごとく日本列島を支配しているコリアンメディアなのである。


2015年11月29日日曜日

美砂子 第1章

All those moments will be lost......in time.....like tears in rain


 ホテルを出発して稚内へ向かう。途中、紋別市内の渚滑という町の遺跡による予定だった。一万年に渡って続いていたという集落の跡がある。
 ホテルを出てほどなくして、〈潮見〉という区域に入った。ナビの地図に目をやると、
〈潮見小学校〉
 という建物が近くにある。この小学校に、3年生4年生の2年間、私は通った。運送会社勤めの父の転勤でオホーツク沿岸の町を、ほぼ2年毎に私の家族は引っ越していた。もっとも、私が中学に入るとすぐに札幌に移り住み、それから5年後に父は肝臓癌で他界してしまうことになっていた。
 街並みは変わっていたが、道の走っている「位置」に変わりはない。。ここでこの角度でカーブして、ここは浜からこの程度離れている、そういった道の流れている位置は、50年前と同じである。
(.....この下に、オフクロが働いていた加工場があった)

 運送会社で事務員として働く父の稼ぎだけでは家計は苦しかったのだろう、母はいつも何かしらのパートで働いていた。紋別に移ってきてからも、すぐに、近所の水産加工場で働くようになった。
 私の記憶では.....加工場の仕事は、扱う魚が季節ごとに変わるため、暇な時期と忙しい時期があった。忙しくなると、夜7時8時まで働いてくることも珍しくなかった。
 運送会社の社宅、二軒長屋が幾つも並ぶその社宅の一つを出て、国道を渡り、浜に向かって坂を降りてゆくとすぐにその加工場があった。
 母の帰りが遅くなった時、寂しさからなのか、何度か私は加工場に行き母の存在を確かめ、母の顔を見て安心して戻った。確か小学3年、9歳くらいのことだったと思う。
 最後に加工場に遊びに行った日のこと、夜のことは、ところどころ覚えている。
 働いている女たちの手元しか明るくはなかった。裸電球が天井から吊るされ、その円錐形の光の下で、老いた女、中年の女、そして私の母のように30過ぎくらいの若い女たちが、干物を束にする作業をしていた、ように思う。〈ように思う〉というのも、はっきりとした記憶はないからである。スルメを10枚ずつの束にしていたようにも思うし、タラの干物を束にしていたようにも思う。数人の女たちが、大きな台の上に、それこそ山と積まれたその干物を、一枚一枚丁寧に重ね、紐で括っていた、そんな作業だったと思う。
 紋別でスルメはないかもしれないが、他所から運ばれてきた海産物を加工することは珍しくなかったので、なんとも言えない。スルメにしろタラにしろ、乾燥したものだった。乾燥したものでなかったならば、私もバカな考えは起こさなかったかもしれない。
 いずれも近所の女たちで、いずれも似たように貧しい家からやってきてその作業をしている。話も合うのだろう、女たちは笑いながらあれこれ世間話をしていた。そんな場所に9歳くらいの男の子である私がやってきたので、誰もが優しい声を掛けてくれた。
「あんたんとこのボクかい、めんこいね」といった感じで。
 薄暗いというより、裸電球が照らしている女たちの手元以外は、全く暗い闇と言ってもよかった。台の上には、山のような、大量の、スルメだかタラの干物だかが積み上げられていた。その干物の一枚くらい失敬しても構わないだろうと9歳の私が思ったとしても不思議ではない。
 タラにしろスルメにしろ、美味しいのは知っていた。火で炙るとそれが生み出す食欲をそそる匂いを想い、きっと私は鼻をひくつかせたりしていたのだろう。
 私は暗いその加工場の台の上から、一枚のスルメだかタラを手に取り、そっと自分の背中に、セーターか何かの中に隠したのである。そして、
「ぼく、もう帰る」
 と言って、加工場を後にした。
 9歳の私の頭ででは、計画は完璧なものに思えた。母が工場から出てきて、一緒に歩きだし、しばらく行ったところにある小さな裸電球だけの街灯の下にスルメだかタラを見つける。もちろん、それは私が最初からそこに置いておいたものだ。そしてそのスルメだかタラを拾って、
「これ、落ちてるものだから家に持っていって食べようよ」
 と言う。母もそれくらいの落し物なら家に持ち帰ることに反対はしないだろう、そして家でみんなで食べる……。
 私はモノを電灯の下に置いてきて、工場の外で母が出てくるのを待った。家で食べるスルメだかタラだかを「思うだけで」、口の中に唾が出てきていたと思う。

 やがて、随分待って、やっと母が工場から一人出てきた。
 私は駆け寄る。一緒に歩く。
 私は幼い頭の中で、これから母に話す作り話を何度も練習しているので、それに気を取られて何も話さない。不思議と、母もヒトコトも喋らない。
 電灯の下までやって来ると、計画していたように、地面に落ちているスルメだかタラを私は見つけて、驚いたふりをする。それを拾いながら、母に、
「あれっ、こんなところにこんなものが落ちていたよ」
 と声をあげる。
 母はヒトコトも言わないで立ち尽くしている。私は続ける。
「これ、家に持って帰って、みんなで食べようよ」

 すると、一瞬の間があって、母が両手で顔を覆う。
 そして、大きな泣き声を上げる。私は何がなんだか判らなくなり、ただ胸を締め付けるような不安に駆られて、母の腰に抱きつく。
「どうしたの、かあさん!」
 母は泣き続けながら、こう応えた。
「......おまえが工場から出て行くとき、背中から出ているソレが見えたんだよ。みんなが見てたんだよ。おまえは....いつからドロボーになったんだい。かあさん、そんな子に育てたつもりはないのに」
 母は、まるで動物の咆哮のような原始的な声をあげて、おいおい泣き続けていた。
 裸電球が向こうにある。
 母の顔は見えない、覆っているその両手すら見えない。
 私が抱きついている母の身体は小刻みに揺れて、母は涙を流して泣き続けている。
 風が冷たい。星がナイフのように冷たく光っている。
 私の手からは、スルメだかタラだかはとっくに落ちて、母の腰にしがみ付きながら、
「こめんよー、ごめんよー、もうしないから」
 と言って母に負けじと大きな声をあげて泣きだしていた。
「もうしないから、ゆるしてよー、かあさん、ごめんよー」
 自分の息子が背中に隠して工場のモノを盗み、それが服の縁からはみ出しているのを工場の仲間たちに見られた母が、どれほど恥ずかしかったか.....子供ごころにもそれだけは痛いほど理解できた。
 私は、母にこのまま捨てられてしまうのではないかとすら思った。
 だから、母の腰に必死にしがみついて、大声で泣きながら許しを請うた。

 オホーツクの海岸の小さな路地で、裸電球街路灯の下、母親とその馬鹿な息子は、いつまでも泣いていた。
 そんなことを思い出しながら、私は車のアクセルを踏んで、紋別の街から離れていった。


 美砂子も私も、互いに、自分たちの親のことについては殆ど話しはしなかった。
 もちろん、オホーツクの浜辺で、私と母が泣いていたあの夜のことも私は美砂子に話したことはないし、逆に、美砂子の母親の死の真相についても、私は美砂子に教えてもらったのではなかった。
 美砂子の母親がどのように死んでいったのかは、別の人物からーーアイリーンから、ボストンの大西洋に臨むレストランの中で、教えられたのだった。
 しかし、今は、オホーツクの沿岸に沿って車を進め、話を道北の街・稚内に戻そう。


 美砂子と稚内に来たのは、そしてそこのペンションやホテルに泊まったのは3回あったと思う。あの有名な港の防波堤の下で、祭りの出店が数多く出ていて、その人混みの中で何かを食べている美砂子の写真を撮った記憶がある。その写真は、もちろん、やがて燃やしてしまうことになるのだけれども。
 宗谷岬のこと


 軽井沢のホテルのこと

 





2015年11月28日土曜日

薬害エイズ事件から何も学ばない日本社会


http://restfultime.blogspot.jp/2015/07/blog-post_9.html

http://restfultime.blogspot.jp/2014/09/blog-post_5.html

http://restfultime.blogspot.jp/2014/04/blog-post_4363.html

日本共産党の劣化・暴力恫喝組織との関係 パヨチン志位和夫

 私の年代だと、日本共産党の極左冒険主義とか六全協とか山村工作員、といった言葉を知っているけれども、その昔の当時と変わらない「暴力冒険主義」に、あるいは言葉を換えると、
「日本国民を恫喝して権力を握ろうという冒険主義」
 に、パヨチン志位和夫の日本共産党は突き進んでいるようである。




高田延彦 SHELLY 田村淳 長淵剛 久保田利伸 渡辺謙 笑福亭鶴瓶 松本人志


高田延彦 SHELLY 田村淳 長淵剛 久保田利伸 渡辺謙 笑福亭鶴瓶 松本人志 らの背景をネットで探ってみると興味深いあれこれを発見できる。



結果的に公然恫喝組織・しばき隊の何人かを「釣り上げた」はすみイラスト 蓮見都志子 安田浩一



 毎日新聞の記事の中で、あたかも「良識のあるジャーナリスト」のような雰囲気で登場している安田浩一は、実はこんな男。この男をネットで調べると、中核派とか千葉動労とか、いろいろな関連ワードが出てくるけれど、詳細は不明。コリアン毎日新聞が「マトモ」と紹介する専門家・知識人は、殆どすべてがマトモではないのが常識。




しばき隊新潟日報事件

 以下は全て産経新聞のサイトから。
 産経新聞は比較的詳しくこの事件を報道しているけれども、「肝心の」、しばき隊、とか、「はすみしばきリスト」といった、言葉は一切出てこない。だから、事件の全体像を見ることはできず、地方紙の軽はずみな社員の暴言ツィッター事件に矮小化してしまっている。
 パヨチン、F-secure、共産党市議の息子、コリアン社長の企業、大学生協しばき隊、などなど、大きな絵(big picture)となっている事件を、しかし、コリアンたちに支配されている日本のメディアは全く報道することはない。
 日本人のためのマスメディアは存在せず、コリアンにいつのまにか支配されてしまっているからなのだろう。


2015.11.24 22:31
「クソ馬鹿やろう」「弁護士やめれば」…新潟日報上越支社の報道部長、匿名ツイッターで弁護士に誹謗中傷繰り返す
 新潟県の地方紙「新潟日報」上越支社の坂本秀樹報道部長が、ツイッターで同県弁護士会所属の高島章弁護士を誹謗(ひぼう)中傷する匿名の書き込みを行っていたことが24日、分かった。
 同社や高島弁護士によると、坂本部長は20日、「壇宿六(闇のキャンディーズ)」とのアカウントで高島弁護士のツイッターに「クソ馬鹿やろう」「弁護士やめればいいのに」など高島弁護士個人に対する書き込みを繰り返した。
 23日になって坂本部長の書き込みだったことが判明。坂本部長は24日、同社幹部と高島弁護士の事務所を訪れ、「書き込みした当時は酒を飲んでいた」などと説明し謝罪したという。
坂本部長は、高島弁護士以外のツイッター利用者に対しても誹謗する書き込みも行っていたとみられる。同社は「このたびの事案に関する経緯や事情を本人等から聴取し、調査を進めている。社として対処すべきことがあれば適切に対応していく」とのコメントを出した。



2015.11.26 09:15
【衝撃事件の核心】
新潟日報部長が匿名ツイッターで弁護士中傷、不適切な書き込みは以前から? 「お気の毒な人だ…」と被害弁護士
 新潟県の地方紙「新潟日報」上越支社の報道部長が匿名でツイッターに、新潟水俣病3次訴訟の原告側弁護団長の高島章弁護士を中傷する書き込みをしていた問題で、不適切な書き込みは約1カ月前から始まっていたことが、高島弁護士への取材で分かった。10月下旬から複数回にわたってツイッターに書き込みがあったという。高島弁護士は今回の問題を振り返り、「匿名の場だと、たがが外れて人間の汚い面が出てしまう。お気の毒な人だ」と話している。

 新潟日報上越支社の報道部長は坂本秀樹氏(53)。高島弁護士や同社によると、坂本部長は今月20日、「壇宿六(闇のキャンディーズ)」とのアカウントで高島弁護士のツイッターに「はよ、弁護士の仕事やめろ」「こんな弁護士が新潟水俣病3次訴訟の主力ってほんとかよ」などと中傷する内容を書き込んだ。23日になって坂本部長の書き込みだったことが判明。坂本部長は24日、同社幹部と高島弁護士の事務所を訪れ、謝罪した。「書き込みした当時、酒を飲んでいた。職場のストレスも原因だった」などと説明したという。
 高島弁護士によると、匿名の書き込みに気づいたのは10月下旬。「ネトウヨのアイドルになってきている」などの内容だった。「12、3日には『弁護士として器が小さい』などの誹謗中傷のコメントが投稿されました。そして20日には『高島うぜーよ!ヘサヨ』などのコメントが投稿されました」という。
 坂本部長の身元が明らかになったのは23日、高島弁護士がツイッターで、新潟日報の坂本部長ではないかという内容のつぶやきを目にしたことが発端。高島弁護士によると、フェイスブックで友達申請をしたところ、拒否されたという。このため同日、新潟日報社に連絡先を問い合わせ、携帯電話の番号を部分的にツイッターに載せたところ、坂本部長から電話があった。「ツイッターに書き込んだ同一人物であるならば謝罪文の書き込みを行ってほしい」と伝えたところ、「今後はツイッターを使用することをしないことを誓います」(原文ママ)などとする反省文が約20分後に載ったという。
 坂本部長は、高島弁護士以外のツイッター利用者に対しても中傷する書き込みを行っていたとみられる。
 新潟日報社は25日付で、坂本氏の上越支社報道部長の職を解き、経営管理本部付とする人事を決めた。同本部は「本人が高島弁護士に謝罪して、受け入れてもらった。高島弁護士以外に行った書き込みについても現在調査中」としている。



2015.11.26 13:03
【新潟日報部長・中傷投稿】
「赤ん坊を、豚のエサに」「安倍はヒトラーかスターリンのコスプレ」…弁護士以外にも多数書き込み
 新潟県の地方紙「新潟日報」上越支社の報道部長(当時=25日に経営管理本部付)が匿名でツイッターに弁護士に対する中傷の書き込みをしていた問題で、部長の匿名ツイッターにはこのほかにも多数の人に対する中傷が書き込まれていた。
 報道部長だった坂本秀樹氏(53)は「壇宿六(闇のキャンディーズ)」のハンドルネームを使用。ツイッターで「はよ、弁護士の仕事やめろ」などと弁護士を中傷したことが23日判明し、ツイッターに反省文を載せるとともに翌24日に弁護士本人に直接会って謝罪した。
 このほかにもツイッターでは、一般ユーザーに対し、「お前の赤ん坊を、豚のエサにしてやる!」などと脅迫に近い投稿が繰り返し行われていた。「安倍はヒトラーかスターリンのコスプレしてるんだろ」「安倍はクソ野郎!早く死ね」などと、安倍晋三首相や保守系団体などに対する中傷もあった。
 これを考慮してか、25日には、ツイッターに「これまで、私の誹謗中傷や汚いツイートで傷つかれたすべての方に心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。」という謝罪文も追加掲載された。
 新潟日報社は25日夜、同社のホームページで弁護士への中傷書き込みの事実を公表し、「過去の書き込みなどについても調べた上で、一両日にも社としての対応を決定し、公表する」などと説明している。


2015.11.27 08:22
【新潟日報部長・中傷投稿】
坂本秀樹元部長、無期限・無給の懲戒休職処分に「仕事のストレスで酒飲みながら投稿」
 新潟県の地方紙「新潟日報」を発行する新潟日報社は27日、県弁護士会の高島章弁護士に対する暴言をツイッター上に投稿していた上越支社元部長の坂本秀樹氏(53)=25日付で部長を解職、経営管理本部付=を、無期限・無給の懲戒休職処分にすると発表した。同社は「新聞人としてあってはならない行為である上、報道部長という役職を考慮して厳重処分とした」としている。
 同社は、坂本氏のツイッターへの書き込みを過去にさかのぼって調査。その結果、平成23年3月ごろから匿名で投稿を始めており、25年ごろから人権侵害や差別につながるような内容を「著しく品位を欠いた表現で繰り返し投稿していた」ことを確認した。
 社員のインターネット上への書き込みについて、同社は個人で行う場合でも会社への届け出を求め、品位を欠く書き込みを禁止する社内規定を設けていたが、坂本氏はツイッターへの書き込みを同社に届けていなかった。
 調査に対し、坂本氏は投稿の大半を自らが行ったことを認めた上で「仕事のストレスなどがあり、酒を飲みながら投稿してしまった」と話しているという。 坂本氏は、新潟水俣病第3次訴訟の原告側弁護団長でもある高島氏に対し「はよ、弁護士の仕事やめろ」「こんな弁護士が新潟水俣病3次訴訟の主力ってほんとかよ」などと中傷する内容を匿名で投稿していた。
 同社の桑山稔取締役経営管理本部長は「極めて不適切な行為であり、不快な思いをされた関係者の皆さまに深くおわびする。今後は会員制交流サイト(SNS)などの運用基準や指導体制をさらに強化し、全社員を対象とした研修を早急に開くなどして社員教育を徹底する」としている。



2015.11.27 18:22
【新潟日報部長・中傷投稿】
「君のこと洗わせてもらうわ」と脅迫 デモ参加は「日当もデルからサイコー!」 暴言部長の書き込みの数々…
 新潟県の地方紙「新潟日報」上越支社の元報道部長で、県弁護士会の高島章弁護士に対する暴言をツイッター上に投稿していたとして懲戒処分を受けた坂本秀樹氏は「壇宿六(闇のキャンディーズ)」のアカウント(名前)でツイッターを利用していた。
 このアカウントでは、他の利用者と意見が対立すると「クズみたいな男と娼婦のお前の間に生まれた薄汚いガキ」「お前の赤ん坊を、豚のエサにしてやる」「これから君のこと洗わせてもらうわ。会社やら学校やら、たいへんやな」などと相手を中傷・脅迫する内容の書き込みが繰り返されていた。
 政治的な発言も多く、アカウントの自己紹介には「自民党は民主主義の敵」と記載。平成25年9月には、東京で行われる人種差別などへの反対を訴えるデモに参加することを示唆し「東京大行進にいくための、新幹線グリーン席ゲットー!」「日当もデルからサイコー!」(原文ママ)との書き込みもあった。
 新潟日報社は、社員が無届けでインターネット上に書き込むことを禁止していたが、坂本氏は届け出ていなかった。同社の調査に「仕事のストレスなどがあり、酒を飲みながら投稿してしまった」と話しているという。坂本氏は25日、ツイッター上で「これまで、私の誹謗中傷や汚いツイートで傷つかれたすべての方に心よりお詫び申し上げます」と謝罪している。


コリアン暴力団労組の民主党にはこんなクズばかりがいる 小見山幸治

政治資金でライザップに75万…民主・小見山氏
2015年11月28日 03時00分 読売新聞
 民主党の小見山幸治参院議員(53)(岐阜)の資金管理団体「未来改革幸山会」が昨年3月、「スポーツクラブ会費」の名目でトレーニングジム運営会社「RIZAP(ライザップ)」(東京)に75万円を支出していたことが、岐阜県選挙管理委員会が27日に公表した昨年分の政治資金収支報告書で明らかになった。
 小見山氏の事務所によると、支出は小見山氏自身のスポーツクラブの利用料で、昨年1月から秋頃にかけて、都内の施設を利用したという。事務所は読売新聞の取材に対し、「政治活動の一環で、問題はないと認識している」としたうえで、「政治家としてスポーツ振興に取り組んでおり、自ら体験したことを広く有権者に伝えたいという思いがあった」と説明している。

▲:この議員、パチンコチェーンストア協会の会員でもある。仮に数百万の政治資金(税金)をパチンコで使ったとしても、

「政治活動の一環で、問題はないと認識している。政治家としてパチンコ振興に取り組んでおり、自ら体験したことを広く有権者に伝えたいという思いがあった」
 と居直ってくれることだろう。
 こんな阿呆が「良識の府」と自惚れている参議院の議員なのだから、日本人は救われない。

 党首である岡田克也が何も言わないとすれば(言わないのだろうけれども)、ライザップに75万の税金を注ぐのは立派な政治活動であり、民主党はこれからも同じことをする、と宣言するに等しい。


PS
ライザップへの支出「不適切」と削除…小見山氏
2015年12月02日 07時24分 読売新聞
 民主党の小見山幸治参院議員(53)(岐阜選挙区)の資金管理団体が、トレーニングジム運営会社「RIZAP(ライザップ)」(東京)に75万円を支出していた問題で、小見山氏の事務所が1日、岐阜県選挙管理委員会に同団体の収支報告書の訂正を届け出て、この支出を削除した。
 小見山氏の秘書は、読売新聞の取材に「政治活動の一環のつもりだったが、様々な意見や指摘を受け、不適切だったと判断した」と削除の理由を説明した。小見山氏は同日、自身のフェイスブックを通じ、この支出について、同額を資金管理団体に支払い、収支報告書を訂正したと説明。「大変申し訳ありませんでした」と謝罪した。






2015年11月27日金曜日

連合北海道の愚かさ


▲:安倍政権の暴走云々のバカ話で盛り上がる前に、連合北海道は児童買春などの猥褻犯罪者をもう二度と出さないように内部点検をすべきだろうに。


http://wakkanaipress.com/2015/09/08/11478
猥褻行為で逮捕 連合宗谷会長の宗谷中事務職員
投稿日:2015 年 9 月 8 日 | カテゴリー:ニュース
 旭川中央署は5日、声問5、宗谷中事務職員の村元秀樹容疑者(52)を道迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕した。
 同署によると、旭川に帰省していた村元は7月19日午後3時前、旭川市内のデパートで被害者の30代女性に声をかけ、自身の携帯電話に保存していたわいせつな画像を見せて立ち去った。防犯カメラの映像と村元が被害者女性に身分に繋がるような話をしたことから特定され、村元は容疑を認めているという。
 村元は連合宗谷・稚内の会長を務めており連合の多賀事務局長は「俄かに信じがたい。詳細を待たなければ対応しようがない」と話していた。
 宗谷中では5日夕方、石川校長らが保護者を対象にした謝罪会見をしており、本紙の取材に対して石川校長は「決してやってはならないこと。積極的に仕事に打ち込んでいた人だけに残念」とコメントした。

 市の表教育長は「学校教育に携わる者としてあるまじき行為。被害者はじめ地域の方々には大変申し訳なく思っています」とし、岡村宗谷教育局長は「教育に対する信頼を損なうものであり遺憾。事実関係を確認し厳正に処分していきたい」とそれぞれコメントしていた。


http://doumin.exblog.jp/22236851/
連合北海道宗谷地域協議会の会長で、
北教組宗谷支部の副支部長でもある中学校事務職員が、
平和憲法やら基本的人権やらを叫びつつ、
少女とみられる裸の画像や動画を100点以上保有しており、
旭川市のデパートで買い物客と思われる女性を呼び止めて(7月19日午後3時前)、
「この子に似合う下着を買いたい」「中3なんだよね」
などと話しながら裸の画像を見せ逮捕・起訴されていたばかりか、
その前日には児童買春(7月18日)までしていたとはね。
恐ろしい・・・。



 「安保法案という重大な案件なのに、(猥褻犯罪で)逮捕された代表名のまま請願を出そうとするのは常識がなさすぎる」
 まさに、常識の無い、腐った連中がやっている組織が連合北海道なのである。






最高裁認定暴力団交際組織・吉本興業の芸人がまた犯罪に加担

 知らなかった、と、言い逃れする連中。暴力団の手下となって、医療費を食い物にしていた吉本芸人たち。
 この吉本を4月に手放しで褒め称えていたのが、日本人を性的変態民族として世界に報道し続けていた毎日新聞社。



<療養費不正>「患者役」にお笑い芸人10人以上
毎日新聞 11月27日(金)8時0分配信
 ◇吉本興業所属、知らず知らずのうちに加担
 指定暴力団住吉会系組長らが詐欺容疑で逮捕された柔道整復師(柔整師)の療養費不正受給事件で、接骨院などに保険証を提出し水増し請求に関わった「患者役」の中に、大手芸能プロダクション・吉本興業のお笑いタレントが10人以上含まれていたことが、同社関係者への取材で分かった。タレントたちは知人らに誘われ、知らず知らずのうちに不正受給に加担していたとみられる。
 事件を巡って警視庁組織犯罪対策4課は27日に住吉会系組長、三戸慶太郎容疑者(50)=東京都新宿区西新宿=ら十数人を、別の不正受給数百万円分についての詐欺容疑で再逮捕する方針を固めた。
 かつて吉本興業に所属しお笑いタレントとして活動していた40代の男性によると、数年前に仲間の男性タレントから「ただでマッサージを受けられる」と誘われて都内の接骨院で受診したという。1度だけマッサージを受けたが、保険証の提出だけで料金は取られなかった。
 当時は不審に思わなかったが、今年11月6日に三戸容疑者らが逮捕され、報道で不正受給事件を知った。自分を誘ったタレントが患者役として事件に関わった疑いがあると実名で報じたスポーツ紙もあり、「自分も水増し請求に利用されたのか」と驚いたという。
 同社関係者によると、男性を誘ったタレントは知人女性を介し、一連の事件で逮捕されたコンサルタント会社役員、早川和男容疑者(38)と知り合った。早川容疑者は「柔整師の資格の勉強もできる」と男性を誘ったタレントに勧め、このタレントも吉本興業の同僚約10人を誘ったとされる。
 警視庁は三戸容疑者らが、千葉県内の歯科医院での診療報酬の不正受給にも関わったとみて捜査している。関係者によると、この歯科医院でも別のタレント約10人が患者役になった可能性がある。ある若手タレントは1度だけの受診で数千円を受け取ったといい、吉本興業に「知人から『患者を増やすのに協力してほしい』と誘われた」と説明しているという。【黒川晋史、宮崎隆】




豊田家の醜悪さ


公の記者会見の場で、こんな顔をできるとは、どんな育て方をされてきたのだろう。
不満顔を見せるだけで、周囲の連中がすぐに御機嫌を取ってくれたのだろう。

どうでもいいけど、税金たくさん払ってね



http://biz-journal.jp/2015/11/post_12615.html
2015.11.27
企業・業界 企業・業界
トヨタ系幹部の豊田家御曹司、女子大生に内定と引き換えに肉体関係を強要…卑劣な手口
文=編集部
【この記事のキーワード】アイシン・エィ・ダブリュ, トヨタ自動車, 女子大生
 トヨタ自動車グループで、主要部品の自動車用自動変速機(AT)やハイブリッドシステムの開発・生産を担当している「アイシン・エィ・ダブリュ(以下、アイシンAW)」(本社・愛知県安城市)で、とんでもない不祥事が起こった。
 「不祥事」とは、同社製造本部副本部長の豊田理彰氏が今夏、就職を希望する女子大生に、内定との交換条件に肉体関係を迫ったとされる問題だ。その女子大生や保護者がすでに、会社と理彰氏個人を相手に訴訟の準備に入っている。
 この理彰氏は、トヨタの創業家に連なる人物で、トヨタグループの礎を築いた豊田佐吉翁が大叔父にあたり、トヨタグループの総帥・豊田章男トヨタ社長とは親戚である。
「佐吉翁には、平吉氏、佐助氏の2人の弟がおり、理彰氏は、佐助氏の長男でアイシン精機社長などを務めた稔氏の子息。ただ、稔氏の本妻の子ではなく、高級クラブのホステスとの間の子どもで、のちに稔氏が認知した」(トヨタ関係者)
 アイシンAWはトヨタの下請けといえども、2015年3月期は売上高1兆2727億円を計上する巨大グローバル企業。社外取締役には内山田竹志トヨタ会長、監査役には須藤誠一トヨタ副社長、佐々木眞一元トヨタ副社長ら錚々たる顔ぶれが並ぶ。理彰氏の肩書は製造本部副本部長で、社内の待遇を示す階級は「参与」。役員直前のポストだが、犯した行為はとても名門大企業の幹部が取る行動とは思えず、おぞましく卑劣だ。
 理彰氏と女子大生のやり取りはチャットツール「LINE」上でも「証拠」として残っており、「あなたの能力ではうちの会社には受からないから、私と特別な関係を持てば、親戚扱いにして入社させてやる」といった趣旨の発言をし、嫌がる女子大生に迫っている。そして、その女子大生が断ると、「採用は絶対にない」「友達を紹介してください」といった返事を送っている。強要とみられても仕方ない行為といえるだろう。
 この問題については、すでに雑誌「週刊金曜日」(金曜日)が報じており、同誌によると、女子大生がアイシンAWの面接試験に落ちた直後に、父親宛に匿名の手紙が届き、娘を誹謗中傷し、脅迫と見られても仕方ない文面が書かれていたという。卑劣極まりない。
問われる一流企業としての「責任」


 この理彰氏、「甘やかされて育って、大人になっても自制心が利かない。仕事にも前向きではない。会社も創業家ということで特別扱いして、ちやほやしている」と指摘する名古屋の財界関係者もいる。私立大学卒で年齢も40代前半だが、特別扱いの昇格によって役員直前のポストに就いている。

 今後、訴訟や社内調査などにおいて理彰氏の行為が事実と認定されれば、通常の企業であれば懲戒処分は免れないし、場合によっては懲戒解雇もあり得るが、おそらくアイシンAWはうやむやにして握り潰すだろう。会社側にも甘やかせてきた道義的責任は十分にあるのではないか。
 現在、トヨタはアベノミクスのよる円安の恩恵を受けて、業績は絶好調で過去最高益を更新している。このため、トヨタグループの下請け企業もその恩恵にあずかる一方で、グループ内には「緩み」「驕り」も出始めている。系列販売店でも、名古屋の高級ホテルで常軌を逸した懇親会を実施して、急性アルコール中毒の社員が続発、ホテルから今後の出入り禁止の要請もあった。理彰氏が取った行為も、自分は創業家だから、自分は日本経済をけん引しているトヨタグループの幹部だから、何をやっても許されるという「驕り」以外の何物でもない。
 トヨタグループには、日々仕事に汗水をたらし、こつこつ努力を積み上げるタイプの社員も多い。そうした一人ひとりの努力の積み重ねが今の栄華を築いてきた。しかし、理彰氏の取った行為は、こうしたこれまで努力してきた一人ひとりの従業員の顔に泥を塗るに等しい行為で、会社のイメージも大いに損なわせる。
(文=編集部)

▲:大企業、広告主、のトヨタに対してこうした記事を書くとは、たいした度胸である。
 文責が「編集部」となっているのも、その理由は十分に頷ける。個人名でこんな記事を書いたなら、どれだけトヨタから復讐(?)されるか、考えただけでも恐ろしいだろうに。
 つまり、これまで、トヨタ関連のバカ息子たちがあれこれ仕出かしても、ジャーナリストは見なかったことを続けていた、ということ。



福岡教育大学 新潟日報

准教授、講義中にデモ参加呼びかけ…停職3か月
2015年11月27日 07時55分 読売新聞
 福岡教育大(福岡県宗像市)は26日、教員として不適切な行為があったとして、教育学部の40歳代准教授を停職3か月、30歳代准教授を同2か月の懲戒処分にしたと発表した。
 処分はいずれも25日付。
 同大によると、40歳代准教授は7月21、22日、学生数十人が受講した講義中、福岡県内で開催される安全保障関連法案(安保法案)の抗議デモへの参加を呼びかけた。21日には「法案絶対反対」「安倍は辞めろ」などの発言を復唱するよう求めるなどした。講義での発言がインターネット上に掲載されて発覚した。
 30歳代准教授は2013~14年度、学生1人に「君がいたら空気が悪くなるのでこれからは来るな」と発言したほか、別の1人に対して卒業論文の添削指導を一切しなかった。学生2人が3月、そろって大学側に訴えた。いずれも卒業している。


新潟日報部長、水俣病弁護団長をツイッター中傷
2015年11月24日 23時19分 読売新聞
 新潟日報社(新潟市)は24日、同社上越支社の坂本秀樹報道部長がツイッターで新潟水俣病3次訴訟の原告側弁護団長の高島章弁護士に対し、不適切な書き込みをしていたとして謝罪したことを明らかにした。
 同社によると、坂本部長は20日、匿名でツイッターに「こんな弁護士が3次訴訟の主力ってほんとかよ。患者さんがかわいそう」「はよ、弁護士の仕事やめろ」などと誹謗ひぼう中傷する内容を書き込んだ。
 坂本部長は24日、同社編集局幹部とともに高島弁護士の事務所を訪れ、「仕事のストレスがあり、書き込みした当時は酒を飲んでいた」と説明、謝罪した。同社経営管理本部は「本人等から聴取し、調査を進めている。社として対処すべきことがあれば適切に対応していく」とのコメントを出した。


新潟日報社元部長、無期限の懲戒休職処分
2015年11月27日 14時49分 読売新聞
 新潟日報社(新潟市)の坂本秀樹・元上越支社報道部長(53)(25日付で経営管理本部付)が、ツイッターで新潟水俣病3次訴訟弁護団長の高島章弁護士に対し不適切な書き込みをしたことを受け、同社は27日付の朝刊で、坂本元部長を無給・無期限の懲戒休職処分にしたと明らかにした。
 処分は26日付。同社の調査によると、坂本元部長は2011年3月頃から匿名で投稿を始め、13年頃から人権侵害や差別につながるような内容を繰り返し投稿した。
 同社は取材に「投稿で不快な思いをされた方々には申し訳ないと思っている。全社員向けの研修を開くなど指導体制を強化したい」としている。


2015年11月26日木曜日

和田アキ子 見て不愉快な 年の暮れ

http://www.huffingtonpost.jp/2015/11/26/kohaku-songs-competition_n_8654204.html
紅白歌合戦、司会・出場者、NHKが発表 あの人は?【一覧】
The Huffington Post  |  執筆者: 中野渉
投稿日: 2015年11月26日 21時31分 JST 
NHKは11月26日、大みそかに放送する第66回紅白歌合戦の司会者と出場歌手51組を発表、アイドルグループ「乃木坂46」や「ラブライブ!」の声優陣によるユニット「μ 's(ミューズ)」、再結成ライブを行ったロックバンド「レベッカ」、「ゲスの極み乙女。」、「BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)」らが初出場する。

出場歌手ではまた、近藤真彦さんが19年ぶり、「X JAPAN」が18年ぶり、今井美樹さんが9年ぶりに出場する。また、豪華衣装が紅白の恒例だった小林幸子さんが特別企画として4年ぶりに復帰する。


総合司会は黒柳徹子さんと、NHKの有働由美子アナウンサーが共同で務める。紅組司会は俳優の綾瀬はるかさん、白組はアイドルグループ「V6」の井ノ原快彦さんが務める。


◇第66回NHK紅白歌合戦出場者(敬称略、カッコ内は出場回数)


【紅組】 E-gairls(3)、いきものがかり(8)、石川さゆり(38)、今井美樹(2)、AKB48(8)、NMB48(3)、大原櫻子(初)、伍代夏子(22)、坂本冬美(27)、椎名林檎(3)、島津亜矢(2)、Superfly(初)、高橋真梨子(3)、天童よしみ(20)、AAA(6)、西野カナ(6)、乃木坂46(初)、Perfume(8)、藤あや子(21)、松田聖子(19)、水森かおり(13)、μ’s(初)、miwa(3)、レベッカ(初)、和田アキ子(39)


【白組】 嵐(7)、五木ひろし(45)、EXILE(11)、X JAPAN(6)、関ジャニ∞(4)、ゲスの極み乙女。(初)、郷ひろみ(28)、ゴールデンボンバー(4)、近藤真彦(10)、三代目 J Soul Brothers(4)、SMAP(23)、SEKAI NO OWARI(2)、Sexy Zone(3)、TOKIO(22)、徳永英明(10)、BUMP OF CHIKEN(初)、氷川きよし(16)、V6(2)、福山雅治(8)、星野源(初)、細川たかし(39)、三山ひろし(初)、美輪明宏(4)、森進一(48)、山内惠介(初)、ゆず(6)


▲:ザッツ日本ザッツ紅白、というキャッチュフレーズは、本当はザッツコリアンザッツ紅白、というのが正しい。

 それにしても、粗暴コリアン女・日本人の99パーセントが嫌っている和田アキ子が登場する。
 コリアンNHKとしては外せないコリアンなのだろう。
 和田アキ子が年末の国民的番組に出ることで、
NHKも日本の芸能界もコリアンが支配しているんだ、わかったかチョッパリ!
 というメッセージを明確に送りたいのだろう。
 和田アキ子の顔を見て、年末を不愉快な思いで迎える日本人は哀れである。高額の視聴料をNHKに払わされて、年末にこのコリアン粗暴女の姿を見なくてはならないとは。

 和田アキ子 見て不愉快な 年の暮れ
 和田アキ子 日本のおせち 不味くする
 和田アキ子 スイッチ切ろうね 出てきたら




 こんなクズ(和田アキ子)のせいで、たとえば、当然年末の国民的音楽番組に登場してもおかしくはない西沢幸奏とか神田沙也加が登場できない。(松田聖子は大昔から今に至るまでイモ女だけれども、娘は才能があるし輝いている。)以下の画像はNHKの今年のアニメロフェスから。










代々木コリアン放送の山番組のくだらなさ

http://restfultime.blogspot.jp/2014/08/blog-post_36.html
の続き。

 先日、BSで田中陽希の200名山一筆書き、という番組を見た。「応援団」として登場してきたいたのが、田部井淳子、と、ももいろクローバーZ。





プロデューサーが、新妻浩

ディレクターが、岡本徹也 と 関口祥恵 ということだけは記録しておこう。

 それにしても、あの風景を見て、
「ここの景色はやばいね」
 としか言えない32歳の男って、どんな教育とか感情教育を受けてきたのだろう。登山をやっている連中が、みんな田中陽希のような阿呆だと思われる危険性は十分にある。
 こうしたアホ登山を何とも思わないどころか、賛美しているのが、同じ類の阿呆である田部井淳子なのだと思う。

作成途中

内山麿我はそれほど悪くない ディズニーランドは〈ブラックランド〉

http://biz-journal.jp/2013/08/post_2799.html
2013.08.29
ディズニーランド、美談に隠されたブラックな実態〜バイトを魔法にかけ無報酬で酷使?
 ピザ生地を顔に貼り付ける、ハンバーガーのバンズをベッド代わりにする、商品のソーセージをくわえる……いま、アルバイトとして働く若者たちが、ふざけ写真をSNS上に公開し、炎上する事件が多発している。謝罪に追い込まれた企業は、ピザハット、ローソン、バーガーキング、ミニストップ、ほっともっと、丸源ラーメンと後を絶たず、ステーキハウス・ブロンコビリーにいたっては、事件が発生した店舗を閉店。写真をアップした元バイト従業員に損害賠償請求することを検討する事態にまで発展している。
 この騒動にネットやテレビも強く反応し、「あきれて、ものが言えない」「こんな写真を流布して恥ずかしくないのか」「バイト教育が不徹底だ」などなど、批判が続出。バイトの信用度はガタ落ち状態だ。
 しかし、である。不安定雇用であるバイトに対して、正社員並みの愛社精神やコンプライアンスという職業意識を求めるということ自体に、そもそも無理があるのではないか。コスト削減を進め、責任が伴う仕事も低賃金労働でまかなっている企業側にも問題の背景はあるはずだ。
 そんな図々しい企業体質の象徴のような本が、いま売れに売れている。それが、シリーズ90万部を突破した、東京ディズニーリゾート(以下、ディズニー)で数々の人材教育を手がけてきた福島文二郎氏による著書『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』(中経出版)。タイトルが示す通り、あのディズニーのバイト教育にスポットを当てた一冊だ。
●ディズニーでのバイトの実態
 本書によれば、ディズニーに従事する運営会社・オリエンタルランドの正社員数は約2000人だが、対してバイトの人数は約1万8000人。しかも、バイトは1年間で半分の約9000人が退職するのだという。手間暇かけて育てたバイトがすぐに辞めることは、企業にとっても痛手のはずだが、ディズニーの場合は「1年に3回くらい3000人近くのアルバイトを採用しなくてはなりませんが、推定で5万人以上の応募者が集まります」と自慢げ。でも、単なる“安い賃金で使い捨て”とも読めるのだが……。
 また、注目を集めているバイト教育に関しても、独自システムを得意満面で紹介。例えば、ディズニーでは「バイトがバイトを指導する」といい、現場の責任者に代わって、バイトたちに仕事の手順やスキルを教える「トレーナー」と呼ばれるキャストも主にバイトから採用。「(トレーナーは)キャストに自信を持たせる役割も担っています」と書いているように、指導するだけでなく、精神面でのサポートもバイトに任せているのだ。しかも驚きなのは、「トレーナーになったからといって、昇給に直接結びつくわけではありません」と断言していること。「つまり金銭的な対価はないのです。トレーナーを示すピンバッジが配られるだけです」と、わざわざ無報酬で責任ある立場をバイトにやらせていることを誇っているのだ。
 このほかにも本書では、「ディズニーのキャストたちは、職場の中でユニークなスモールステップをつくってチャレンジしています」と紹介され、例えばカヌー探検のキャストは、どれだけ河を速く回れるかを競う「カヌーレース」を行ったり、劇場型のアトラクションなら、いかに滑舌よく時間通りにナレーションできるかを競ったりと、“スモールステップ”なるステップアップにチャレンジするのだという。この“スモールステップ”は「いずれも、トレーナーをはじめとするアルバイトのキャストたちによってつくられたもの」というのだが、これだけのシステムをつくってもバイトはやはり無報酬。“カヌー漕ぎ”という、あまり役に立ちそうにないスキルの習得に無報酬で努力するとは、バイトたちがディズニーのマジックにかけられてしまっている様をよく表している。
 本書の「間違った考えに染まった後輩を変える!」という項目も相当に刺激的だ。そこでは、著者が実際に行ったという「キャストの意識改革」を披露。その改革とは、「すべてのゲストにハピネスを提供する」というディズニーの“ミッション”を浸透させるべく、朝礼・終礼はもちろん、口癖のように正しいミッションを繰り返すこと。特に新しく入ってきたキャストには徹底的に教え込み、同じ考えを持ったキャストにしかトレーナーは任せなかったそう。さらに「どうしても私に賛同できないので、他部署に異動させたり退職させたりせざるを得ないキャストも(いた)」とさえ書き綴っている。
 そうして「職場全体の意識をひとつに」することができた時のことを、著者は「人間って、変わるものなんだ」と実感した……と振り返る。あたかも感動エピソードのように、しみじみ著者は述べているが、要は自分とは違う考えのキャストを他部署に追放したり、退職に追い込んだ、ということではないか。
 それでもなお、バイトたちは従順だ。ディズニーのミッションを叩き込まれたあるバイトの女子は、母親から「ミッキーは何人いるの?」と問われた際、「何言ってるの。ミッキーは1人に決まってるじゃないの」と答えたという。小さい子どもに訊かれたのならわかるが、相手は母親である。たとえ中年の身内に対しても、夢を壊さない。このディズニーイズムはすばらしいが、それが生成される過程を知ってしまうと、げに恐ろしいエピソードとしか感じられなくなってしまうのだが……。
 そう。これらのエピソードは、いわばディズニーという“夢の国”だから成し得てしまう魔法なのだ。バイトたちは、ミッキーの笑顔にごまかされ、無報酬であることに疑問も持たず、客に夢を与えるという使命感に燃える──これでは最上のブランドイメージにつけ込んだ“ブラック企業”とも思えてくる。あのミッキーの薄気味悪い高笑いも、より邪悪に響いてくるようだ。
 「ブラック企業は許せん!」という声が高まる一方で、この“ディズニー式バイト教育”がもてはやされている現状。しかしその実態は、ブラック企業よろしく、不安定労働者を安く使っているだけ。これが本当に「成功例」なのだろうか。これでは、そのうち本質に気付いたバイトたちが、ミッキーやダッフィーの着ぐるみ姿で暴挙に出る日が来るかもしれない。はたしてそれでも、「中の人などいない」とディズニーは胸を張れるのだろうか?
(文=和田 実)



TDLの悪口ブログで「炎上」騒ぎの内山麿我 妻に離婚届書かされ、同情の声は......
2015/11/26 18:15  JCAST
   浜崎あゆみさんの元恋人として知られるマルチタレントの内山麿我さん(31)が、妻から離婚届を書くように言われたことをブログで明かした。

   「俺は俺、という考え方」が嫌われた原因なのだそうだが、ネット上では、内山さんが最近、東京ディズニーランド(TDL)の悪口を書いたブログへの怒りと批判が続いていて、離婚の危機に同情する人は全くいない状況だ。
「最近のディズニー、調子のってるんじゃねーかなー?」

   内山さんは2015年11月26日付けのブログで、記入した自身の離婚届の写真をアップし、なぜか俳優のアレクサンダーさんの話題を取り上げた。アレクさんが自宅で離婚届を見つけて驚いているというもので、実はこの離婚届、女優で妻の川崎希さんがドラマで使う小道具だった、というオチが付いている。アレクさんに対し共通点を勝手に感じていたが、自分にも同じようなことが起こった、とし、

「そんで同じタイミングで俺も嫁に離婚届書けって言われたし」
と明かした。アレクさんが見つけた離婚届は笑える話だけれども、

「うちは全然そんなほんわかしねーなー。アホなんかなー」
などと、冗談では済まされない状況にあることをにおわせた。離婚届を書けと言われた原因は、

「俺は俺、という考え方改めるべきなのか、、、。難しいなぁー」
ということらしい。これはTDLについて書いたブログの「炎上」騒ぎが影響しているようなのだ。

   15年11月23日のブログは、妻と子供とのスリーショット写真を掲載し、22日の「いい夫婦の日」にTDLに行ったけれども入場を断られた、という内容だった。持参した1日入場パスはTDLで挙式した際にTDLからもらったもので、入場規制中は使えないチケットだとは知らなかった。諦めきれずに園内にいる友人を呼び出したりするなどいろいろ試みたものの、結局は無理で、係員の対応も悪く、結局2時間半も無駄にしてしまった。

「一般企業ならまだしも夢の国を謳う世界で、マニュアル持ち出して愛情のない断り方をしやがって本当に腹が立った」
「最近のディズニー、調子のってるんじゃねーかなー?って思う」
と綴ったことがネット上で「ルールは守れよ」「クレーマーじゃねえか」「芸能人だからって調子にのるな」などと批判を浴び、「炎上」状態になった。

同情する反応は全くない状態

   内山さんはネット上のそうした批判に腹を立て、

「勝手に人んちのポストに悪口の手紙ぶち込んでるようなもんだろ。嫌ならツイッターやらなきゃ良いと言う人いるけど、なんで俺の自由をそんなやつらに奪われなきゃいけないんだ?と思う」
「この俺の話をわがままと言う人もいるだろう。だけど、その人は同時にその自己規制精神の狭い視野のせいで知らぬ間に他人の自由を侵食し迷惑をかけてることも知ってみてほしいね」
などとブログで反撃したため「炎上」は更に大きくなり、それが今でも続いている。離婚届を書かされた内山さんに対する同情は見うけられず、

「どーでも良いが、字が汚すぎ。もっと丁寧に書け!」
「自己中 オレ様 な態度や考えだから嫌がられると思う」
「奥さんからしたら、こいつは...って思うようなことがあのディズニー事件以外にたくさんあって、今回の騒ぎで嫌気がさしたとか?」
などといった感想が掲示板などに出ている。

▲:結婚式をディズニーランドで(大金をはたいて)挙げて、その夢の国からもらった1日入場券が入場規制がかかっているときは使えない。でも、規制はかかっていても、普通にチケットを買って入る人も大勢いるわけで、その大勢の中に入れない、それが規則だからだという。
 同情を誘うのは、内山は「奥さんと娘のために頑張って交渉した」のだろうけれども、その姿が奥さんの反感を買ってしまったということ、だろう。
 ディズニーランドは、短期の利益を出すためにいろんなことをやり、中でもブラックバイトで有名なブラックランドである。
 ワタミの骨皮筋衛門ブラック犠牲者には一歩も二歩も退いた人たちが、どうしてブラックランドで苦しめられている従業員の苦悩を目にしていても、あそこを「夢の国・ドリームランド」なんぞと思い違いできるのか、とても不思議である。

あと、こことか。
http://matome.naver.jp/odai/2140558350200466401


ブラック企業といえば、その他にユニクロ。
社長の柳井なんとかが天文学的資産を形成し、ユニクロの店の中では重労働と薄給に喘ぐ大勢の店員。先日、そのユニクロにズボンを買いに行って、店員に質問したのだが、その応対の悪さに呆れた。しかし、その待遇を考えれば、中にはこうしたおかしな店員がいても不思議ではないと思えた。

ブラック外食産業、ブラック衣料品チェーン、ブラック芸能界......共通するのは、日本人なら奴隷として使い捨てようという経営者の不思議な信念なのかもしれない。









2015年11月25日水曜日

資料 稚内市立病院

稚内市立病院で搬送遅れ、遺族に4600万円支払い
島田賢一郎2015年11月25日11時59分 朝日新聞
 北海道稚内市と市立稚内病院は24日、同病院から他の医療機関へ搬送後に死亡した未成年の女性について、病院側に転院搬送の判断が遅れる過失があったとして、遺族に慰謝料など約4618万円を支払うことを明らかにした。市は来月1日開会の定例市議会に議案を提出する。賠償金は病院が加入する病院賠償責任保険から支払われるという。

 病院によると、女性は稚内市に住んでいた2013年11月、同病院で急性散在性脳脊髄(せきずい)炎などの疑いと診断され、入院治療を2回受けた。14年1月に3回目の入院をした際、腹部CT(コンピューター断層撮影)検査で悪性リンパ腫が疑われ、同病院では治療が困難として、すぐに高次医療機関に搬送されたが、3月に亡くなった。

 遺族の両親は同年10月に代理人弁護士を通じ「早期に転院搬送すべきだった」などと主張。同病院は「悪性リンパ腫の発見が遅れたのは事実で、転院搬送の遅れが過失に当たるとする主張を認めた」(波間常次郎事務局長)としている。

▲:これって、要するに誤診をして無意味な治療をして、ひょっとして助かったかもしれない未成年の女性を死なせてしまった、ということなのだろう。
 裁判になって詳しいことが報道される前に、示談にしてしまうということ。保険会社も「勝ち目はない」と判断したからこそ(保険会社はシビアである)、賠償金の支払いに応じたのだろう。
 それにしても、神経内科はあるけれども、同じように血液内科もある病院である。
 全身のCTを最初に撮っていれば深在リンパ節の腫脹はみつかったかもしれない。極めてめずらしい急性散在性脳脊髄炎と診断して、治療しても効かず、恐らく表在リンパ節が腫れてきて初めて.....ということなのかもしれない。
 今では、一般に、悪性リンパ腫の治療成績は良くなっている。但し、誤診で2ヶ月3ヶ月治療が遅れた場合はなんとも言えない。




2015年11月24日火曜日

秋田県知事が何のために南米歴訪 佐竹敬久

2015.11.24 18:48 産経新聞
「旅券と違う!」秋田県の佐竹知事、別人の嫌疑かけられ“連行” サンパウロ空港入管、「病気で痩せて…」としどろもどろ
 秋田県の佐竹敬久知事は、先月22日から今月2日にかけての韓国、南米歴訪の帰途、ブラジル・サンパウロ空港で入管の審査官から「旅券の顔写真が実物と違う」と指摘され、“別室送り”で二次審査を受けたと明らかにした。
 24日の定例記者会見で質問に答えた。知事や県国際課によると、知事はアルゼンチン・ブエノスアイレスから先月31日朝、サンパウロに到着。その際、審査官から旅券の持ち主と別人との嫌疑をかけられ、別室に同行を求められて20~30分調べられた。写真は9年前のもので、旅券の有効期間はあと1年だった。
 佐竹知事は平成23年に脳出血で入院するなど体重が減少。会見で知事は「連行され、『ミー、フォーイヤーズアゴー、ベリーヘビーシック…』と一生懸命説明した。皆さんもあまり違った人相で海外旅行に行かないよう、ご注意を」と話していた。

▲:佐竹藩の直系子孫だっただろうか。
 それにしても、秋田県知事が何のために南米歴訪なのか? 随行員も含めて(知事はもちろんファーストクラスで)その費用は千万単位だろう。
 時々、地方自治体の首長は外国旅行がしたくて立候補したのではないかと思ってしまう。特に、前の札幌市長・上田文雄の記録を見ると。
 秋田杉でも南米に売り込みに行ったのだろうか?
 首都圏で顰蹙を買った秋田県の無責任商法を南米の人たちは知らないだろうし。
 それにしても、韓国へは何を話しに行ったのだろう? 南米への航空機も大韓航空を使ったということなのだろうか?


▲:上小阿仁村だけじゃなくて、以下に見るように秋田県って少しいかれている。

韓国への修学旅行見直さず 秋田県教育長「不安を払拭したい」
2014.5.23 13:35 [韓国]産経新聞
 今年秋に韓国への修学旅行を予定していた秋田県立能代松陽高(能代市)が旅客船セウォル号沈没事故を受けて韓国行きを中止した問題で、米田進県教育長は23日、他の県立高については実施する意向を示した。
 県議会自民党会派との協議会で北林丈正氏の質問に答えた。北林氏は「風評被害ではないが、説明が必要だ。学校の判断に任せるのではなく、県として対応すべきではないか」と韓国への修学旅行の継続を求めた。
 米田教育長は「おっしゃる通りで、安全対策や情報収集で不安を払拭し、県の(旅行費)補助事業についてもPRしたい」と韓国行きを見直さない考えを示した。県教委によると、今年度は県立高3校が韓国への修学旅行を計画している。
 県は大韓航空の秋田-ソウル便維持のために韓国への修学旅行を推進しているが、交通機関への不安のほか、反日国への修学旅行は適切ではないとの批判が出ている。

病院アート


2015年11月23日月曜日

資料 国際医療福祉大

特区・成田の新設医学部、国際医療福祉大に
2015年11月21日 08時10分 読売新聞
 政府は20日、国家戦略特区会議の分科会で、千葉県成田市での医学部新設について、国際医療福祉大(栃木県大田原市)を候補に内定した。
 年内にも特別区域諮問会議を開き、正式決定する。同大は2017年4月に新設する予定だ。
 特区「東京圏」に含まれる成田市での医学部新設は、19日まで希望大学などを公募したが、応じたのは同大だけだった。
 同大の計画では、新設する医学部医学科は1学年の定員が140人。国際的な医療拠点を目指し、定員のうち20人を東南アジアの政府や大学からの留学生とし、200人以上を予定する教員のうち5%(10人)以上は外国人教員とする予定だ。
 同大は成田空港に近い立地を生かし、海外からの患者に高度医療を提供する「医療ツーリズム」の実施も想定している。併設の大学病院は20年の東京五輪・パラリンピックの開催前に開院する予定だ。


国際医療福祉大 医師や教員、国内外公募へ
2015年11月21日 読売新聞
 成田市内の医学部新設で20日、候補に内定した国際医療福祉大(栃木県大田原市)が、既設の付属病院や関連病院、国内外を対象に公募を行い、医師や教員を確保する方針を示していることがわかった。成田市に医学部と関連病院が新設されることで、地域医療に悪影響が出ないようにする意味合いがある。学生が指導医の下で問診やカルテの記入、採血などを担う欧米並みの診療参加型臨床実習の実現も目指している。
 政府に対して大学が示した方針によると、医師や教員の引き抜きなどで地域医療に支障が出るとの懸念に対し、「(開設済みの)付属病院と関連病院の医師数は700人超で、このうち180人以上が医学部の教員経験者。(成田への)配置転換が可能」と説明。東北地方を除く国内外からの公募も行うという。
 看護師についても人事異動、関連の看護学部などの卒業生の配置といった方法で確保する。
 診療参加型臨床実習は90週の確保を目指しており、実現すれば米・カリフォルニア州の基準72週を上回る。治療方針の議論などを通じ、医師としての知識や思考法、技能などを学ばせる。
 原則として、すべての学生が海外での臨床実習に最低でも4週間臨む。医療が充実している欧米諸国以外にも、東南アジア諸国など学生の希望に応じて機会を提供する。



資料 朴裕河(パクユハ)





風知草:「帝国の慰安婦」再読=山田孝男
毎日新聞 2015年07月27日 東京朝刊
 朴裕河(パクユハ)・世宗(セジョン)大学校日本文学科教授(58)の孤軍奮闘が続いている。
 「日本軍の慰安婦=性奴隷」説を否認した労作「帝国の慰安婦/植民地支配と記憶の闘い」が、韓国で発禁になったのだ。
 当コラムは前にもこの本を取り上げたが、第二次世界大戦後70年、日韓国交正常化50年の今こそ、「帝国の戦争」を読み解くこの著者の、深い洞察が顧みられるべきだと思う。

     ◇

 本のキーワードは「慰安婦」だが、それ以上に「帝国」である。
 帝国とは何か。「一つの国が強大となり、他の幾つかの国を合わせてさらに大きな国家となったもの」(新明解国語辞典)だ。
 帝国主義とは「他の小国の権益・存立を犠牲にしても、自国の領土・権益の拡大や伸張をはかろうとする侵略的傾向」(同)だ。
 帝国の歴史は古いが、近代史の帝国といえば19世紀の欧州列強である。日本は列強のアジア進出に対抗して帝国になった。
 帝国は新たな領土や資源を求め、遠い国に軍人や商人を送り込んだ。
 そこに慰安婦の需要があった。貧しい家の娘がカネで買われ、あっせんする業者がいた。人権は顧みられない時代だった。
 慰安婦がそのような経済社会構造から生まれたという理解は、過激でないどころか、国際的に見ても異論が少ないだろう。
 著者は慰安婦の証言集や日本の戦争文学を丹念に読み込み、慰安婦と日本兵の間には恋も友情もあったと書いた。それが本質と断定したわけではないが、奴隷的な支配・服従がすべてではないと論じた。

     ◇

 この本は韓国語版が4000部、日本語版が1万5000部売れた。
 昨年6月、元慰安婦9人が1人当たり約300万円の損害賠償に加え、出版、広告差し止めの仮処分を請求。今年2月、ソウル東部地裁で、34カ所削除しなければ出版も、広告も認めぬという仮処分が出た。
 教授は先月末、伏せ字を多用した削除版を1000部刊行する一方、本訴の準備に入った。この間、検察に計5回事情を聴かれ、名誉毀損(きそん)罪による起訴は不可避の情勢という。
 提訴の背景には、
 「日本は天皇制とサムライの伝統に根差す特殊な軍国主義国家である」
 という元慰安婦支援団体の考え方がある。

     ◇

 朴裕河は、日本の善意を論証しようとしているわけではない。日本の過去を、帝国主義の世界史から読み解こうとしている。
 資本と軍の移動は必然的に「女性の商品化」をもたらす。今も世界の軍事基地周辺に「慰安婦」が見え隠れしている。教授の問題意識はそこにある。
 彼女はこう書いた。
 「(元慰安婦の支援運動は)批判対象を『日本』という固有名に限定したことで、慰安婦問題を<男性と国家と帝国>の普遍的な問題として扱うことを不可能にした。韓国やアメリカをはじめとする日本以外の国も、この問題で無罪でありえないことに、長らく気づかせなかったのもその結果であろう……」
 日韓の不和は両国に固有の猜疑心(さいぎしん)と未熟によるものではない。帝国主義の歴史に根差している。
 かつて欧米に追随し、強者としてアジアを支配した日本は、他者を支配する西洋起源の思想を越え、国際社会を平和共存へ導く新たな価値観を示せるか。韓国の理解を得て挑みたいものである。(敬称略)=毎週月曜日に掲載



風知草:受賞のことば=山田孝男
毎日新聞 2015年11月16日 東京朝刊
 晴れやかな中に苦悩が潜む受賞もある。
 韓国・世宗(セジョン)大学校の朴裕河(パクユハ)・国際学部教授(58)=日本文学専攻、女性=のケースがそうだ。
 先週11日、「帝国の慰安婦/植民地支配と記憶の闘い」(朝日新聞出版、2014年刊)に、アジア・太平洋賞(毎日新聞社、アジア調査会の共同主催)の特別賞が贈られた。
 この本は、いま、日韓両国間の最大の懸案と言うべき旧日本軍「慰安婦」問題を扱っている。

     ◇

 アジア・太平洋賞は1989年、アジア・太平洋の政治、経済、文化などに関する優れた本を顕彰する目的で創設された。
 「帝国の慰安婦」は「慰安婦」問題の「全面的、実証的、理性的、かつ倫理的な分析」であり、「本書ほど、この問題のすべての側面を理性的に検討した本はない」(国際政治学者、田中明彦・東大教授による選評)と激賞されての入賞だが、著者は一時、受賞をためらったという。
 なぜか。授賞式で代読された教授の謝辞の一部を以下に引く。慶応、早稲田に学んだ彼女自ら日本語で書いたものである。

     ◇

 「受賞のお知らせを聞いた時、うれしいながらも複雑な心境でありました。というのも、現在、この本は韓国で、慰安婦支援団体によって、慰安婦の名誉を毀損(きそん)した、として訴えられているからです」
 「(受ければ)原告のおばあさんたちを無視したとみなされるだろうし、日本の賞であるだけで『日本の味方をしている、日本政府を代弁している』という原告側の主張を証明するものと見られることが分かっていたからです」
 「(それでも受けることにしたのは)受賞が、誰かを傷つけるものでは、本質的にはないと考えたからです。私への評価や裁判に不利か有利かは、受賞自体が決めるのではなく、受賞を眺める人々の良識が決めるものと考えたからです。そして、その結果を、私は引き受けるつもりです」

     ◇

 当コラムは昨年、「帝国の慰安婦」を2回取り上げた。そこで書いた通り、本のキーワードは「帝国(主義)」である。
 19世紀末以来、欧米列強は領土、権益の拡大を競った。日本も追随した。長く外国に駐留した軍人が慰安婦を必要とした。
 つまり、慰安婦は日本軍に固有の制度ではなく、帝国の産物である。
 朴教授は、「どこにでもあることだから、日本に責任はない」と主張しているわけではない。
 資本と軍の移動が「女性の商品化」を促す。今も世界中の外国軍駐留基地周辺に「慰安婦」を生み出す構造がある。その普遍性を見よ、と言っている。
 日本に対しては、「どこも同じ」と開き直るのではなく、自ら帝国的膨張を超える思想を打ち出し、世界をリードすべきでは?と問いかけている。
 そういう論旨であるにもかかわらず、この本は、韓国で「元慰安婦に対する侮辱」と曲解され、「日本の右翼に称賛されている」と誤解され、著者は刑事(名誉毀損)、民事(損害賠償と出版差し止め)の裁判にかけられている。

     ◇

 今月2日、日韓両首脳は3年半ぶりの会談で慰安婦問題の「早期妥結」を確認したものの、具体的な道筋は見えていない。
 朴教授とその労著に対する誤解が解け、教授の洞察に学んで日韓両政府が歩み寄ることを望む。=毎週月曜日に掲載



韓国:朴教授在宅起訴 「慰安婦おとしめる表現」 厳しい対応
毎日新聞 2015年11月20日 東京朝刊
 【ソウル大貫智子】韓国の検察当局が慰安婦問題を扱った学術書の著者を名誉毀損(きそん)罪で在宅起訴したことは、韓国側の慰安婦問題に対する厳しい扱いを改めて示すこととなった。日韓両国は今月2日の日韓首脳会談で慰安婦問題の早期妥結で合意したが、協議の行方にも影を落としそうだ。
 在宅起訴された韓国・世宗(セジョン)大の朴裕河(パクユハ)教授は、2013年に出版した「帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い」で、朝鮮人慰安婦と日本軍の関係は「基本的には同志的関係だった」などと記述した。これに元慰安婦らは強く反発し、昨年6月に元慰安婦を侮辱したとして刑事告訴した。
 検察側は、元慰安婦が「自発的な協力者」として表現されていると問題視。こうした表現が「被害者の社会的価値や評価を著しくおとしめる」と判断した。
 在宅起訴を受け、朴教授は19日、毎日新聞の取材に「うそは書いていない」と反論。ソウル東部地裁は今年2月、一部箇所の削除を命じる決定を出した。だが、朴教授は削除を命じられた箇所を伏せ字にした著書を今後も販売する考えだ。
 日本側では、同書は慰安婦問題の韓国内での多様な見方を広げる可能性があると注目されている。日韓外交筋は「日本国内で、慰安婦問題の妥結は難しいとの認識が広まりかねない」と懸念している。

資料 北星学園大学

植村隆を北星学園大学の学長か、せめて正式な教授にしてあげて、大学としての旗幟を鮮明にして欲しい。



PS
慰安婦報道の元朝日、植村隆氏が韓国私大の客員教授に就任 北星学園は本年で退職
2015/11/26 13:12
  従軍慰安婦報道に関わった元朝日新聞記者、植村隆氏(57)が北星学園大(札幌市厚別区)の非常勤講師を本年度限りで退職し、韓国の私立大学に客員教授として就任する。2015年11月25日、共同通信などが報じた。

   報道によると、就任するのは同大と留学生交換協定を結ぶソウル市の私立カトリック大学校で、任期は1年。日韓交流などを講義するという。
▲:良心的日本人、として、コリアンたちから熱烈に歓迎されることだろう。




ツタヤの支離滅裂


日本人をなめている芸能業界 香里奈 ついでにバスキュール・朴正義




http://biz-journal.jp/2015/09/post_11711.html
2015.09.25
エンタメ エンタメ
ベッドで大股開き写真流出の香里奈、「干され」状態→連ドラ主演復活の裏事情&奔走
文=編集部
【この記事のキーワード】TBS, バーニングプロダクション, 香里奈
モデルで女優の香里奈が、10月開始の次クールで4年ぶりに連続テレビドラマの主演をすることが決まり、昨年の5月号をもって卒業したファッション誌「Ray」(主婦の友社)の11月号(今月23日発売)で表紙を飾るなど、久方振りの大抜擢が話題になっている。
 香里奈は昨年3月、短期語学留学で滞在していた米ハワイでホームパーティーの末に泥酔し、同じ学校に通っていた男性と一緒にベッドで寝ている大股開き姿が写真誌に掲載され、事実上の休業状態に追い込まれていた。
 香里奈といえば、日本人離れしたスタイルと目鼻立ちのはっきりした容姿はもちろんのこと、媚びないスタイルが同世代の女性に受け人気が高く、さらに08年に初の連続ドラマ主演作となった『だいすき!!』(TBS系)で演じた知的障害者役の好演で、老若男女幅広い層に受け入れられた。そのため、報道によるイメージダウンを受け、CMスポンサー契約も含む芸能活動に与えた影響の大きさは明らかだった。
 しかし、香里奈の所属事務所テンカラットは、芸能界で力の強い事務所バーニングプロダクション傘下のひとつ。主要メディアの多くは後追い報道を行わなかった。テレビ局関係者が語る。
「スキャンダル報道後に香里奈が出演した『Ray』卒業記念握手会イベントの会見場には、通常なら香里奈に関わるはずのない、バーニングでマスコミ対応を務める人の姿がみられました。テンカラットには古株の田中麗奈、大沢あかね、知花くらら、井浦新や高良健吾らが所属しているが、ここ数年は香里奈が事務所の稼ぎ頭となっていた。その香里奈が予想外の苦境に立たされたことで、事務所としては大打撃となったようで、社長も総出で香里奈の再起に向け走り回っていました」
 そしてついに決まったのが、10月スタートの連ドラ『結婚式の前日に』(TBS系)だ。香里奈は婚約し幸せの絶頂にいたが、結婚式の100日前に脳腫瘍を宣告されたOLを演じる。
「スポンサーには、このドラマの内容が“お涙ちょうだいの感動物語”というところが説得材料になったようです。以前の『だいすき!!』で香里奈がみせた演技の実力もあり、今回もその時の反響を期待されているようです。また、業界内では大きなスキャンダルでしたが、主要メディアが報じることがなかったため、ネットニュースをあまり見ない世代には拡散されずにうまく鎮火したことも好都合でした。共演者も鈴木亮平や遠藤憲一、美保純という実力派俳優がそろったようですし、あとは、数字を獲るだけです」(別のテレビ局関係者)
 今後の香里奈の活躍に期待したい。
(文=編集部)


http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2015/11/post_6289/
歴史的大コケドラマ『HEAT』に迫る低視聴率ぶり! 『結婚式の前日に』の香里奈についてしまった不名誉なあだ名とは?
関連キーワード:201511premium限定香里奈
2015.11.11
 11月3日に放送されたテレビドラマ『結婚式の前日に』第4話の視聴率が5.7%だったことがわかった。今回の放送は、一夜限りの復活を果たした人気番組『学校へ行こう!』(TBS系)直後の放送ということもあり、高視聴率が期待されていたものの結果は厳しい数字に終わった。

「この日は、放送前からネットニュースやSNSで話題となっていた『学校へ行こう!』の復活SPが放送されるとあって、直後のドラマ『結婚式の前日に』は、前番組の視聴率の恩恵を受けると予想されていました。ですが『学校へ行こう!』は平均視聴率17.8%という高視聴率だったにも関わらず、香里奈のドラマは5.7%と、アップするどころか前週の6.1%より、さらに数字を下げてしまう形となりました」(テレビ誌記者)

 また「学校へ行こう!」のクライマックスは最高視聴率22.1%という数字を記録。つまり、ドラマ終了までに約17%もの視聴率が逃げていったことになる。ドラマ「結婚式の前日に」は、なぜここまで視聴者から避けられてしまったのだろうか?主演ドラマ爆死中の香里奈につけられた不名誉なあだ名とはなんなのだろうか?

「11月3日に放送された第4話の視聴率は5.7%でした。一夜限りの復活で注目を集め、最高視聴率22.1%を叩き出した『学校へ行こう!』直後の放送にもかからず、前週を下回る厳しい結果となりました。今後はさらなる苦戦が予想され、今夏の歴史的大コケドラマ『HEAT』(フジテレビ系)に迫る勢いです」(テレビ誌記者)
(以下略)



 奔放な「男性遍歴」を重ねる女とか奔放な「性遍歴」を重ねる女とかを演じるならともかく、「悲劇の花嫁」とは……。
 そういえば、この女性は「東京ガールズコレクション」から出てきたモデル出身。
 東京ガールズコレクションのウィキには以下のように出ている。

 東京ガールズコレクションは外務省の後援まで付いている。外務省が後援しているこのイベントの宣伝などをしているのが協力企業のバスキュール。バスキュールをネットで調べると、社長は朴正義という人物がやっていることが判る。